3/29/2006

旅行&地図


今日は小3のデイビッドが学校の見学旅行でケネディ宇宙センターhttp://www.kennedyspacecenter.com/ に出掛けました。
通常学校引率バス旅行は朝5時半に学校前集合とあって、いつもは夫か息子かのどちらかが学校集合場所に連れて行くのですけれど、生憎今朝はラスベガス会議に出張の夫を息子が空港に送りに行かねばならないので、夜勤を2時間早退させてもらい学校集合場所にデビッドを連れて行くことに成りました。
上記サイトでも解るのですが、ケネディ宇宙センターまでバスですとここから3時間程の場所にあります。
でも90名バス2台の日帰り旅行なので帰宅は夜11時を過ぎるとの事でしたが、明日も普通授業日なのに朝起き大丈夫かしらとねぇと寝起きの悪い子供達を持つ親達の心配はそちらの方にも、、。
ともかくも精一杯楽しんで来なさいね、いってらっしゃい~。

これは勤務先であったZ社から退職時に貰い受けた世界地図で、我が家の家族部屋の飾ってあるものですがもう12年もそのままなので色があせて来ており、そろそろ下ろした方がよいのかとも思うのですがちょっとそうするのをためらっています。
その理由として、ちょっとこの地では面白いと思われるところにあります。
何も変わったところの無い地図の何処が面白いのかと不振に思う方の為に説明させて頂きますね。
こちらは米国での通常に学校や日常に使用されている地図ですが、こちらの地図とくらべてみて違った点にお気付きでしょうか。
実はこちらの地図は大抵がこのように大西洋を真ん中にアメリカ大陸が左手(西側)ヨーロッパ大陸が右手(東側)に標されており、当然日本が一番東の端の国の様に位置されているのです。そこでこのアメリカに於いては日本をFar East (遠い東)と愛称で呼ぶ事があるわけです。
日本及びアジア国の地図は無論自国が中心ですから太平洋を真ん中に左手、西側がヨーロッパ、そして右手、東側にアメリカがあるわけです。
それで我が家に訪れる何人かの人達が「あらっ、この地図何かおかしいですね。あれ、なんだろう~」という事になるというわけです。丸い地球を平面化した世界地図で自国を中心に位置しようとしたとすると、ヨーロッパ諸国の地図は国によっては大陸を真ん中にするにもどこからどこまでを割って右、左としているのかしら、、と余計な事を考る私です。

3/26/2006

ボーイズと一緒

2週連続で迎えに来ないママに落胆のボーイズを慰める為に映画に連れて行く約束をして行って来ました。
昨夜勤めての朝なので暗い映画館で眠くなるかと思ったのですけれど、シンプルなストーリーの子供用娯楽映画デズニー社作成の「シャギードッグ」を子供達と大笑いして観ました。http://disney.go.com/disneypictures/shaggydog/
土曜日だともっと混んでいるのでしょうが、日曜日とあって館内はガラガラでした。
この映画館は私の職場裏手にあるショッピングセンターにあり14スクリーンのみなので、この近所20分ほどにある24スクリーンのテーマ映画館に押されぎみなのです。
もっともロマンチックな映画鑑賞デートに出かけたわけでもなければ、誕生パーテー会場映画鑑賞でもない我々には丁度良い居心地ゾーンでありました。

子供達の学校写真が出来上がってきたのですが、シャーンの写真が「あれ、これは誰かさんとお揃いだと思って、側に当事者と並べてみたらホラ、やはりお揃いでしたネ~。
『顔まで何となく似てるような気がするね~』と云ったのは、誰あろうミシマ君でした。



