12/30/2007

師走の過ごし方

何やら忙しくて、それでいて何か新年に向けての希望やワクワク感を感じられる日本での師走とはまるで違うこちらの師走。
男達はこの日はフットボール観戦の大事な日であり、夜の新年のカウントダウン時に使う花火を買いに出かけたり、大人達は飲み会や大人のパーテーの用意やらで忙しい中、子供達にはホリデー休校でラッキーという事以外ではお正月行事に関しては全く除外されてるのが、こちらでのお正月時期。
大抵の商店は普通営業ですし、政府機関や銀行などにしても、元旦だけは祭日閉鎖をしてもあとは全て通常生活といった具合です。
私も土、日の休みを取った後の31日(月)から無論翌日元旦(火曜日)と普通出勤です。
お正月時期というのは渡米40年の私にしても未だに、「日本のお正月が恋しいなァ」という気にさせられるのです。

夫と息子がTVでフットボール観戦中、私は独り2階で、1996年米国作テッド・ダンソンの「ガリバー旅行記」を見ました。事実上妻が映画上でも妻役であるのもよくお似合いでした。
思うと、子供の頃にガリバー旅行記で小人の国や巨人の国に訪ねたのを絵本で見ただけで、ストーリーを全部通しては知らなかったのもあってか、いやァ、彼の空想の世界旅行の旅が、それは実に面白く、又、人間という動物がいかに小賢しい生き物であるのかといった哲学的な面を巧く語ったお話に、私はすっかり引き込まれましたですよ。お正月の特別番組を観た気分になれました。笑

2008年はねずみ年ですね。
猪の年女だった私も、もう猪突猛進は控えて、チョコチョコと小回り回転の利く融通人間になって気運を上げなくてはいけないでしょうねェ。
私のブログに訪問されてくださる皆様、そして何故かこのブログが画面に出て、偶然にこれを読んで折られる方も、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。
そして、2008年もまた宜しくお願い致します。

***お知らせ‐「風が見える時」http://www.windofflorida.blogspot.com/に"軽くお喋り16 -腰振り体操”を更新致しました。宜しくご愛読お願い致します。

12/27/2007

多忙年末の猪



疲れました~ッ~!クリスマス当日と前後の数日は日に400人以上の接客と品切れにならないように棚の設置やら、何やら探すお客様のお手伝いやらで、大童でした。
クリスマスは支店長&主任長が「ストアサイドは貴女にまかせましたから宜しく若手主任達を指導してやって下さい」と、ストックパーソン、店員、ブックキーパーまでの古参店員も全員がお休みでした。
いいように使われているのは解ってはいるのですけれど、そこはクソ真面目な融通の利かない私の事、『ヤッテやろうではではナイノッ!』と単純馬鹿さ加減丸出して猪の私は今年最後をとっし~んなのであります。(来年は子年だから猪はちょっと隠れてもいいかも?)
と、以上を書いてその続きを今日28日まで手付かずにおりました。今日の定休日も返上の出勤で、やっとセールを一段落させての帰宅です。するとクリスティーナがクリスマスプレセントに机を新しくしたので、部屋の模様替えをしたから写真を撮って欲しいと言うので、それがコレです。(来週には机の上も下もゴチャゴチャの荒れているに違いは無いのですけれどネ)

息子がボーイズにポケットバイクをプレゼントしたので、(彼自身がモーターサイクルが大好きなのです)ボーイズの乗り腕前が解らない私には不安の種になりましたよ。その他、ビデオカメラやMP4やら、時計やら、デジカメやら、3人には満足のクリスマスであったようです。特にシャーンはクリスマスが誕生日なので、プレゼントも多いわけで、それが来月が誕生日のデイビッドにはちょっぴり口惜しい訳です。(でも来月にはちゃんと誕生日のプレゼントがもらえるのに、何せわがままな10才であります。)
カメニャンはプレゼントのキラキラ首輪が気に入らなくて『私は自由の身でいたいのッ!』とばかりにはずしてしまいました。ま、仕方ない。私も首輪はしたくないもんね

12/18/2007

届きました!


