12/14/2006

ハッピーホリデー!


外が騒がしいなと思って窓から見るとクリスマス音楽と共にライトを飾り付けた数台のゴルフカートを連ねた、このご近所同士のパレードが各住宅区画を回って来ました。
我が家より奥の区画のクリスマスブロックパーテーの一環のようです。
ブロックパーテーとはその住宅一区画が車両の通行止めをして屋外でご近所が料理を持ち合い、子供達家族の催し物の企画をしてご近所交流パーテーをするというものです。

昨日は小学校のクリスマスショッピングの日でPTAが特別クリスマスプレゼント用店を開き、各学生が家族や友人、先生に買う品物のリストと見比べながらショッピングするわけで、帰宅したデイビッドの得意顔を皆さんにもお見せしたかったですよ。
早速包んで、ツリーの下に置いて大満足の彼でした。

明日朝4時半集合でクリステーナがカラーガードのデズニーワールドでのクリスマスパレード出場の為にオーランドへ出発します。
彼女は6才から毎年6年間をバトンスクールのデズニーワールドの春のパレードに毎年出場していて、それはオーランドのホテル集合であった為に私達は毎年それに付き合わされたものですが、今年からは高校の学科の一部である為に私達が付き添う事もしなくてよいのが、なによりホッとしています。

来週末から学校がホリデーの休みに入るので、今週末には主なショッピングをすませてしまわなければなりません。(夫の学校関係の人達へのプレゼントを)
その後はお店がどこも大忙しとなるので、休みを数日返上する覚悟が必要のようです。
ということで、もしかして今年はこれからコンピューターに向かう日がなくなってしまうかもしれません。
そういうことになりましたら、どうぞあしからず、皆様どうぞ良いクリスマス、年の暮をお迎えくださいますよう。
ハッピーホリデー!!

12/09/2006

曇り空土曜日

外は曇り空です。
街はクリスマスショッピングの人々で混雑していますが、この曇り空では晴れた日とは違いクリスマスプレゼントを選ぶ人々の嬉々とした気持ちを打ち消すようで何だかその活気が買い物散財の憂鬱気分に変換されてしまうかのような気分にさせられます。
常夏のフロリダには青空と心地良い風がお似合いで、カリフォルニアの冬のような灰色の空は似合いません。
で、ちょっぴり気分変換に可愛い動画で気分アップです。


この所9才のデビッドが料理をしたがって、昨夜はホットドックとシーザーサラダという変な取り合わせの簡単料理となりましたが、その二品を最初から最後まで作った彼は大得意でした。
今晩は夫の週末クッキングで家族の希望でビーフストログノフとなるようです。
高一のクリスティーナは今日の土曜日を登校して朝9時~夜9時までをカラーガードの練習マラソンをして2週間後のデズニーワールドパレード出場資金集めをしており、夕刻にピザでも差し入れしてあげようと思っています。
一番何も活動を好まない11才(クリスマス日で12歳)のシャーンは今週はママが迎えに来てくれないとの連絡にその落胆を隠すのにちょっぴり大変かも。


クリスマスツリーを飾って部屋の隅にアレコレ寄せたものの方付けをしなくてはなァと考えていて、このデッシュプレートの一枚がウチのニャン達(カメに今は亡き、フィガロ)に似ているのがあって、それをそのままそこにおいておく事にしました。

12/04/2006

クリスマスツリー


毎年子供達にせがまれてもなかなかツリーを出してくれないダディ(息子)に腹をたてながら私が飾りつけをするのですが、10フィートのツリーを5フィートの私が飾るのはそれは大変な作業なので、結局見かねた夫がやってくれる事になるのがいつもの事です。
ところが今年は多分私達が疲れ顔をしているものか、息子がすんなりとやってくれて外から帰宅して私を驚かせました。
ところが夜中もこのツリーのライトをつけっぱなしにしているので階段ドアの隙間からチカチカ光が見えて明るすぎて私の眠りを妨げるのがちょっと難でもありますが、クリスマススピリットを子供達に味わせてあげる為にはナンノコレシキと少しばかりの我慢も肝要かと、、。 (苦笑)
外には近所のような新しい飾りつけは無く、昔クリスティーナが小さい頃、両親と一緒に自宅で飾りつけた最初の思い出のスヌーピーサンタが今年も出されました。
これは彼女にとっては無くてはならない思い出の品として、一生クリスマスには飾り付けられる事になりそうです。

バトントワーリング練習の帰路、これも恒例の市役所ビルがクリスマスツリーライトがつけられましたので、車の中からクリスティーナがパチリ。
いつか近日中にショッピングをし始めなければならないのですが、今年はオンラインでしようかななんてモノグサの私達です。
とにかく人込みのショッピングは疲れます。
クリスマスソングと騒音は勤務中にウンザリとするほど聞かねばなりませんし。(といいつつ、毎日、毎日クリスマスソングに合わせてついつい唄ってしまう馬鹿な私です。笑)


****お知らせ-「風が見える時」ブログhttp://windofflorida.blogspot.comに”軽くお喋り11 不思議モニター”を更新しました。宜しくご愛読下さいませ。

12/01/2006

またもや、もう12月!



12月になりましたですね。
廻りが本格的にクリスマスの雰囲気になってきましたが、10月末から勤務先のドラッグストアではクリスマスの曲をガンガン鳴らしていて、来る客、来る客が「あ~、お気の毒に、、貴女はこの騒音を2ヶ月以上も聞かなければならないのね。私ならとっくに頭がおかしくなってくるわね」と同情の目を私に向けるのです。笑
休みに映画「ダヴィンチコード」と「ザ、ワールドファースティスト・インディアン」を観ました。
ですね、「ダヴィンチコード」が最初から「アレッ?ええ~?これは?フ~ん?」の連続でありまして、もうめっちゃ、何が何やらこの画のダビンチ猫のように頭がごっちゃになってしまいましたよ。(また本を読み直そうっと)
「ザ・ワールド・・」の方は、よかったですよ~。
私アンソニーホプキンが大好きなのです。本当に素晴らしい役者さんだと思います。

12月に入りましたので街のクリスマスの飾りつけがシーズンのそれらしくキラキラ夜にはとてもきれいです。家庭用飾りつけグッズが大売れしていて、我が家の近所でも見覚えのある商品が沢山あってそこを通るたびに、あァこれはこのように飾ったんだなァなんて私一人が2倍も楽しませてもらっているような感じです。
子供達も大きくなってきたのでそうもせがまなくなってきてはいるのですが、来週には我が家もツリーや飾り付けをしなくてはなりません。
小4のディビッドはサンタクロースの存在をもう信じていないのを解っている今も「これはサンタから貰うとして、あれはダディから、それとこちらはグランパ&グランマからっと、、」とプレゼントの数を多くもらえる理由にしているちゃっかりさです。笑

