8/31/2006

外は曇り、心は晴れ

ハリケーン・アーネストのフロリダ半島を最強5の勢いで通過するとの予想に、街中が一昨日からパニック状態で、全区域が学校は休校、火曜日夜には殆どのビジネス機関も閉鎖となりました。
嵐到来は水曜日明け方との事で、人々の水や食料を買出しの大混雑後は皆家の中で待機している為に街中が何処もひっそりと息を呑みジットしている感じで、鳥達も何処へやら避難して行ったのでしょう、いつもの朝の鳴き声一つ無静寂さが異様でした。
夕刻に閉じたドラッグストアは店長、主任達とアシスタント店員2名のみが特別出勤を依頼されて再開をする用意がなされました。
無論営業利益を考えても事でもありますが薬局ですので、緊急の医療がありますし、最終的には地域援助責任の場でもあるとの考慮があっての事らしい。
ところが、この嵐、半島上空に来て急に弱まり、そしてそのまま嵐としての力が消えてしまったらしいのです。
やれやれ。
そこで急遽、嵐対策グッズを平常売買グッズに入れ替え作業が始まり、汗だくで箱の山と格闘の半日となったわけです。
そういえば、昨年のハリケーンで閉店した時に出勤すると、店長と主任2人がいるのみで、私の出勤に感謝されたものですが、今年はその事をふまえて店長は色々人員対策したようでした。
『スケジュールを無視して出勤しない者にはハリケーン名目の勤務手当てが支払えると思わないで下さい』と支店長の張り紙が出されていたのが、働かずに権利だけを主張するこちらの怠け若者の浅はかさというか、何ともアメリカンだと思う私なのです。
今朝はまだ曇り空がそのままですが、いつもの生活にもどり、子供達も平常登校です。
高校では今日もフットボール試合があるのだそうで、孫娘の帰宅は夜となるのでしょう。
そして、私はスケジュールの勤務休暇なのです。
曇り空でも、ちょっと外にお買い物にでも出ようかしら。ルン、ルン。

8/28/2006

ハリケーン・アーネスト到来か


やっと我が家の瓦屋根やスクリーンハウスの修復が終わったのを見計らっての到来となるかと思うと、今年のマザーネーチャーも力は、またしてもファーザータイムよりも上まるものなのでしょうかね。
(母の力は自然も強し、という事でしょうか)
アーネストという名の嵐が水曜日朝にフロリダ半島を全域に渡って通過の予測で、明日火曜日と明後日水曜日がこの地区全校が休校になります。
今どこも街中が給油する車が列をなし、マーケットは水、食料、電池、そして子供の時間稼ぎにとゲーム類やスナック等を購入する人々でごった返しています。
それで、明日は家族全員(夫の大学も休校)が家に待機している事になりますが、私のみドラッグストアでのセールの混雑整理に出勤です。
何だか去年と同じブログ内容になってしまうのが、この土地柄シーズンの事でもあり、書くほうも、読むほうも、何だか面白くありません。
お祭りや催し物の話題ならともかくも、災害のお話ではねェ、、、。
この所ちょっとブログ更新が滞りがちなのですが、このアーネストが去って行くまでは停電や水害やらの被害で皆様と交信不通になる可能性も考えて、ここにご報告する事にした次第です。

8/25/2006

今日の楽しみ


久しぶりにカメにゃんにモデル頼んでやってもらいました。
嫌々ながらやってくれました。
若い時は平気で、むしろ嬉々としてやってくれたものでしたが、やはりニャンもお年が気になるものか(カメはもう14才の老女であります)昔のような優しい顔は造れず、眉間に皺がよっている様な顔つきをしますですよ。
人間もニャンも長い生活の後半ともなると生きるというそれまでの疲れが表面化してしまうのは、致仕方無いと云えますか。

先日家の屋根をすっかり修繕して下さった屋根修理屋さんがその結果証拠写真をメールして下さいました。夫の大学の生徒さんの副業で、格安でやってくれて、しかも全部を彼独りでやったとあって、左程の期待をしていなかったのが予想外にしっかり修繕をしてくれたのには驚きのものでした。
スパニッシュタイルの色が濃いのが古くからある瓦で、薄い色のが新しく入れ替えたものだそうで、壊れて入れ替えたのが多いだけに色の違いに違和感も無く綺麗な仕上がりとなっているでしょう?
これで大雨でも雨漏りの心配が無くなりました。
でも、また下手なプレーヤーのゴルフ玉での被害のこればかりは避けられません。