わ~い、クリスマスとお正月が一緒に来た気分とはこの事をいうのかも。
届いたのです!お友達からのプレゼント。
カップ麺とお菓子を狙う者、「あら~っ、また素敵なバックねェ。それにその折り紙の可愛い事ッ!!」とそれらを私から奪い取ろうとする者を駄目、駄目、駄目~ッと制するのに忙しい私。
「貴方達はクリスマスプレゼントがあるでしょう。もうサンタを信じる年でなくなって、ソックスにはもう小物がはいっているけれど、何のプレゼントなのかはクリスマス当日までおあずけだものね。
でも、これらはぜ~んぶ、私のデスッ!!」と頑張った結果群がる鳥達はスゴスゴと去りました。

今年のクリスマスは不景気風が巷に吹きまくり、倒産や自己破産の最多年であるとの事、多くの人達はお財布の紐をしっかり引き締めにかかったとの時勢報告がありました。
そこで、最後まで迷った末に「やはり、何かしらの挨拶代わりは必要だわネ」といった具合のご家庭が多いらしく、このクリスマスショッピング最終2日間にドット現れて混雑の商店街であります。
私も品を並べる間から物色の人々の手に渡っていくのを小走りでしきった接客数が1日平均7時間350人で、売り上げもまあまあの好成績のようでしたよ。
さすが、帰宅時にはぐったりとなり、自分のショッピングの終わっていないのを考えてはガックリ、疲れがどっと体に応えてしまう日々といったところです。

米国北部は大雪でダイヤが大幅にずれたり、事故が相次いでいる中、ここフロリダは夏に比べては、すっかり肌寒くなったとはいえ、タンクトップとショーツ姿の人々がこの忙しさを不平をいいながらも汗だくのグリーンクリスマスであります。

昨夜はマイアミ特有年中行事であるボートクリスマスパレードがありましたよ。

12/14/2007

ハニカ、クリスマス&クワンザとロウソク

子供達が3人で楽しく作るのを期待してジンジャーブレッドハウスのセットを買いました。
ボーイズは大喜びで作業にかかったのですが、姫は「貧相な民家だわ。私はお城しか興味が無いのです。下々の者よ良きに計らえ」との鶴の一声でありやんした。(これ、何語?)
で、良きに計らった結果がこのハウス。途中アイシングを舐め舐めやっていたらしく、大分塗り足りないところがありますが「まァ、よく出来た事!」と誉めてあげましたヨ。クリスマススピリットでありますし。
側でグリンチ姫はまだ「えっ、こんなのを後で食べるの?不衛生じゃないの?」などとほざいて、いえ、おおせのことでしたが、「いいのです。姫に召し上がってもらおうとは思ってはおりませんから。(ンもう~っ、アンタはさがってもいいんだってば)」とニコニコ顔で応えたわけであります。

ユダヤ教の方々はこの時期ハニカといって特別な希望のキャンドルというのをたててお祝いをします。ロウソク、飾り付けがすべてユダヤ人国色であるブルーです。
アフリカン・アメリカンの方達はクワンザといってこれも特別キャンドルをたてます。これは赤いロウソクで横並べ蜀台は同じですが本数が違います。
一般アメリカ人家庭は殆どがクリスマス・キャンドルをやはりこれも希望の印、キリスト誕生祝として色々なキャンドルを飾ります。
因みに我が家はクリスマスデナーテーブルには棚から出した細いクリスタ蜀代に赤か、緑か金色のロウソクを対でおきますよ。

お話変わって、私が昔Z社にいた事を知っている友人からメールされてきた写真です。(これはそのZ社の飛行機に落雷が合った時のもの)
”お~何と恐ろしい写真”とお思いの方がおられると思いますので説明させて頂きますと、航空機というのは落雷が空中間でよく起きるのを見計らって出来ておりますので、こんな恐ろしいと思う状態にも安全空飛行が可能なのですよ。人間に直撃の落雷だとそれこそ大事に至るのですけれど、車や飛行機の中が案外安全なのです。あ、もし驚かせてしまいましたら、お許しくださいね。これは私達航空関係者のジョークなのです。
忙しい師走、どうか皆様がご健勝であられますよう。ハッピーホリデー!