11/25/2006

いつもの私達

今日は皆さんにクリスティーナのバトン練習風景をお見せしたいと思います。
2分30秒の間にどれだけの違う技術がスムーズにバランス良く取り入れているかを何度も検討しながらルーティン(基礎形)をつくっていくわけで、これは前半(オープニング)、中半(バトンローリング)、後半(クロージング)の前半の練習です。
最近ワールドガードに抜擢されたこともあり高校でのカラーガードの練習に押されて、バトンの練習がおざなりになっているのではないかと、ちょっと心配ですが、彼女の人生の半分以上を費やしてきたバトントワーリングをおいそれと辞める事も出来ずで、今年の大会成績によってはバトンとカラーガードのどちらかの選択をさせられる事となるかもしれません。



ハリケーンの時期が過ぎ冬の典型的フロリダ観光天候になりました。
先週は寒冷気圧が急にジャケットを着る寒さをもたらしたのですが、今日はまたいつもの温かさに戻り、沢山の人が散歩したり、ゴフルを楽しんでいるのが台所窓から見える好天気です。
お隣のブーゲンべりァの色も艶やかに咲いています。

11/24/2006

感謝祭日前後


感謝祭の翌日はいわゆるブラックフライデーといって全米つつ裏々で大セールが開催される日です。
何故ブラックフライデーと云うのかといいますと、感謝祭は毎年11月の第三木曜日であり、その翌日の金曜日が商店にとっては赤字経営を黒字にもっていけるほどの商算の取れる日として大事なセールがなされる恒例の日だからです。
大手デパートは朝5時開店、大バーゲンセールは正午までなので、他ドラッグストアや商店は時間をずらして朝7時~午後3時頃迄となっているようです。
私もこの日は平常は定休日なのですが特別ヘルプとして朝6時~正午までの特別出勤を要請されて今帰宅したところです。
私にはお店が大して大混雑したようには感じられなかったのですが、大体の目玉商品が完売されたようで、支店長は大満足顔でしたよ。

話が前後してしまいましたが、昨日の感謝祭のデナーは我が家恒例である夫の料理で、七面鳥、スウィートポテトキャスロー、カボチャのパイ等の典型的感謝祭メニューでした。
食事の後はレンタルビデオで家族映画会をしましたが、私は翌日の5時起きに備えて早寝と決め込みました。
話がまた後戻りしてしまいますが、一昨日私の誕生日に孫のシャーンが焼き物好きの私を思って造って贈ってくれたお皿です。
スイカのデザイン(らしき)当人も定かでない模様のお皿は「皿洗い機に入れても、電子レンジにだって入れらる丈夫なのだよ」との説明書きがありました。
ストーブの上に置いて、スプーン置きに使う事にしました。(左上のパンはキューバンブレッドです)
家族や友人達との触合い絆を持つ機会の多いのがこの時期でもあります。


11/18/2006

家の周り、私の周り


今年は3人の孫は小、中、高の3校にそれぞれ分かれたので、学校の催し物もスケジュールがまちまちで全部に保護者参観が難しくなってきました。
もっともオーナーロールアセンブリー(成績優秀者表彰式)があるのは小学校だけですから、中学生のシャーンは自分で招待朝食会に出席するのみですし、高校生のクリスティーナはそういう式も無いのでちょっぴり助かっています。 (メガネに腕組みがディビッ
ド)
さて、今日は助手が(孫の事ですが)我が家敷地ゲート外から大通りをカメラに収めました。
信号待ちで一端切ったので2部になりましたが通り右手の木々の合間にチラリと私が勤務する小さなドラッグストアが見えます。(因みに我が家車庫から其処までは車で4分なのです)


忙しそうに見せているだけなので、実は毎日はいたってのんきなもので、考えるとあれもしなければ、これもしなければ、と切が無いので全部を手付かずの状態であります。(言い訳)
今朝はクリスティーナがカラーガードの高校フロリダ州大会出場でフロリダ西海岸の街タンパに遠征しています。

11/16/2006

ハッピーデジャブー


今日16日は私達の38回目の結婚記念日でして、自身達にとっても「お~、よくぞこれまで一緒にいたものよ!」というのが実感でもあります。
もっとも実際時間を共に暮らし、行動を共にしていたのは夫の前職には海外や出張が殆どでしたし、お互いの勤務時間の違いもあって、その結婚生活半分くらいなのかもしれません。
夢想人現実逃避型の私がこのように普通人のような生活を送ってこられたのは、これはひとえに夫の忍耐強さと、温和でバランスのとれた常識感覚の賜物としかいいようがありません。
先日私のデジカメが壊れ、ちょっとがっかりしていたのですが、今日また昨年と同じにソニーのサイバーショットをプレゼントしてもらい、「あ~ありがとう。これ欲しかったの。このモデルの宣伝コピーを調べてたの知ってたの?」と口から出た後、あ、昨年と同じセリフを言っている自分に気が付きました。
そして、去年は添えられたカードが一昨年と同じカードであるのを夫は気付かずにいて、私が引き出しからそれと同じカードを出して(彼の書いている文の内容も似たものでしたので)二人で笑ったのですが、今年は違うカードでプレゼントが同じ物だったわけです。
こういう同じ事を繰り返す夫婦はちょっと滑稽ではありますが、ハッピーなデジャブーは何度繰り返してもいいかな、なんて思ったりしました。

またこれから自分で撮った画像や動画をブログに載せる事ができるのが嬉しい私です。

11/10/2006

今ちょっとばかり、、、

ナイショ話ではないのですけれど、今ちょっとばかり、ムニュ、ムニュのお話。
10月に15才の誕生日を迎えたクリスティーナは翌週には早速ネットで車仮免試験の一部をクリアして、その合格証明書が送られてきました。
当人である証明書を提出して仮免が下りるのはもう直ぐとなり、私達保護者の内心穏やかではありません。
「方向大音痴でしかもスピード狂気味のグランマが運転していて優秀ドライバーと云われているのだから、私は絶対それより巧いはず」と彼女は言いますが、その自信が思わぬ事故を招くのではないかと心配性の私は更に心配となるのです。
我が家から車で10分のメーンストリートの交差点が実は『アメリカで一番最多事故発祥場所』との汚名を数年間連続で指定されてしまっているのも心配度増加させますし。
今ちょとばかり気がかりな事です。

今日はベテランデー(軍属兵士)の祭日です。
11月は何かと休日が多くて通常登校日の一番少ない月といえます。
日本では全国的に祭日を定めているのではないかと思われますが、アメリカのカレンダーでは祭日は全国的祭日と州祭日があってその州所縁の休日があるわけです。
フロリダで初めて体験する休日としては10月にヤムキンポーというユダヤ教際日があります。
この休みの間にも親達は子供のかかえるプロジェクトをクリアする期日に迫られていて(笑)、私は小4デイビッドのアインシュタインの経歴年表作成を、息子は中一シャーンのストーリー再現靴箱使用3Dミニステージ作りをヘルプです。
今ちょっとばかり何かを協力して仕上げた喜びを知ってもらえたような気分です。