***お知らせー「風が見える時」ブログに”いい話し 心の買い物籠 その8を更新いたしました。宜しくご愛読お願い致します。
http://winfofflorida.blogspot.com/

3/24/2006

私の金曜日


私にとっての木曜の休み明けでゆっくりした気分の金曜日というのは一週間でも一番効率的に家事をこなせる日です。
今朝は小5のシャーンが5月に行く見学旅行「シーワールド」の予約支払いの日で小学校に行って来ました。
ついでに帰りには郵便局へ孫娘のバトントワーリング州大会出場書類を出しに、そしていつものアジアマーケットへQPマヨネーズや、お米を(それに餃子、子持ちシシャモやポン酢やブルドックとんかつソース、ポッキーや駄菓子もね)買いに、、、とちょっぴりあれこれ用事を足す事ができて「今日は何かをした」という気分になりましたですよ。
家に戻ると片足アヒルのピョンちゃんと、いつも我が家の側で卵を抱くママアヒルがスクリーンハウスの戸からこちらを覗いているのが見えて、こっそり表から見えない方のドアからそっと外に出てパン屑あげてしまいました。(シーッ、お向かいのご意見奥様に見られてはコトですので、シーッです。)
そういえば、先日ドラッグストアの写真を撮っていたら主任が「あそこに大きな鳥の巣があるよ!」と教えてくれて、はるか高~ィハイウェイ街灯の周りに鳥のコンドらしきものが見えます。
成るほど毎朝チュンチュン、ピャー、ピャー騒がしいはずだ。かなりの大所帯家族ですよ。
お話変わって、
主任Cさんは女性として心細やかなところが支店長にかわれ、ランチルームを皆の憩いの場所としてリフォームしてもらいたいと云われたのだそうだ。
そこで、私にも写真や詩集を提供してはくれまいかとの要請があり、先程数枚の写真加工と文を書いたところです。
あれこれ3,4品のものを作りました。
その一枚、このスキャンの写真ではかなり見え難い、読み難いと思われますが概要だけ訳します-



私がウォールグリーン(ドラッグストアの名)にいる理由

誰もが皆理由があっての事です。
これ等は私の理由です。
私にはとても、とても大事な理由です。
{写真;孫娘のバトントワーリングの様子、元気にスケートボードを興じる孫、モデルハットの雌猫カメ、ぐっすり寝込んでいる雑種犬クッキー}
それに、まだまだ私がここにいる理由が沢山あります。
貴方ともお友達としてお話したい、
一緒に働いて私の生活を分かち合える事もその一つですよ。

3/22/2006

家の周り





これは敷地ゲート横にあるゴルフクラブハウスとホテル正面の昼と夜の顔です。宣伝用パンフレットで見るのと実物では感じ取り方がちがってくるようですよ。
写真で見るといかにもトロピカルリゾートみたいに写っていて仰々しい感じがしますが実際は何てこと無いあまり趣向のないホテルです。



ゴルフ場の池の向こう側からの写真だとこの通り素敵にみえる。
しかし、こんな何もないホテルの一泊135ドルからとはちょっと高すぎると私は思うのですけれどねぇ。

私も近所の写真でもと思って撮りました。
これは朝5時半のドラッグストアの前から見える朝日が昇るちょっと前といったところです。

何だかヤシの木ばかりなので、ついでにお隣さんのお庭のお花達です。










本当はもっと色々文で説明出来ればよいのでしょうが、生憎お花に詳しくない私は、他にも沢山あるお花の写真は載せずしまいです。

***お知らせー「風が見える時」ブログに”ぷん、ぷん”を更新致しました。宜しくご愛読ねがいます。http://windofflorida.blogspot.com/
尚「Forget Me Not」ブログには英語詩3編ほどの更新がなされてありますので、こちらのほうも興味のある方にご覧にになって頂けると更に幸いです。http://fgtmnt.blogspot.com/


3/19/2006

味わいご馳走様2話

いえ、子供の学校の話ではなくてですね、今日は私の事なのです。
先日レンタルDVDで日本のTV番組「世界一受けたい授業」http://www.ntv.co.jp/sekaju/backnumber/index.htmlというのを見ました。
もう楽しくて、私もこのよう授業であったのなら学校というものが数倍も楽しいものであっただろうにと心から思いましたですよ。
国語で日本言語の変わり方など、本当に興味深いものでした。
こちらの犬の鳴き声が「バォ、ワォ」で日本では「ワン、ワン」。しかし、この「ワン、ワン」も江戸時代前には犬は「ぎょう、ぎょう」だったのですって。 狂言の中での犬役は『ぎょう』と今でも言って鳴くのが演じられていて、驚きですよ。
擬音語と擬態語を一緒にまとめた聞いた音をそのまま言語に表現する事をオノマトペというのだそうで、感情と表現言語が豊かな日本語は1600のオノマトペがあるのに対し、外国語は300~400というのが平均だそうで、いかに日本人の心のひだが細かく、且つそれを表現しようと巧みに言語が出来ているのかが解るようですね。
理科の時間では空の不思議として日本の空が世界的にも優秀なものであり、いかに美しいのかが紹介されて、その中で雨の前兆であるという関東で写したという『吊るし雲』というものの写真を出演ゲストの方達もこのような雲は見た事が無いと口々に言っていましたが、これはまさしく私が以前にブログにも載せた事があるラスベガス上空で見た『シナモンバン雲』でありましたよ。
それと、こちらではよく二重虹を見る機会があるのですけれど、二重虹の上と下の7色は反対に映し出されるのだという事を初めて知りました。私だけでしたでしょうか、皆さんは既に知っていました?
まだまだ数学、科学(科楽と云うのだそうで)そして興味深い色々面白い雑学も含め沢山学べて、とても得をした気分を味わいました。頭脳にご馳走様。