今日は孫娘の高校フットボールチームの初対戦があり、マーチングバンド&フラッグコアはその応援とハーフタイムショーに出場です。 http://www.flanaganhighschool.com/users/cguard/index2.htm
たった2週間の入部でも出場とは、、と少し驚いているのですが、当人は大張り切りです。
ゲームは午後7時開戦で11時頃終了の予定です。
今がフットボールのシーズンなので、これからは毎週忙しいことなのでしょう。
旗棒はバトンより数倍もの重さがあって、「これからはバトンが空気みたいに感じるようになったから、今シーズンのバトンは私にとっては扱いが簡単な気がして、巧くいくかもよ~」と彼女。
今のところ学校のスポーツグループに所属できた事は、以前のバトン学校のお嬢様グループとは違った教育的要素が高いのが彼女を引き付ける魅力となっているとか。
「私、このクラスは絶対A+を取るわよ」と意気込んでいるのです。

8/24/2006

ヘン!負けるものか


夏のフロリダは雨が多いのです。
朝は晴天でなんて好天気なのだろうと思っていると、みるみる曇り空に変わって土砂降りになるといったふうです。
そうも遠くない歴史上に於いては、この半島の大半は海底にあったわけで、庭などをちょっと掘り下げるだけですぐ池になるような湿気の多い土地柄もあって、一雨スコールが過ぎた後は駐車場や道路が水害で通行不通となったりするのが常です。
少々の雨は大歓迎の緑の自然も、こうも大雨続きだと喜ぶのは水圧で押しやられた虫をついばむ鳥達ばかりのようです。

日中勤務がそろそろ平常生活化されても良い頃なのですが、今ちょっとしたトラブルにあって、少なからず気落ちしています。
それは、支店長が私を彼のフロアでのアシスタントとして起用する事に原因があるのです。
現在就任の新しい若い主任達には一介のパートオバサンが支店長のアシスタントを任されているのがどうしても面白くないのでしょう。
私も本当のところ単に接客レジをやるだけの方が気楽で良いと心から思っているのですけれど(それに私は主任達のような給金を支給されているわけでもありませんし)、時に支店長は私の仕事を主任達に見せるためにやっているらしくて、時折主任達に私に協力して仕事を進めていくように、などと支持を出したりするのが、私を何やらとても居心地の悪い場に立たせるわけで、支店長が出勤していない時の彼等の風当たりが強いわけです。
支店長が午後まで来店しなかった昨日は、今一番問題を持っている主任Jが本来は自分の仕事である在庫整理が出来ないのを私に押し付け、高い場所にある重い大きな箱詰の在庫品をフロアに下ろして整頓するよう指示、その間にもレジの女の子がスムーズに接客できない時のフォローも私に任せたと平気顔で云うのです。「僕が首にならないよう、きちんとやって下さいよ。」
ですから、ぜ~んぶ引き受けてやりましたよ。
で、午後に支店長が出勤して「お~、これは誰がやったんだ。よくやってあるが」と私に聞いた時には初めてはっきり言いました。「はい、私が全部独りでやりました!」 ザマァミロです。
しかし、帰宅してから、体がギシギシいいましたよ。
ブログにこのような愚痴を書いて、ちょっぴり気が晴れました。
大和ナデシコの精神は強いのだ。レージーなアメリカン若造なんぞに負けてはいられません。


****お知らせー「風が見える時」ブログに”軽くお喋り7 明日天気にな~れ”を更新致しました。宜しくご愛読お願いいたします。 http://windofflorida.blogspot.com/

8/17/2006

新学期

先日裏ブログ「風が見える時」でガラス瓶に書かれた絵の話を記載しましたが、その写真をこちらにアップしてみました。
この小瓶は夫がシンガポールに出張中に某美術館で購入したものです。
中国王朝ではこのような芸術瓶が薬瓶としてもてはやされたのだそうで、絵柄が瓶の外ではなくて瓶の内側に描かれているのです。
しかも瓶の両面が違う絵が描かれています。
アーテストが細い毛筆をその細い瓶口に差し込んで描くその芸術は人間業とは思えぬ巧みな見事なものです。
描かれている絵が細かければ細かいほど、その瓶の高価さが増すまわけで、この3点のうち私の好きな丸い猫の瓶は比較的シンプルなのだそうで中では一番値が低いとの事でした。(この中では中央の瓶が一番細やかな絵柄で、作者も知名度があるとのことでした)
しかし見事なものです。我が家では実用品としては何も使用度の無いこれらの小瓶は、しかし、私には人間が成す芸術の素晴らしさを思わせてくれる大事な宝なのです。