最近睡眠時間コントロールする為に日常のスケジュールが変わり、家族生活の時間が以前とは違い家族の会話が少なくなってきているように思い、今朝は久しぶりに外の天気に誘われて、夫とラナイで朝食を共にしました。
コレステロールを考えてしばらく我慢していたスモークサーモンをクリームチーズ&ベーゴにのせて美味しく頂きました。
今ちょっとばかりの小さな落ち着きの時を味わった感じです。

***お知らせ-「風が見える時」ブログに”ちょっとお喋り 映画のお話”を更新致しました。宜しくご愛読お願いいたします。http://windofflorida.blogspot.com/

11/04/2006

良し悪し

先月から不眠症を治す健康回復睡眠調整を医師の指導で始めました。
薬のせいと、その睡眠時間スケジュールのせいとでコンピューターの前に座る時間が極減して、他のブログ皆様との交流が滞りがちです。

先日私のソニーデジカメが壊れてしまったので息子のキャノンを借りたら、何と、これも壊れていたのです。結局クリスティーナの安物デジカメだけはまだ頑張っているわけで、先日のハロウィンは撮ったのですけれど、性能が悪い。ま、撮る腕も悪いので、画像を見る限りには大差無いようです。カメラも撮る人で良くもあり、悪くもあるわけですものね。





先日子供のプロジェクトのヘルプをしていてネットサーフィングをしていると、面白い写真をみつけました。
スターリン、ムッソリーニ、ヒットラーに似ているニャンチャン。見て笑ってしまったけれどちょっと可哀想かな。
きっと探せばマリリンモンローやトムクルーズなんかに似たニャンもいるのかもしれませんね。
でも、猫にとってはあまり自慢できる事ではないのかもしれませんよね。人間に似ているのも良し悪しですから。

11/03/2006

まずはめでたし


夫のハッピーヒルビリー(楽しい田舎者)は結構、自でいけましたからあまり仮装は必要なかったようですよ。笑
今年のハロウィーンも昨年より子供の数が多く、160個のキャンデーを手渡しました。
今年のボーイズは宇宙戦争ブラックゴーストだとかで二人とも黒ずくめで出かけたのですが、汗びっしょりでマスクをはずして仮装どころではなく、近所を走り回っていました。
今年15才のクリステーナはお友達と共に彼女の妹を連れて近所廻りをヘルプする事でハロウィーンに参加したつもりになったようです。
肝心の私はといえば、体調加減でこの日は夫と息子に任せて早い就寝ときめてしまいましたが良いハロウィーンの1日でした。まずはめでたし。

高校でカラーガード&スクールバンドの夕べがあり行って来ましたが、またもや雨天キャンセルでした。
先週ワールドガード(カラーガードの特別選抜)のオーデションがあり、クリステーナがこの高校開校初めての新入生ワールドガード入部許可を貰ったとの事で、興奮気味でした。まずはめでたし。
パスタデナーをキャフテリアで生徒達と一緒に頂いたのですが、その際にクリステーナが意を決して夫に彼女のスペシャル・フレンドを紹介したのでした。
「二人だけで夜のデートなどは禁止だけれど、お互いの家の行き来や家族ぐるみの交際であればOK」と夫が答えたので二人は一安心したようです。まずはめでたし。
ふふふっ、昨夜夫は遅くまでベットにつかず、「ちょっと二人の事を考えていて・・」ですと。

10/28/2006

ホリデーシーズン

今の時期はこの時勢漫画のごときでメリーサンクスギブウイーンです。
どこの店頭にもハロウィーンのキャンデイの側には感謝祭のテーブルデコレーションと一緒にクリスマスのストッキングやキャンドルが並べられています。
ジングルベルや聖夜の曲が流れる中、来る客は殆どが口を揃えて「あ~、もうこの時期なのだ。嫌になっちゃうね。気が重い。」とホリデーの忙しさと、金銭上の問題等を溜息交じりの軽口不満をする事で日常の挨拶を交わす今日この頃です。

写真を撮る機会が多いこのホリデー時期だというのに、またもや私のデジタルカメラが壊れてしまい、もう、がっかりです。暫くはまた息子のカメラを借りたり、携帯で撮る事になりそうです。

先日、日本のTV番組「あるある大辞典」でピスタチオがコレステロールを下げたり、体内をサラサラ血にするのには大いに良い健康食であるというのを見ました。
日本ではピーナツ以外のナッツをそれ程食するという事が無かった私も、こちらではこのピスタチオは時々スナックとして頂く機会は多く、好きなナッツと云えます。
このシーズンになると胡桃やカシューやこれらのナッツが沢山ギフトセットとなって出回るのでナッツの箱詰ギフトセットが店頭に表れ出すと、あァ、ホリデーシーズンに入ったななどと思わされるのも事実です。


***お知らせー「風が見える時」ブログに”或る日の職場にて”を更新いたしました。宜しくご愛読お願いいたします。http://windofflorida.blogspot.com

10/21/2006

ウェルカム

ごめんなさい。暫くブログをほったらかしにしてしまいました。
お友達が送ってくれた「ゴメンナサイわんちゃん」の写真を替わりにご覧下さいね。(拡大するとよけいSorryと云っているのが解ります 笑)









4年生のプロジェクトでピープルフェアというのがあり、各生徒が自分で選んだ有名人を課題にその人に成り代わって自分を紹介するという4ヶ月間に渡る企画発表なのですが、今回のデイビッドで私は3回目のヘルプとなり、ちょっとは要領を得てきたつもりです。
クリステーナは女性飛行士のアメリア・エアハート、シャーンはスケボーで富を成したトニー・ハークでした。
今回デイビッドは先生からアインシュタインはどうだろうかとノートを頂いたのでそれをする事にしました。
2月の発表日にはその人に成り切る仮装もしなければならないので、ハロウィーンの今の時期が皆衣装をそろえるのには丁度よいわけで、私達も早速白髪交じりのカツラを購入しました。

今朝もクリステーナの高校選抜カラーガード大会に彼女を送っていった帰りに最寄のキューバンレストランで朝食をしてきました。食事の内容は掲載する程のものでもなく、コーヒーだけはとても美味しかったとだけ。
家に近くなって、突然皆さんにここ近辺をご紹介する事を思いつき、カメラを取り出したのですが、朝日が車窓ガラスを通してまぶしく良い画像ではありませんが、我が家の近所の雰囲気は見ていただけることかと思いアップすることにしました。
バックグランドの音は夫が毎日聞いているラジオ番組の騒音です。
では、ゲートに入ります。