一昨日のセントパトリックデーはアイルランド料理コーンビーフ・キャベツを食べる日なのですけれど、Donはあえてアイリッシュではないものを食べようとフレンチオニオンスープ&スウェディッシュ・ミートボールにしました。(ひねくれ者 笑)
いつも口にしているのとはちょっと違ったコクのある上等のGruyereチーズがとろーり&ネチネチ(これらも擬態語ですね)口の中でさえ香りも良くて、近頃少しスープずいていたにも拘らず厭きもせずにチュルチュル美味しくこれも大いに味わいましたよ。これはお腹にご馳走様。

3/15/2006

試験前日



今週中は小、中学校の3人の孫達揃ってのFCAT(フロリダ州学力偏差値テスト)なので毎日の宿題がないので下校時は直ぐ遊びに出かけたりしています。
このテストで各学校の成績(A~Fの5段階は子供達の成績表と同じです)が全国的に公表され、それによって将来の進学にも繋がるわけですから教育委員会ではなんとしても学童が好成績を収めてくれない事には州政府から下りる教育資金にも、その教育指導法にも問題を問われるところとなるのです。
テスト前日には親達にノートで「FCATは大事な試験です。睡眠を充分とらせて下さい。朝食は必ず食べさせてから試験に挑めるよう。試験日に休校させたり遅刻させないよう。健康管理には充分気を付けるよう。ETC.」の事項を知らせてきます。
しかし、このようなノートは親や子供達にもやる気を起こさせるというか、試験に立ち向かうような気構えを作るには良いことでしょうが、このような事は試験の日だから特別ではなくて、日頃からそのようであるべき事項ですからなんだかわざわざノートで親に指示してくるというのが結構笑えますですねぇ。
そこでわざと、子供達にブレーン・フードに夕食は何にしようかと聞くと肉類より野菜にして欲しいと言います。
そこでチキン・ヌードルスープにアートチョークにきまりました。
私は日本に在住中にアートチョークを食した事はありませんでしたよ。
店頭で見た記憶もありませんので日本名も解りません。
明日は先週末のドンの日曜クッキングのハムの残りをビーン&ハムスープにして、パスタサラダにでもしようかと考えています。
でも、これらもブレーン・フードとは名ばかりで普通の家庭常食ですからテスト前のノートと同じで一応子供達へのお知らせと云う事で、「あとは当日頑張りなさいね。」

3/13/2006

今更


人が語るのを聞くに、自分が過去に既に同じ体験をしていたとか又は自分にも出来ると思う内容については「同感」と「嫉妬」を感じ、まるで自分にない体験であったり、まるで出来ない事柄につては「興味」と「羨望」を感じるものでありますね。
とすると、いつも常に他の方の語る事に大いなる興味と憧れとを抱く私は経験不足の何事にも不得意人間となるわけであります。
何を今更情け無いことを云っているやら、、、とお笑いなさるかもしれないが、人生後半の今だから更にそう感じてしまうのですよ。
これぞ今更、ですよね。
「いえいえ今からでも学習するのは遅くないですよ。ダレソレさんがそれを習得し始めたのは50才も過ぎてからの事だったといいますから」等と私を慰めてくださる方もおりましょうが、『おや~っ、おみそれ!偉い方もいらっしゃるものです』と私にはそれすらが羨望の的となるわけでありまして。
「それでは単に貴女が面倒がりの、ものぐさで興味心ばかりが旺盛だと云うことですねぇ。」と貴方はおっしゃるに違いない。
そう、、実はそうなのです。しかし、これは今更の事ではないのですけれどね。