明日は夫の勤務先でポットラックパーテーがあるらしくて、多忙な彼の代わりに私がゴメーフード店に出かけ、スモークサーモンを購入してきてスナックプレイトを作りました。
ポットラックパーテーというのは皆がそれぞれの得意料理やデザート等を持ち寄って行われるパーテーのことですが、お料理上手な方達にメインデッシュをまかせて、夫は軽いスナックにしたというところです。
これが私のパーテーであれば、左程料理上手とは云えない私はさしずめケーキかパイを購入して持ち寄るところです。

新学期が始まり、この一週間はどこのご家庭でも各学年学用品リストをにぎり一つ一つチェックしては店から店へ捜し求める親御さんの姿が町中に溢れています。
私もご多分に漏れず、4年生のデビッドと9年生のクリステーナのは昨日で完了しましたが、まだ6年生のシャーンのが2、3点用意漏れしていて、今日中に買いに出かけなければなりません。
ババママは大変なのでアリマス。

今朝ちょっと不思議な事に遭遇し、ブログに書こうか如何しようかちょっと迷ったのですが、やはり皆様にも知ってもらいたいと思い書く事に。
私のブログを数ヶ月前からお付き合い下さっている方達には何故この編み猫ミシマ君が私の手元に養子としてやって来たのかはお馴染みの事と思います。
今朝、台所で子供のサンドウィッチを作っていた時に後ろカウンターに置いてある私のPCプリンターがカランと音を立てたので振り返ると、何と、プリンターの上にお行儀良く仲間のウサちゃんとお座りしていたミシマ君がポーンとプリンター上から床に飛び降りたのです。
驚いて走り寄り、床のミシマ君を拾い上げて、そのまま以前と座り続けているウサちゃんの隣に再びお座りさせたのですが、何とも解せません。
ふと、思い、PCのメールを開けると、やはりミシマ君の生みの親Michiko WorldのMichikoさんからメールが入っていました。
何だか作り話のようで、私も本当に驚いてしまいました。
最近の多忙にまかせ、ブログ更新も停滞気味で、皆さんとの交流も少なくなってしまい、ミシマ君はホームシックだったのかもしれないと思いました。
ごめんね、ミシマ君。最近一緒にお話あまりしてなかったね。
今は心なしかミシマ君のお顔が安心した様にも見えます。

***お知らせ-「風が見える時」ブログに”軽くお喋り6 ハグ・ア・ツリー・デー”を更新致しました。
宜しくご愛読お願いいたします。http://windofflorida.blogspot.com

8/10/2006

起動軌道?


旅行に出ているわけでもないのに、初めてブログ更新に大穴を開けてしまいました。
別に特別忙しいというわけでもなかったのですけれど、いつもの日程変更をすると、何故か体がちょっとばかり軌道に乗りませんで、軌道が起動しないと駄洒落なんぞ。 (駄洒落にはパンチラインが無いので、猫パンチの画像を抽入、これまた駄洒落にて失礼おば・・)

パートでドラッグストアにちょこっとお手伝いして、と思っての夜勤を日中勤務にしたら、何故かやはりパートというよりも『職に就いています』といった心境になるもので、少しばかり気恥ずかしい感じがします。
各自が何もかにもをやらなくてはならない夜勤での6時間勤務は、接客レジと電話応対&少々の整理整頓日勤(こういう言葉ないですよね、日中の勤務の事ですが・・)8時間よりもかなりハードだったようで、体力的にはずっと楽になりました。
とはいえ、体が4年間の夜勤体制から抜けきれないものか、この一週間は頭脳と体力の調整の日々に少しばかりは年令的限界を見た思いも同時に感じたりしています。 今日から3日間はお休みですからクウィーンになったつもりで、ゆっくりしようかしら・・と思いきや、この月曜からは子供達の学校が始まります。最後の点検に手抜かりしてはいけないと、またクウィーンからスケート履いて走り回るコマネズミのメイドにぐ~んと格下げになった私であります。