家に到着。どうぞお入りください。何もおもてなしできませんが、どうぞごゆっくりおつくろぎ下さい。
よくいらして下さいました。ウェルカム

10/13/2006

黒猫と13日の金曜日


久しぶりにお隣のカメールちゃんが私の帰宅時に飛んできてニャンニャン騒ぎ、外に餌を持って出ると人見知りがひどくてあまり寄ってこないカメールちゃんの姉妹ニャンで、私が勝手にミドナイトと呼んでいる(真っ暗闇の真夜中の意味)ブラックニャンも一緒に顔を見せました。
今日は13日の金曜日。忌み嫌われる不運の日なので、この日に黒猫が道の前方を横切るのを見ると悪い事があるなんていう迷信もすっかり忘れて「あら~、来てくれたの~!!」と大喜びした私でした。

最近一歩職場に足を踏み込むとシャンとするし、人から驚かれる位にエネルギッシュに動き回るのですけれど、帰宅するともう口が利けないほど疲れていたり、3日間の勤務休みはもうぐったりという状態です。
そこで、医者嫌いの私もいよいよ健康管理に不備があるものかと、今日はアポを取って検査に行きました。
と、タイミングよくこの症状が脳の活動低下によるものらしいとTV番組で少し解りましたですよ。
人間の体力・思考・行動はこの脳細胞の仕組みやシステム低下が原因である事もままあるようです。
トークショーを観るのは私の趣味ではないのですけれど、今朝たまたまかかっていた番組に「Dr. Philドクター・フィル」という精神心理学医の『脳を鍛える』と云う課題が面白そうだったのでつい1時間を通してみる事になりました。
それによりますと、脳を鍛えるにはリラックス出切る音楽で脳の波長を整えることと、蛋白質+炭水化物を朝食とする事が良いと云うことが話せれていました。
物事をリズミカルに取り入れる体制が脳の活性化に繋がるとの事で、マーチイング音楽が大変良いのだそう。
成るほど、バトントワーリングではマーチング音楽が一日中バックグランドにあり、それに合わせて8拍子のリズムを身体に叩き込んでリズム感を取るのが孫娘クリスティーナの学業にも大いに役立っていたのだと納得しました。
それと、彼女がIPodを聞きながら、勉強したり、コンピューター使用したり(彼女のタイピングの速さといったら!)物を食べたり(噛む事をする)のが何でも彼女の脳をフルに活性トレーニングするのに役立っているそうな。
その昔、礼儀正しい英国人の宣教師が「アメリカ人はとにかく行儀が悪い。ガムを噛みながら外出したり、人と接する非常識」と言った時から私もそれまで好きだったガムを噛むという行為を止めたのでしたが、公然の場で人と接する機会は無論マナー違反ですからそれはそれで常識としても、自分の余暇には無糖ガムを噛む事で脳の活性化を図るのが手っ取り早いトレーニングのようですので、早速ガムを買ってこようかしら。

10/12/2006

写真整理

先日写真整理をした際に昨年のラスベガス旅行(クリステーナのバトン大会、オールアメリカン選抜)に行った時の写真をフォトストーリーにしました。

アップついでに、他のフォトストーリー一緒にご覧下さい。

ブログお休みの間に何かいつもにしない事でもやろうかと、あれこれ手がけたのですけれど、結局何もこれとしてやり遂げていません。
その一つに、これまでに溜まりに溜まった写真の整理なんぞ、、と思ったのですが、まァ、この作業の大変さに2時間後にはもうギブアップでした。
そこで、せめてと、最近マイペースサイトに時間をかけているクリスティーナがそろそろ自分の幼少期の写真を保管するのに相応しい年令になった事かと、数枚を取り揃えてあげました。
その一枚にクリステーナが3才の時に「リトルミーツイン」という当人そっくりさん人形をある業者さんに2体造って貰い(それがちっとも似ていなかったのですけれど)、それが届いた時の写真が出てきましたので、その人形が棚の奥で埃をかぶっているのを思い、取り出してみました。
ところが、何と、この写真ではちょっと解り難いかと思いますが、お人形の茶色の眼が12年の時を経て、紫に変わっていました!

10/07/2006

100才以上?


郷のお友達が素敵な手作りリースや和風呂敷や日本の駄菓子やらを送ってくださいました。 嬉しくて、この写真加工枠が私の気持ちをあらわしていますでしょう?
カードとお花は年中、何かにつけて贈る習慣はあるのですが、お土産やら、お返しやら、おすそ分けやらの習慣は無く、クリスマスと誕生日や結婚記念日等しかプレゼントをするという事が無いこちらの事、日本からこれ等の心温まるプレゼントを私が受けるのが不思議らしい一番下の孫が私に聞きました。
誕生日のプレゼントだろうと思ったのでしょうね。
「これで何度目のプレゼントなんだろう。いいなァ。ネェ、グランマは日本の年令では何才なの?100才はもうとうに超えてるよね」 あ、ははは。こらッ


中学に入っての美術のクラスで孫シャーンはAプラス優秀生と先生からのノートを頂いた。
私にはデジャブーのようで、こういうところも息子のその頃とよく似ているのに、ちょっと驚いています。
作品を3点ほど持ち帰った中、この白黒デザインの魚が私のお気に入りです。
魚のボデイにSHAUNと自分の名がアレンジされているところがいいでしょう?

この所、ちょっとした水難です。
バスルームのトイレの水洗部品が故障しました。3室とも一辺にです。
私の寝室と階下のトイレを応急処置してあったので昨日のボーイズのお友達のお泊りにもそう問題がありませんでしたが、バス・シャワーには支障が無いので良いとしても、6人家族の私達にはトイレが一個でも使えないと何やら不便極まり無いのです。
今朝早速夫がホールバスルームのトイレを修理しています。
家一軒丸々建てることも可能な知識もあり、大工仕事や家修理が趣味であった夫も最近の勤務先の人事問題やら諸事項に忙しい事や、更に加齢による健康体力低下も加えこれ等の家補修などはいよいよとなってからでなければやらなくなりました。
資金繰りがつけば補修せねばならない箇所があちらこちらに、、。
今も外で例の屋根修理屋さんが車庫屋根をガンガンと音を立てて修理しているところです。
屋根瓦は補修終了なのですが、先日の大雨で車庫の一部に未だ雨漏りがあってそれを直しにきているところなのです。
最近ここら辺の土地が値上がりして不動産会社からこの家を購入したい人がいるので売り買いをしないかとの勧誘が煩いくらいです。
アメリカ人が平均5年毎に家を買い換えてその差額資金で生活向上を図ったりするのは経済観念の一部ではありますけれど、私達もいままでに8回ほど家の売買していますから、もう、ここらでちょっと面倒は避けたいというのが本音です。