***お知らせー「風が見える時」ブログに”軽くお喋り15-シークレットパル”を更新致しました。何卒宜しくご愛読下さいませ。www.windofflorida.blogspot.com/

12/08/2007

フ~ッ、買い物は大変だア


一昨日の冷温低気圧が通り過ぎて、今日は暑い。今朝やっとの事で、一応ツリーの飾り付けを終えました。スヌーピーライトだけは出してもらいましたが電球ライトの設置は未だに思案中です。
今のうちにクリスマスショッピングをと思っているのですが、大汗をかきながらの買い物は、どうしたものか、、と考えるだけで、もう疲れてきました。
子供達が成長するに伴って、サンタさんがデリバーしてくれた玩具で喜ぶ時期が過ぎ、玩具屋さん廻りをしないですむ代わりに、エレクトロニック販売店や物色のモール歩きは頭脳にも懐具合にも困難を強いるホリデーであります。(サンタさんの代役の時の方が良かったのかなァ)

来週末で子供達は(夫も)ホリデーのお休みに入ります。
クリスマスもお正月も出勤の大忙しは私だけ。
といっても、子供達の学校への送り迎えはないですし、この時期休みの夫が夕食を作ってくれますし、ホリデーデナーも彼の担当でありますから、主婦の私はお掃除、洗濯だけなので楽には楽ですけれど。
子供達とニャン&ワン達のストッキングに入れる小物プレゼントは今年は勤務先のペットセクションが色々そろえているのでこれも時間と疲労の省きになりますしね。(な~んだ、結局色々手抜き方があるんでないの。そりゃ大丈夫だ。)

12/01/2007

師走でございます

加齢と共に時の流れが加速して感じられるという法則があるらしいですが、本当にその通りです。
私が生まれてから現在までの約22000日の24時間がほんの少々の時であるのは当たり前なのですものね。泣いても笑っても広大な宇宙間に於いてはほんの微々たる、更に微々たる人間の人生ですし。
今更どうしようとも他に仕様が無いと知りつつも人は懲りずに毎日をアクセク生きていく動物なのです。
休暇から勤務に戻った若者のSちゃんはウェストヴァージニア州の田舎で毎晩フロントポーチの揺り椅子に座って、星空を眺めて、ココアを飲みながら家族と語り合ったりしたのだそうで、明るい顔で以前よりゆったりした感じでした。
ものの書によると、あの何億、何万奥にひしめき輝く星空も宇宙での存在密度としてはヨーロッパ大陸にアリ三匹といった感覚なのだそうですよ。
この年でもおちょこちょいで、失敗ばかりくりかえしてきている私、この忙しいし師走だからこそ、ちとは心して気持ちをゆったりもたねばならないかと思いますね。(無理、無理の声あり)

楽しい影絵を今朝みつけました。手でルイ・アームストロングを演じるとはなかなかの芸だと思います。


夫が友人宅にワンサとなったアボカドをいただいてきました。大きい種類です。
ハワイ在住の頃はアボカド、バナナ、まんごなどの果物がいっぺんに沢山実って私も大困りをした経験があります。少しずつみのるのだといいのですけれど、いっぺんに沢山なるので家族では食べきれず、かといって捨てるのはもったいないし、近所の人達も大抵は同じものを植えているしで、大弱りしましたよ。
でも、このフロリダではあまりそれほどの植物密度ではないので、かくいう我が家の庭にも果実の木は無くてこのアボカドもありがたく頂きました。熟れて皮が黒くなったら、グワカモレ(アボカド・デップ)を作ろうと思います。