今日から州政府統治下の公立学校の1週間の春休みで夫は在宅ですが、区域政府統治下の子供達の小、中学校は州一勢学力試験の日で、彼らの春休みは4月16日の復活祭前の1週間となります。
今週金曜日はアイリッシュの春を祝うセントパトリックデーがあり、街中の店頭には緑のクローバーバッチや虹の根元(?)に埋まっているというゴールドの飾りやら、緑の悪戯好きで幸運を呼ぶとされる小人ラプリコンのお人形や置物が見られます。
義母の既婚前の苗字がマクドナルド(ファーストフード店のそれとはスペルが1字ちがうのですけれど)といいますので夫も家族も皆が自分達のルーツがアイルランド人であると聞かされていたところ、数年前に夫がロンドン出張の機中で隣り合わせた英国人実業家との会話でこの苗字はアイルランド系ではなく、スコットランド系の名だと訂正されたのでした。
mmm、、長いこと何代もの世代が聞かされていたのが一瞬にしておや~っ、そうだったのですかァとは今更どうしてくれるッ!と云ってもしょうがない。
自分達の無知をよそに、誤解を受け継いで実生活に及ぶとはそう珍しい事でもありませんですものね。
それにアイルランド系の血が入っているかも知れないと思っていた時でさえこのアイリッシュのお祭りに特別に参加していたわけでもありませんしね。
夫が好きで大いに参加していたのはアイリッシュ・エール(ビール党なので)だけでしたよ。(笑)

3/11/2006

熟女の天下


タイトルを見て、『何、アンタ今が天下なの。器が小さいネ~。そういうのを”イの中のカワズ”ってんだよ』と今アナタ、言いませんでした?そう、アナタ。言ってない?
いえね、私の事じゃないのです。家のニャンの事なのですよ。
我が家の猫カメが一匹天下となったためか最近主張が強くなりました。その話なんですよ。ええ。
以前には時折は摺り寄って行っていた老年になって難聴となり仕草もスローになったワンのロキシーにまで今や近寄らばシュワーッと鼻に皺を寄せて「ちょっとォ、私を誰だと思ってるの?」と怒るのです。
通りかかりの私を呼び止めて、さして空腹でもなくて食べるでも無いのに餌皿を注して「ねぇー、ワン達がまた食べちゃって、空なんだけどォ~」と云います。
しかも可愛い高音のその年齢にしてはちょっと「可愛い子ぶってない?」と疑いたくなる声でミューミューとです。
「ミュー、見てよっ!これ、この空のお皿。ミューってば、、、聞こえてるでしょう、このか細くて可哀相な私の声が、、。」
フィガロの時には餌を上げると「へん!ワンよ、これはオイラが食べるものなんだいッ!」とジロリと犬達に一瞥をくれてから、餌を食べてデーンと腹幅太く、丸くなっていったものですけれど、カメの場合はちょっと違います。
「ワンに食べられちゃったって不満を云いたかっただけなの、私。そこに新しいの一応入れておいてね。私ダイエットだしィ、、、だから一応ね、一応」といった感じで、騒ぐ割にはあまり食べていないのです。
しかし、この頃この「一応ね、一応」が鼻についてきたかなァ。

湿気の多いこちらの天候で家の掃除に水拭きだと家中が湿気った悪臭となるので時には殺菌を兼ねて市販の掃除用品液を使用して拭き掃除をすると家中が爽やかな感じに成る代わりに今度は猫がその薬品被害の為かゲィ、ゲィやることになり、これもちょっとまずいのです。
私も時に香水の匂いが胃を刺激してとても具合が悪くなる事があるのですが、それでも接客業には胃腸薬を使用しながらでも個人の体臭を公然化してはいけないと心得ているところです。
で、戻ってカメの話ですが、先日暫く仕舞ってあった春用ベッドカバーをかけた際にやはり湿気臭があるような気がしてオーデコロンをかけたところ、もろにカメちゃんシックになりまして「ちょっとォ、私除けのシュッ、シュッは辞めてよねッ!」との事でした。辞めましたデス、はい。(再度の洗濯と乾燥機にかける事で解消することにしたのですが、またこれで仕事が増えましたですよ。うわべだけの手抜き家事は通用しないのでしょうかね、結局2重作業を強いられる事になりますものね。(陰の声-良かれと思っている香水にしたってですよ、アンタ、臭い消しだけじゃあ、、、基本体が美形かどうかの土台の問題ってものもあるでしょうに。 はい、ごもっとも。  え、これもアナタ言ってない?)
***お知らせー「風が見える時」ブログに”言葉の学習と責任”を更新いたしました。宜しくご愛読引き続きお願いいたします。 http://windofflorida.blogspot.com/

3/09/2006

好天気













夜の勤めを良いことについ日中を家の中でくすぶっていがちな出不精の私も、あまりの好天気の明るい日差しに誘われて外へ出てみた次第です。
近所の庭のブーゲンべりァが鮮やかなばかりに咲き誇っており、きょうも我が家の頭上空高くグッドイヤー・ブリンプが回旋しておりますですよ。
出かけついでに食料品の買出しにも行って来ました。