10/06/2006

お元気でしたか















皆さんお元気でしたか?
私は至って元気にやっております。
ゆっくり休んでいる間に、友人達が楽しい写真やらジョークやらをメールしてくれました。
これは是非皆さんにも観てもらわねば、と今日は写真保管ファイル等をちっとばかり、整理したところです。
これらの写真は私の今の暮らしそのものの様に笑えるものばかりでしたよ。ほらね。

ひぇっと驚く程の特別な事も起きず、毎日がのらりくらりとすぎていきましたですよ。







こんな風にヴァケーションしたわけでもありませんし、、、。







大して美味しいものを頂く機会もありませんでしたし、、、。

相変わらず生活にアタフタト在るがままの暮らしをその日、その場で対処しながらの毎日で、、、。
でもですね。これでいいんですよ。
私の周りには愛がいっぱいあると思うんですよ。

今日も今月で15才になる孫娘のクリスティーナは高校フットボールの声援マーチングバンド・カラーガードで帰宅が11時頃なんですって。
そして、明日土曜日は今年最初のカラーガードローカル大会なのだそう。
「全校内でボーイフレンド(特定付き合いをする男性の意味)がいないのは、私独りだと思うよ!冗談で無くって。いつからボーイフレンドを作って、デートをしても許してくれる?もうすぐ運転許可証も取れるし、その後だったらデートしてもいいよね?」などと云って『16才になるまでは駄目!』と言い張る夫に食い下がったもするテーンなのです。
でも今のところは毎日のスケジュールにそんなに自由な時間がありませんから、当人も半ば答えが解ってお喋りを楽しんでいるといったところのようですよ。
こちらでは受験というのがないだけに日頃の学校の成績が進学大学に反映して入学出切るかどうかが決まるので日常の授業をマスターして行くのが先決なのです。

今日も9才のデビッドと11才のシャーンは忍者ゲームに夢中です。
今晩は近所のお友達がお泊りで、3人で忍者に変身の予定らしいです。
彼らの思考は女の子達のその年令より幼いようにも思えますけれどね。

というように、我が家は相変わらずの毎日です。
さて、また明日がやってきて、そしてその明日の明日がやって来る、、。
私達はフロリダの風の中で、元気です。
皆さんもお元気でしたか?

9/22/2006

小お休みのお知らせ


いつも私のブログを覗いて下さる方にはお気付きの事と思われますが、最近私のブログ更新が定期的に成されていません。
その理由に挙げられるのが、毎日がちょっとマンネリ気味であることや、体調も少なからず快適とはいえない事や、孫娘のラップトップが不調の為に、私のPCを日永に占領してしまう事や、私のものぐさがマメに情報をキャッチしないという事やで、数々の言い訳ごとが私の中にあるからなのでしょう。
今アメリカ全土に渡り、ブログ熱が若者やミュージシャン、そして芸術家達の間で、大流行です。
特にマイスペースというサイトが大人気で、そのサイトからロックスターやシンガーが専門分野の人々に見出されるとあって、誰も彼もがマイスペースに夢中で社会現象が起きていると、色々なトークショーでも取り上げられています。
しかし、それも日本のヤフーやグーログよりもサイトとしては規模は小さいものなのですって。
だからなのかしら、世界数カ国にあるマイスペースのサイトは日本にはありませんものね。
という事は、日本の方達のブログ熱は相当なものなのですよね。
特にこれといった事柄や、思惑がない今日この頃、特に生活に目を向けて皆さんと語り合う内容にも事欠く日々の毎日です。
そこで、ちょっとここらで中休みが適当なのかもしれないと考えた次第です。
また皆さんに聞いてもらいたい事柄などがむくむくと頭の中で広がり、指がPCを忙しく動き回る時がくるまでは、このブログはブレークタイムとさせて頂きます。

9/20/2006

私の和製映画の夕べ


昨夜見るともなしにTVチャンネルを古典映画に合わせると、優秀国際映画50選というのをやっていて、日本映画界が誇る黒澤監督1950年作の『羅生門』と1961年作の『用心棒』をたて続けに観賞する事が出来ました。
英語のサブタイトル付きで、見始めはそのモノクロの画像が暗く観難かったので(当時の音響効果も良くなくて)白字の字幕英語の方に気を取られたのですが、音声を高くして日本語を聞くと、やはり英語訳より遥かにその内容を掴む事が出来ました。
中学生の頃に芥川小説「羅生門」を読んだ記憶があったのですが、映画の内容と違った記憶に、はてと、私の読解力を大いに疑ってしまいましたが、映画の部分の小説を見過ごしていたようです。
映画の羅生門は小説の中の「藪の中」というエピソードなのですが、今観てその当時の年若い私が人間の侍、その妻、盗賊のそれぞれの立場からの性というものを理解し切れなかったのだという事は一目瞭然といったところです。
用心棒の方は後のウェスタンの無法の町を治めるシェリフの映画にも起用された基本ストーリーですから、ストーリーの運びには、期待して観た訳ではないのですが、それでも結構楽しめましたよ。
黒澤監督と俳優三船の取り合わせは絶対期待を外しませんよね。

お話ガラリと変わって。
私の夜勤抜けを替わる店員に3人の新入採用があり、以前私と主任との二人の夜勤を現在は主任を含む4人がやっているとの事です。
今は日中勤務の人員整理を始めたようですし、今日主任長から来週当たり午後のシフトの人員見直しをしたいので、2,3日ヘルプしてそのシフト出勤してもらいたいとの要請がありました。
夫が「店員各自が同じ位の量の仕事をこなせない事が判明して人員を増やすとしたら、その分の給料を倍増して優秀人員だけを起用する方がお互いのプラスになるのにねぇ。君の給料は3人分貰う権利があるよ」と笑います。そうかも。(笑)でも、そう事は巧く運ばないのが人生というものでしょう?
今日10年勤務の女性に聞かれました。「ねぇ、いつもニコニコ接客、貴女疲れないの?」
疲れても、仕事は仕事。お給料(雀の涙ほどですけれど。彼女曰く、ニコニコ始終しているには値の無い給料と言います)貰ってますしね。
私のニコニコ接客は元勤めのZ航空会社での鉄則として学んだもので、コレばかりは個人の私生活の思惑や嫌な事柄を反映させるわけにはいかない私の職業病のようなものですから。