11/25/2007

ゆっくりお休み

感謝祭の後は、どこのご家庭も残り物の七面鳥の処理料理でターキーサンドウィチやターキースープに、皆ちょっとうんざりぎみ食卓だと想像されます。我が家もしかり。
で、今晩はやっと七面鳥が終わり、BBQステーキのあまり肉を利用してカレーです。
パンプキンパイも皆のお腹に納まり、今日はクリスティーナがチョコレートチップクッキーを焼きました。(出来上がりのドウなので、ただ形を整えて焼くだけのものですが)
夫と子供達は4連休だったので、私はこの土、日の休みをゆっくり楽しみましたよ。
夫はTVでフットボール観戦がありますし、私は掃除洗濯に休みはないので、子供達だけをモールにドロップオフしてクリスマスショッピング第一弾としました。
子供達を迎えに行くまでの家事の合間々々にTVを見たり、PCを楽しむことが出来ました。

11/24/2007

次はいよいよ。



感謝祭前日に勤務先のドラッグストアで”ご苦労さんパーティー”があり、皆で料理の持ち寄りランチが開かれました。この日は実は皆の知らない、私の誕生日でして、(多分に支店長&主任長が承知でこの日を選んだと、小鳥が知らせてくれましたデス)多いに皆の自慢料理やら、好みの店料理やらを楽しめるだろうと思いきや、、、ま、トリッキー古参女史に「どうぞ一番先にお昼にいらして下さい」と、してやられましたです。で、私は皆の料理セットをされないうちの私がもってきたフルーツタルト2つ(自分でもってきたのでそれを初めに食べる訳にもいかず)と写真・カメラ課の女性が持ってきてあった大なべの南米パエリアだけとこれまた私がもってきたハニーレモン・パスタサラダで頂きました。
『食べ物の恨みは怖いノダ』という日本の言い回しはこのアメリカ人古参女史には通じないだろうから、仕方ないかッ。
しかし、このパエリアはと~ってもデリシャスでしたよ~。レシピー頂いたので、今度作ってみようかな。
いや、夫にレシピーあげようっと。ははは。

感謝祭とその翌日の全米一大セール日・ブラックフライデーも終わり、ハイ、次に控えるは、いよいよ子供達待望のクリスマスでありますよ。
感謝祭は日本では帰省者や訪問者の多いお盆時期の感覚で、家族・友人達が集う日であり、車ガソリン会社及び航空会社にとっては年一の混雑多忙そして年収上昇時期でもあります。
しかし、今年は例年に比べて不景気らしく、人々のお財布の紐も固いとの報道で、借金で倒産や自己破産者が多く出る暗い年らしいのです。
感謝祭日も出勤でした。支店長及び主任長が祭日休みなので(とにかく家族の日ですから)私が主任のフォロー役をしなくてはならなかったわけです。適当に店は混雑し、300人程の接客をしました。
帰宅すると恒例の夫の七面鳥やキャンデッド・スィートポテトやらが待っていてくれました。
良い感謝祭日でした。

11/17/2007

ブラックフライデー


いやはや、声が出ない出勤は散々でありました。薬局が病人のような声のアナウンスでは、逆宣伝効果というものですッ!しかし、未だに声が戻っていません。
声が出ない部分は余計に過大スマイルを持って接客したのですが、来る人来る人、私をハンデキャップを持つ人間と思ったものか、「貴女の笑顔が何とも素晴らしい」と同情絶賛されてしまいました。(接客係りとしてはこれは減点ですよ)

私のサジェスチョンボックスが各支店に設置されることとなり、今回は飲酒物課のミックスドリンクのレシピをネットサーチして造る事に同意、直ぐサンプルを提出すると大受けされて(とても素人の手造りカードとしか見えないのですけれどね)5枚ほど作りました。
主任長から支店長のリクエストで地区長に私をプロモ(接客、宣伝、セール)のポジションを新年度には組む動きがある事を知らされました。やる事は今と変わらないわけですから、給金が上がるポジションをもうけられるのは多いに嬉しい事です。それが実際にそのようになるかどうかは解りません。何せ大きなチェーン店の小さな一員に過ぎない私ですから。そういう動きがあるという事だけでも、嬉しいです。