いつもは自分で車に積むのですが、今日はバッグボーイさんの人数が多いのと、お天気には外に出たがるシニアのバッグボーイさんの気持ちを受け取り私のも運んで頂きました。
最近の食料品マーケットのバッグボーイさんというのは高校生のアルバイトか又はシニアのお小使い稼ぎパートなのですが、若い学生アルバイトさんだとレジの同僚と軽口きいて大笑いしていたり、ボーっとただそこにつっ立っていてさして仕事をするふうでもないのが多いですし、生活経験のあるシニアの副業者は時にはとてもスローで重いものを運ぶのにも支障が出るしで、、、どうもサービス業には違った傾向のヘルプシステムに運営すべきではないのかなァと私は思うのですが、かく云う私自身もレジはスローだし気は利かないしなどと云われない様「人の振り見て吾が振り直せ」との言葉通りに気を付ける事にしなければなりませんね。
しかし、こういったマーケットで袋積みを担当するのをバッグボーイというのですけれど、それが女性の場合はバッグガールとは云わないようで、バッグヘルパーと呼んでいるようですよ。
それにバッグレディーとなるとこれまた全然違った意味合いになるのです。

タイミング良く(?)お知らせです。「風が見える時」ブログに”バッグ・レディー”を更新いたしました。
宜しくご愛読お願いいたします。http://windofflorida.blogspot.com/

3/07/2006

春の知らせ

いつも素晴らしい感性で写真テーマブログをお持ちの「きょうからあしたへ」http://mayumis39.exblog.jp/のももたうんさんからイメージバトンなるものを受け取りました。
バトンというのは孫娘のクリステーナのバトントワーリングしか頭に浮かばない私でしたが、言葉を受け継ぐ遊びだというので受け取らせて頂きました。

受け取ったキーワード「明日」
「イギリス」→「オースティン」→「サイケ」→「色」→「風水」→「融合」→「文化」・「アメリカ」・「決断」→「海」→「ストレス発散」→「自分へのちいさなごほうび」→「ゆとりの時間」→「私のちいさなとっておき」→「家族」→「元気の素」→「S・W・E・E・T」→「夢」→「色」→「元気」→「光」→「アングル」→「気持ち」→「空気」→「空」→「明日」→「希望」
3人の方にバトンを回すのだそうです。
(このブログはTB機能がありませんので、もしこの記事をご覧になった時にバトンを拾ってやって下さいませね。)

心優しい素敵なセンス溢れる「Michiko World」のMichikoさん
主夫でスポーツマン暮らし上手な「牧のお部屋」のGurefuru8さん
音楽とロマンを追求する知識人「ニャンパル日記」のニャンパルさん
いかがでしょうか。バトン成る言葉遊びははじめての私の次ではご不満もあろうかと思われますけれど、お願いいたします。はい、バトンタッチ。


お雛様は節句が終わったら直ぐにしまわなければその家の女の子は(お嫁に)行き後れると云われていると話したら、「Oh!ならば家のお雛様はず~っと飾ったままにして置くと良い」とはティーンの孫娘の年頃境地を心配するあまりの夫の弁です。
面倒がって豆に動かぬのを善しとせずにものぐさを制する戒めの言い伝えではあるのでしょうが、やはり一応は何か他の面に行き後れの支障があると困るので棚の中へ収め戻しました。
で、代わりに復活祭の飾り前までは好きな猫の置物でも、、と出してみました。

周りはすっかり春のムードで、復活祭を迎える準備に取り掛かっているかのようですよ。
宗教家でない私達家族にもこの復活祭はスプリングブレーク(春休み)やら、卵ハントゲームとピクニック・ランチが年中行事として参加です。
でもその間、夫が大学のラスベガス・コンベンションに出張なので、子供達との時間をどのようにしてあげられるか思案中です。方向音痴の私の引率では遠出は無理ですのでネ。