9/18/2006

今日のがっかり


「僕の隠しておいたお財布から100ドルが抜き取られている!!」と半泣きの孫シャーンです。
もらったお小使いはそれをパーッと使ってしまう弟ディビッドとは違い、ある意味で彼はマネービルが好きで、ここ数ヶ月に私をヘルプしてコツコツ貯め込んでいたのです。
銀行に預金する事を勧めてはいたのですが、時折自分のお財布を覗いては「貯まって来たぞ~」とホクソエムのが楽しみらしいので、そのまましたいようにさせていました。
ところがですね、今日彼が久しぶりに楽しみのお財布を覗くと、、中身がたった18ドルしかない!(20ドル札5枚が無いのです)
数人の近所友達が出たり、入ったりの彼の部屋です。
彼のいない時にでも勝手知ったる場所とばかり、ゲームやら本やらを漁っている事もあり、これでは彼のマネービルの管理が不行き届きな事は目に見えているところですから、先ず、お友達にあらぬ疑いをかけるよりも前に、自分の行動の管理をするよう話しておきました。
彼の落胆は可哀想ですが、高い月謝を払っての人生レッスンとする事にしました。
こっそり彼のお財布からお金を抜き取ったその当人は、一生自分が犯罪を犯してしまった事を忘れないのでは無いかと確信していますよ、私は。
私はその子の親ではありませんから、その子の管理をする立場ではありませんし、今私に出来る事は二度と同じ被害に会わないようシャーンの行動管理の気配りをする他ありません。
シャーンのがっかり顔を見るのが可哀想で、「また色々やって貯め直しなさい。私の肩叩きだって馬鹿にならない金額になったじゃないの。何なら、今晩からまたやる?」と言ってやると、「う~ん、もう、イイや」ですって。ナンデスト?肩叩きは嫌なのかい。コラ。(コレは私のがっかり 笑)

9/16/2006

落雷要注意


今晩は高校で孫娘クリスティーナのカラーガードの夕べというエヴェントがあり出かけてきました。
ところが雷雨で1時間のパフォーマンスをわずか10分程で終了せねばなりませんでした。
毎年数名の落雷事故による死者を出すこのフロリダ州の学生スポーツは雨天続きの今の時期は学校側は特に要注意で、雷天候になるとフィールドのセンサーが始動してサイレンを鳴らし、生徒は即フィールドから立ち退く規則があります。
ヴィデオを撮ってブログに載せようと思って出かけたのが、そのシャッターチャンスもありませんでした。
もっともお見せして賞賛を受けるとはちょっと思えないのが事実でもありまして。
長年こういったグループの上級優勝者パフォーマンスを全米大会などでも見てきている私達にはこの高校のパフォーマンスは、一生懸命やっているという事の評価しか云えないところなのです。
それにしても、雨天の毎日。
朝は晴天、午後から雷雨といった毎日です。
フロリダに大湿地帯が在り、ワニやら鳥やらのパラダイスなのがうなずけようというものですよ。
しかし、彼等には落雷の心配などは無いのかしらん。

9/15/2006

気持ちを書く



Planes in the sky
So very very high
Heights don't frighten me at all
Birds soaring in the air
The wind in my hair
Heights don't frighten me at all
飛行機は空高く
ずっと、ずっと高く
高さというものを僕は恐れない
鳥が空気に乗って
風が僕の髪を通る
高さというものを僕は恐れない

6年生の孫シャーンが学校のクラス初めて詩を試みたと私にくれたものです。
彼の感性がよく表れていると思います。
文に才覚を持つ上の孫娘クリステーナが彼と同じ頃に私に詩を書いてくれたのを思い出しています。
『レディバグ』と題した詩で、今はそれを何処にしまってしまったものか、その文面をお見せできないのかちょっと残念ですが、「貴女は私の幸運のレディバグ、いつまでも私を見守って下さい」というような内容だったと思います。
彼女が詩作を辞めたのは、ある時学校の先生が彼女の詩を痛く気に入って、クラスで読み上げるようにと指示したのだそうです。
ところが彼女にとっての詩作は自分の心の詩であり、いたってプライベートな心情を謳ったものなのでそれを全校生徒を目前に読み上げるなどとは考えにも及ばなかったもので、しかもそういう感性を理解し得ない他生徒にブーイングを受け、下校した彼女の落ち込みようは大変なものでした。
そんな彼女も今や高校生となり一時期はジャーナリズムに進みたいと考えるほど文学を愛し、文章を書くことが好きなようで一安心。
が、毎日を日誌ジャーナルやら、何やらでPC打ち込みに夢中の毎日です。
ここで、3年生の孫デビッドは巧く文章を作り上げることが出来ない口惜しさから(彼は常にお兄ちゃんのシャーンに負けないと気負っているらしくて)文より画でいこうと思ったらしく、昨夜は数枚の画を描いて今日はそれを学校のコンクールに応募するそうな。やれやれ。
文であれ、画であれ、自分の気持ちを表現できるという事は大いに良い事とこういう競争もあってもよいか。

9/10/2006

ザ・サシミ


美味しそうな食事のシーンが撮られている日本のTV番組DVDを見ていて、にわかに先日マグロの冷凍パックというのを購入した事を思い出し、ランチにその刺身を食する事を思い立ちました。
解凍を冷蔵庫の中に入れたままでしたものを、スライスして、アボカドも一緒に刺身は、ドウダ!
ドウダと力んだところで、その味は、、ドウダ?とした方が良かったかも。
確かにマグロの味には違いないが、「刺身」と「Sashimi」では大違いといったところでしょうか。
水っぽいし、生臭い。
4ドルで美味しいお刺身を食べようと思った私が馬鹿ナノダ。
さァて残りのマグロの塊は、どうしたものか、、。







今日の夫の日曜クッキングはポットローストなのだそうだ。
あ、それでか。私が写真を撮るだろうと、昨日テーブルに飾るバラの花束をかって来てくれたのは。(笑)
理由はどうあれ、テキも心得ておりますよ。綺麗なお花に私が上機嫌になる事は至極当然な成り行きなのでアリマス。(単純)
***お知らせ-「風が見える時」ブログに”悲しい老人達”を更新致しました。宜しくご愛読お願い致します。http://windofflorida.blogspot.com

9/07/2006

姿-ボロボロとピカピカ










先日、私の裏ブログ「風が見える時」で軽くお喋りしたネット更新の免許証が郵送されてきました。
1994年に発行のオリジナルの免許証の裏にペタリと貼るブルーのステッカーなのです。
12年前のオリジナル免許証が端からボロボロに剥がれていくのをセロテープを貼って押さえた、お粗末免許証。
今日のブルーステッカーが6年間有効なので、これが期限切れになる2012年には18年もたっている免許証はボロボロ、そして、それと同じくらいに実物の私はオリジナル写真姿よりボロボロになっている事でしょうね。(大笑い)

先日、我等がアーティストのペイントモンスターさんが孫娘クリスティーナのフィギャーを完成、発売と相成りました。
どうですか、なかなか素敵でしょう?
デザイン学校で講師をする傍ら、彼のデジタルアートとエヴェントの会社のマミーズインクはクリステーナのスポンサー会社でもあります。
こちらの方の姿(フィギャー)は上記の私の免許証のとは違い、当人と同じでいつまでも、ピカピカ輝いている事だと確信していますよ。
http://www.paintmonster.com/html/home.html