***お知らせー「風が見える時」ブログに”軽くお喋り5”を更新致しました。
宜しくご愛読お願いいたします。http://windofflorida.blogspot.com

8/04/2006

8月背比べ


♪柱の傷は一昨年の~
5月5日の背比べ~
チマキ食べ食べ兄さんが~
測ってくれたせいの長け~
昨日比べりゃ何のこと~
やっと羽織の紐の長け~♪

と私は心の中で唄いながら、この様子を眺めていました。
我が家では毎年8月に3人の孫達の背丈を柱に記すのです。
やはり9才のデビッドが今年一番に伸びたのですが、「もうやはり伸びがあまりないよ~」と昨年嘆いていた14才のクリステーナはそれでもこの一年では約3センチ程伸びましたですよ。
クラスでも背丈は小さい彼女ですが、何故か他人からは年より2~3才は上に見られるのが平常の事で、背丈が年令の決め手にはなりませんけれど、弟達の成長を背丈で判断したり、またチビのグランマの私が年令不詳に見えるのが嫌なようです。
お話変わって、
先日シカゴの日本書店に寄った際に、あまり時間が無くて、店頭に並べてあった単行本のズラリから12冊ほど選んで購入したのみでした。
東野圭吾氏の本が沢山あって、私には目新しい作家でしたので、読んでみたいと思ったのです。
本格推理小説の枠を出て、趣向の好み問題は別として、話筋内容がヴァライティに富んでおり、知識に満ちた頭脳聡明な方とお見受けしました。
東海林さだお氏の相変わらずユーモアエッセイ集は、大の私好みんなのです。(『これは面白いだかんな、見過ごしは許されぬ』と私の心中も東海林氏口調なのであります。)
それと、群ようこ女史の、決して良好とは云えない家族への想いなどを読むと「あ、ははァ~。さもありなん」と笑えるし、(この点は佐藤愛子女史のエックス・ハズバンドの借金苦労話と似ていて)、それと、彼女の飼い猫しいちゃんや近所の猫ちゃんの話が、これまた楽しいのです。
本をネット購入するのは時間がかかって、(読みたい本を探すのに)大変ですし、暫くは書店に赴く予定もないので、旅行から帰宅してからは一辺に読みきらないよう、毎日ちょびり、ちょびりと読んでいるところです。(笑)

8/02/2006

今年もまた


「ちょっと面白くないよ。僕の名前が今せまりつつある亜熱帯嵐の名だからね。しかも、ハリケーン1になったようだよ。」と友人のクリスが口をとがらせています。
我が家の屋根瓦を直したばかりです。
120枚も壊れていたのですって。壊れたのだけ取り替えると、屋根がつぎはぎの違う色合いになる為、全部取り替えたのです。
そういえば、お隣さんもやっと塀を直したばかりです。
ハリケーン・クリスはまだずっとカリブ海沖なのですが、さて気まぐれなマザーネーチャーの今年のご機嫌はいかがなものなのか、注目の週となりそうですよ。今年もまた、ハリケーンのシーズンの心配がはじまりました。どうか大事になりませんよう。
昨年には根こそぎ倒れてしまった裏庭の大木が、枝や葉をはわわれて幹だけだったのが、一年で緑の枝葉をつけています。
今年は無事倒れないでいて欲しいですよ。

8/01/2006

サァ、どうでしょう



はァ~い、ワン、ニャン&キッズ、ご苦労さん。
応募者に福袋へ入れる品を厳選し終えました。
方法は各応募者の私の知る範囲のプロフィールを紹介し、それを聞いてその人にふさわしいと思える品を各自が選ぶという形でした。
例えば、「XXXXXさんは活動的スポーツマンでスイートハートがいます。」とか「0000さんはお月様やお星様と話をしたりする方で、星屑集めてネックレスなんか造るんです。」とかのヒントを与えるわけで、ちょっとはヤラセっぽいかもですが、私達のゲーム感覚で選ばせて頂きました。
ですから何方に何を送るかは発表しませんので、受け取ってのお楽しみという事にしてくださいね。

今日はクリスティーナがシャプロン役で弟達と彼らの友人を最寄の映画館にソニー製作映画『モンスターハウス』を観に出かけました。 http://www.sonypictures.com/movies/monsterhouse/site/
私は車で送り迎えするだけでよくて、私やママやダディの代わりを彼女がするようになって、大助かりです。
それに、彼女も自分のサイトに書くネタになるわけなのですよ。(笑)

暫くこのブログサイトが不調だったので、日本のRサイトにこのいっぴ(一日)からブログ開口しようと決めていたのが、なんと、今度は開けたRサイトのブログに画像がアップにならない。
あちらが良ければ、こちらが駄目、そしてこちらが直ると、あちらが不調と、何だかなァ~です。
今私のサイトのお助けマンをしてくれている札幌の甥がビジネストリップでカリフォルニア州なので、彼の仕事が落ち着いたら見てもらうことにして、Rブログへの移行は取り止めとしました。
さァ、どうなるかな、このブログ。