3/04/2006

味と音


先週のドンの日曜クッキングはチキンヴェジタブル・スープでしたが、今日のは(土曜日なのですけれど)チリでありますよ。
チリはご存知肉と豆のチリパウダーのスパイス煮といった風で、こちらでは典型的田舎料理の一つです
これもドンのレーパートリーの一つで私自身がチリを作ったことはなく、ホットドックと一緒に食するなどという時には市販の缶のを買ってくるのでありますよ、はい。(それが各一般的で普通かと、、この手抜き主婦の言い訳であります)
全米何処でもチリ・クックオフ・トーナメント(チリ料理コンテスト)が催されますが、この街ペンブルックパイン市での年中行事もその開催時期に我が家から車で5分の地にあるCBスメス公園には腕に自信のある個人やレストラン経営者達のチリ料理自慢者が集まり競うわけで各地元放送局や新聞社の報道陣も入って大盛況です。我々一般人はこの日はその大混雑を避けてなるべく外出しないようにするのですけれどね。
今日のチリのお味もなかなかで、テーブルセンターのお花もドンが今日のクッキングの一部のように買って来て私に贈ってくれたもので、その演出も高点数を上げたいと思います。

3月ともなると夜の外ではカエルの大合唱です。種類でその声に違いがあるのでしょうね。『ゲロ、ゲロ』や『グァ、グァッ』といったのではなく声高の『ル、ル、ル~ッ』の大合唱ですよ。
この周辺は密集住宅街で街灯が夜も明るく照らしているのですが、それでも自然保護地である為か野生動物が多く、私の夜の勤務にはカエルの合唱ばかりでは無く店外周辺の色々な動物の鳴き声が音楽に聞こえて、日中に聞く鳥の声とはまた別の楽しさがあるものです。

***お知らせ-「風が見える時」ブログに”今日を生きる”を更新致しました。宜しくご愛読お願いいたします。http://windofflorida.blogspot.com/
尚「Forget Me Not(勿忘草の日々」にも”Lavender Field"を更新いたしました。http://fgtmnt.blogspot.com/

3/03/2006

現役人間


そういう時期というものがあるのかもしれません。
人間の生活行動には波というものがあって、たまたまそれが周幅的に似通ってしまうというか、往々にして模倣思考も加えられての事なのでしょうが。
ブログ掲載についてなのです-それぞれに違った理由での事なのでしょうが先月には私が常時訪問していた方達のブログの4人もの掲載停止があって、ふ~む、私の肘もコンピューター病にかかり手当てもせずにいては生活に支障も出てこようというもの、、そろそろ私自身にも潮時なのかしらンなどと考えたりしましたですよ。
どの方のも私自身には各々の思い入れがありますし、そもそも私自身がとても飽き性であるのにこれまで来られたのは他の皆様のブログが楽しいからに他ならぬところでもあって、情報源としての交流や刺激が私の思考を活発にして”現役人間”という感覚を満たすものであるのです。
何事にも現役でいられるというのはそれなりにその価値を何処に見出すかで大いに違いがでてきますものね。

現在のドラッグストアでの夜勤勤務もこのところ大して感動するようなヒューマン・ストーリーにもめぐり合わせない数ヶ月にすっかり落胆しているところです。
で、書き損じていた事を思い出してみたり、、、。
冬季オリンピックが終わってW杯を楽しみになさっておられるスポーツ好きな方達のお話を聞き、そういえば勤務先の支店長は昔はサッカーのプロであったのだと思い出しました。
若き日はこの会社に勤めながらの猛練習と大会の数々の日々だったそうで、それこそ世界を駆け回ったということです。
私はサッカーに詳しくないので(全く無知)この若き頃のラホスキー選手がどのような活躍振りをしたのかは全く知りませんが、そういえばオリンピック以前からお店のフロントではサッカーグッツが並んで売られておりますですよ。

現役で活躍すると言う事は仕事にせよ、スポーツにせよ何につけてもそれなりの頑張りや、努力や、希望や、諦めや、喜びや、哀しく苦しい事やのみーんながゴッチャ混ぜの生活を強いられるという事でその精神的心中の葛藤に自分が打ち勝つ事の何物でも無いのでしょう。
全てが自分との戦いに成るのだと、独り悟ったような気分でいる私なのです。でも、その悟りにも追いつけない自分が情けないところですけれど、、。

{I wish you the best, Kristina! All you have to do is accept the matter and believing in yourself whatever it may come to your way. Manager Grandma}

マジックワンドに狂いが生じようともちょっとやそっとでへこたれるな! 進むにも止めるにも自分の行動に自信を持ってやるのが一番。クリスティーナ、人間として現役であるというのはそういう事であるのですよ。

***お知らせ-「Forget Me Not」ブログに”Color of my life”を更新致しました。 http://fgtmnt.blogspot.com/
尚、「風が見える時」ブログの方には”髪”を更新致しましたので、こちらも宜しくご愛読お願い致します。
http://windofflorida.blogspot.com/