9/06/2006

ビーズ・ブルーエンジェル

今日とても嬉しい事に、ブログのお仲間満月さんの一周年記念の抽選に当たってのプライズである満月さん、手作りビーズ、ブルーエンジェル・ストラップが配送されてきました。
え、そのブルーエンジェルが写真に写っていないのはどうして?とお思いの方に説明しますと、パッケージを開けたとたん、我が孫娘のクリスティーナが私が懸念していた通り、「わ~、コレはどうやって造ったのかしら、素敵~。見たこと無いユニークで綺麗な天使だァ。凄い、凄い。ありがとう~。あ、でもその紫の天使もいいね~。」と大騒ぎの態で、殆どの品をせしめて自分の部屋へ退散してしまったのです。
心優しい満月さんがラッキーバグのチャームも一緒に入れてくださって、それも無論彼女が分捕っていきましたですよ。
画像にあるこれらは彼女から取り返してきたものなのです。(笑)
紫の天使は私が使いたい。それにユリの香りのバスオイルも。
すると、シャーンが「あ、この忍者ストラップは僕の携帯に貰ってもいいでしょう?」と云うのです。
ン?忍者ストラップ?この写真中央にある、ねつけの事です。
シャーンの満足げなニコニコ顔をみると、「うん、忍者ストラップね」。
日本の物は彼には何でも『忍者が使う、素晴らしい品』という事なのです。
満月さん、ありがとう。大事に使わせて頂きます。

***お知らせー「風が見える時」ブログに”軽くお喋り9 又か、どうしてこうなるの”を更新致しました。
宜しくご愛読お願い致します。http://windofflorida.blogspot.com

定休日出勤の愛?

今年もハロウィンの飾り付けでお店が賑わってきました。
レジ前のゴーストが「ウウォ~~ウウォ~~」と一日中叫び、その下ではシャレコウベが人が通るたびに「オイ!何処へ行くつもりだ!オイ!!」と声を挙げ、床マットが「ギャァ~~、助けて~~」とそれはうるさい。
私は小さな子供達が歓声をあげて喜ぶのをみると、ついあははは、、と笑いも出るのですが、整理整頓をして側を通るたびに「オイ!!何処へ行く、逃がさないぞ」とのシャレコウベに「何処へもゆかないったら、しつこいゾ。スイッチ・オフにしてやるぞ!」と小声で答えずにはいられないのです。
(幼稚。でも、結構気分が晴れる。笑)

ハリケーン閉鎖騒ぎ(?)の為、いつものトラック荷が今週は2日遅れで来るとの事で、昨日には主任長から「支店長に頼まれているので、申し訳ないけれど定休日の土曜日を出勤して助けてもらえないだろうか。でも翌日の日曜を休みに振り替えてもらってもいいんです」との事。
OKと云うと、「サンキュウ~&アイ・ラヴ・ユ~」との感謝言葉は愛の安売り的ですよねぇ。
しかし、こちらの人間はあまりその言葉に意味内容が込められていないのかもしれないですよ。
ですから、この国での言葉では、日本人が言葉を最上に思考しての俳句や川柳、短歌のようなものを生むのは難しかったのが解るような気がしますでしょう?

9/05/2006

ちょっと怖いかも

ちょっと怖いかもデス。
夫の勤務先で部下の講師がトラブルを起こし、結局かばい切れなくなった夫が彼を解雇せねばならない事情となり、この人物がガードマンとポリスを伴ってキャンパス退去を命ぜられたのが一昨日の事です。
この問題の人物が今日も長文の怪メール(悪意の文面とでもいいましょうか)を学校側や教育委員会等に送りつけ、今日一日夫のオフィスと他関係者にガードマンを付けて警戒態勢を取ったようです。
夫は過去にも、不祥事を起こして解雇の部下からの逆恨みを受けるという、某大手航空会社でも帰宅時には空港駐車場をガードがついた生命保持体制を取らざる得ない事態がありましたが、今回は大学内の事でもあり、事は裁判沙汰の犯罪ではなくて知能的不祥事でもあって、ちょっと気味が悪いといったものなのです。
無論学校側も他勤務の講師や仲間達もこの人物のメールを無視しているとの事です。
「私の身に何か起きたら、誰の仕業か皆の知るところだからね、暫くは彼の車が自分の視野に無い事を注意して生活しているから大丈夫さ」と笑う夫ですが、私は笑ってはいられない心境なのです。

風邪気味で体調が良くなかった事や、夫の勤務先の事やで多分私の笑顔が薄れていたのでしょう、支店長が皆の前で私に向かってわざとらしく大声で「日中の勤務に来てくれて、店内がとても整理整頓されてきてとても助かってますよ。シフト全員がそう言ってますから。本当に感謝しています。」と言ったのには苦笑してしまいました。(気を使わせてしまいました)

今日も雨雲の1日でした。
どうもこの天候では気分も滅入ってしまいます。
夕方には外の鳥を眺めたり、アヒルと話したりと、気分が和むように工夫している自分がちょっとおかしいですが。
それに、今日はボーイズは二人とも競争のように「テストは全部Aだったよ~」と私のところに持ってきたのには、つい顔がほころぶ私なのです。単純。

9/01/2006

これって、、

昨夜隣町での高校対抗フットボール試合に応援参加所属のマーチングバンド&フラッグコアの孫娘クリスティーナの帰宅が何と、夜の12時半を上回って就寝したのは一時過ぎでした。
雷が原因で試合が1時間半の遅れたそうですが、学校長率いる選手と応援団バス4台が戻ってきた時にはホッとしましたが、迎えに出ている親達は全員が不満顔であったのは言うまでもありません。
生徒全員は試合中には私語&私行動は禁じられている為、心配の親達が待っていようとも連絡を取る事も出来ず、しかも木曜日の試合とあっては翌朝の登校バス時間が6時半では帰宅してから宿題をやるより睡眠を取らねばならずで、親も子も睡眠不足、そして彼女の1時限目授業の宿題不完了の5ポイントオフなのです。
ずっと負け越していたフットボールチームの久々の勝利だったのだそうで、学校側は沸いたらしいのですけれど、これって、何だかおかしいですよね。
今朝夫が学校側に抗議のメールを送るらしいです。

先週の勤務休みは実は風邪で2日間はベットから起き上がるのがやっとという状態で夫に家事を任せて寝室から一歩も外に出られませんでした。
でも3日目の勤務日になると気分も良くなり、出勤すると体が普通にシャンとしたのには自分でも説明が出来ないくらいで、「体調悪くて夫にスープを運ばせて食べたのみ」なんて云ったところで「本当は仕事を少し怠けたいだけなんじゃないの」と思われるのがオチだろうなと思ったところでした。
でもたまにゲホゲホと咳が出ると、廻りが「え~、体調崩さないで下さいよ~」と言うのに笑顔で「平気、平気」と言う自分が馬鹿みたいですよね。
そしてこの休みは薬飲んで、家でゲホゲホ咳をしながらも勤務には平常体を保てるのなら、寝込むのはちょっともったいないと考えて、外へ買い物に出た次第です。これって、何だかおかしいですよね。

我が家は無論皆日本ヒイキの日本大好きです。(え~っ、と驚きました?ンなわけない。あははは、ちょっと当たり前な事を大袈裟に冒頭に記してしまいましたね)
デビッドとシャーンは日本アニメファンでポヶモンや遊戯王は無論のこと、そして今は「Naruto」というアニメに夢中です。
アニメの中に出てくる日本の食べ物などにも興味があるのです。
クリステーナはセーラームーン時代からの『あられ』クラッカーが好物で、シャーンは『枝豆』、そしてデビッドは大の『ムスビ』好きなのです。
アニメからでも日本の文化に触れられるのは幸いですけれど、こういうのがアメリカ人一般家庭で知る日本の姿のたった一筋のすべである事が残念です。
世界各国からの集まり集団であり、多種多様人種が国をなしている割には各人種の孤立性も高くて、保守的なところがあるのがこのアメリカです。
これって、何だかおかしいですよね。

***お知らせ-「風が見える時」ブログに”軽くお喋り8 運転免許証”を更新いたしました。宜しくご愛読お願いいたします。http://windofflorida.blogspot.com

8/31/2006

外は曇り、心は晴れ

ハリケーン・アーネストのフロリダ半島を最強5の勢いで通過するとの予想に、街中が一昨日からパニック状態で、全区域が学校は休校、火曜日夜には殆どのビジネス機関も閉鎖となりました。
嵐到来は水曜日明け方との事で、人々の水や食料を買出しの大混雑後は皆家の中で待機している為に街中が何処もひっそりと息を呑みジットしている感じで、鳥達も何処へやら避難して行ったのでしょう、いつもの朝の鳴き声一つ無静寂さが異様でした。
夕刻に閉じたドラッグストアは店長、主任達とアシスタント店員2名のみが特別出勤を依頼されて再開をする用意がなされました。
無論営業利益を考えても事でもありますが薬局ですので、緊急の医療がありますし、最終的には地域援助責任の場でもあるとの考慮があっての事らしい。
ところが、この嵐、半島上空に来て急に弱まり、そしてそのまま嵐としての力が消えてしまったらしいのです。
やれやれ。
そこで急遽、嵐対策グッズを平常売買グッズに入れ替え作業が始まり、汗だくで箱の山と格闘の半日となったわけです。
そういえば、昨年のハリケーンで閉店した時に出勤すると、店長と主任2人がいるのみで、私の出勤に感謝されたものですが、今年はその事をふまえて店長は色々人員対策したようでした。
『スケジュールを無視して出勤しない者にはハリケーン名目の勤務手当てが支払えると思わないで下さい』と支店長の張り紙が出されていたのが、働かずに権利だけを主張するこちらの怠け若者の浅はかさというか、何ともアメリカンだと思う私なのです。
今朝はまだ曇り空がそのままですが、いつもの生活にもどり、子供達も平常登校です。
高校では今日もフットボール試合があるのだそうで、孫娘の帰宅は夜となるのでしょう。
そして、私はスケジュールの勤務休暇なのです。
曇り空でも、ちょっと外にお買い物にでも出ようかしら。ルン、ルン。

8/28/2006

ハリケーン・アーネスト到来か


やっと我が家の瓦屋根やスクリーンハウスの修復が終わったのを見計らっての到来となるかと思うと、今年のマザーネーチャーも力は、またしてもファーザータイムよりも上まるものなのでしょうかね。
(母の力は自然も強し、という事でしょうか)
アーネストという名の嵐が水曜日朝にフロリダ半島を全域に渡って通過の予測で、明日火曜日と明後日水曜日がこの地区全校が休校になります。
今どこも街中が給油する車が列をなし、マーケットは水、食料、電池、そして子供の時間稼ぎにとゲーム類やスナック等を購入する人々でごった返しています。
それで、明日は家族全員(夫の大学も休校)が家に待機している事になりますが、私のみドラッグストアでのセールの混雑整理に出勤です。
何だか去年と同じブログ内容になってしまうのが、この土地柄シーズンの事でもあり、書くほうも、読むほうも、何だか面白くありません。
お祭りや催し物の話題ならともかくも、災害のお話ではねェ、、、。
この所ちょっとブログ更新が滞りがちなのですが、このアーネストが去って行くまでは停電や水害やらの被害で皆様と交信不通になる可能性も考えて、ここにご報告する事にした次第です。

8/25/2006

今日の楽しみ


久しぶりにカメにゃんにモデル頼んでやってもらいました。
嫌々ながらやってくれました。
若い時は平気で、むしろ嬉々としてやってくれたものでしたが、やはりニャンもお年が気になるものか(カメはもう14才の老女であります)昔のような優しい顔は造れず、眉間に皺がよっている様な顔つきをしますですよ。
人間もニャンも長い生活の後半ともなると生きるというそれまでの疲れが表面化してしまうのは、致仕方無いと云えますか。

先日家の屋根をすっかり修繕して下さった屋根修理屋さんがその結果証拠写真をメールして下さいました。夫の大学の生徒さんの副業で、格安でやってくれて、しかも全部を彼独りでやったとあって、左程の期待をしていなかったのが予想外にしっかり修繕をしてくれたのには驚きのものでした。
スパニッシュタイルの色が濃いのが古くからある瓦で、薄い色のが新しく入れ替えたものだそうで、壊れて入れ替えたのが多いだけに色の違いに違和感も無く綺麗な仕上がりとなっているでしょう?
これで大雨でも雨漏りの心配が無くなりました。
でも、また下手なプレーヤーのゴルフ玉での被害のこればかりは避けられません。

今日は孫娘の高校フットボールチームの初対戦があり、マーチングバンド&フラッグコアはその応援とハーフタイムショーに出場です。 http://www.flanaganhighschool.com/users/cguard/index2.htm
たった2週間の入部でも出場とは、、と少し驚いているのですが、当人は大張り切りです。
ゲームは午後7時開戦で11時頃終了の予定です。
今がフットボールのシーズンなので、これからは毎週忙しいことなのでしょう。
旗棒はバトンより数倍もの重さがあって、「これからはバトンが空気みたいに感じるようになったから、今シーズンのバトンは私にとっては扱いが簡単な気がして、巧くいくかもよ~」と彼女。
今のところ学校のスポーツグループに所属できた事は、以前のバトン学校のお嬢様グループとは違った教育的要素が高いのが彼女を引き付ける魅力となっているとか。
「私、このクラスは絶対A+を取るわよ」と意気込んでいるのです。