この週は恒例のブラックフライデーがあります。(赤字経営を黒字に出来るほどの全米年中一大セール日)
金曜は私の定休日なのですけれど、朝7時からの半日大セールの助っ人として半日出勤する事になりました。
この日は他デパート等も開店朝5時といった具合なのですよ。

余談ですけれど、16日は私達夫婦の39回目の結婚記念日であります。
毎年『マア、お互いよく持ったこと』と言うのは同じですけれど、39年前には、『フロリダ住まい、夫大学務め、妻ドラッグストア、3人の孫の世話』とはまさかの、マサカのMASAKAの世界でありました。笑 本当に人生は侭ならない。

11/11/2007

愚痴にお付き合いを

夫が休暇であったり、私が体調をちとばかり崩したりで、殆どこの所夫の手料理です。どうです、このBBQリブとコーン、美味しそうでしょう?特別なタレで美味しかったですよ。でも明日からはまた私にバトンタッチ。
声が出なくなって一週間、明日はいよいよ平常出勤だというのに、今日の調子は1/3といった感じだ。
こういう時にはどこかの宗教家(?)の方だと、「貴女は言ってはいけない事を話し過ぎた事があるでしょう。それが災いして戒められたのかもしれませんよ。」とおっしゃるかもしれない。
ふ~ム、心覚えが無いでもない。
だとしたら、ここに内輪話でもゴシップ的憤懣を書くのは、私の腕や指を痛める原因をつくるかもしれないねェ。
でも、いい。今日は明日の勤務に向けて、ストレス解消といきますゾ!

実は子供達のママのママ、つまりもう一人の彼等のグランマが9月からママの所に来ています。
といっても、来週にはハワイに戻られるらしい。
一昨年も9月に娘と同居するつもりでやって来て、娘とはソリが合わないと2ヶ月で帰っていったのです。その時も私達の所へ来て、「貴方達が孫の生活を守ってくれている事に感謝します。しょうがない娘ですが、自分の娘には違いなく可愛いものですが、私とは考えが違いすぎます。どうか今後も孫達のことを宜しくお願いします」と頭を下げておられた。
今回はお顔を合わせてもいない。このまま合わないでお帰りになるようだ。
フィリピン人の彼女は一昨年まで長年に渡り高校で掃除婦をしておられ、生活は決して楽なものではない。しかし、働き者の彼女はフィリピンの親族に仕送りをしたり、また、もう一人の娘(つまり、孫達の叔母)家族と同居で娘夫婦、その母親と共同生活で孫3人男の子達の世話をしている。
娘の生活での借金を肩代わりに来て、今後来春までは同居するつもりだったらしい。
娘が孫達の生活費には一セントも支払いもしていないのに驚いたようだ。たぶん、それで私達には顔向け出来ないと思っているものか、または娘の苦しい生活は私達に裁判決議の教育費を支払っている為と思ったのかは解らない。(無論私達への法的判決の教育費など一切支払われてはおらず、今現在で彼女の返済額は15,000ドルにもなります。)
と、言う訳で、私のいい加減性格もこの吾が3人の孫が不憫と思うが故の義務&愛情から何とか普通に保たれていっているのかもしれませんね。(それと、律儀夫のコントロールもあって?)
今日は思いっきり内輪ゴシップ公開記事でした。

11/10/2007

甘えたいのね




風邪をひいたせいで、声が出なくなってしまった。今日で6日目のヒソヒソ声である。
医者に抗生物質をもらい、なるべく声を出さないで会話などしないようと云われました。こういう時は世の夫達は「へへ、これでうるさくない」と喜ぶのでしょうね。笑
これが、とても不便です。電話に出られない。出るとヒソヒソ声で答えるものだから、相手がいたずら電話受信と思ってか、聞こえない為か、すぐ切られてしまうか、何度も「ハロー、ハロー」を繰り返すのです。
明後日までに声が出てくれないことには、出勤時に不都合はなはだしい。困ったァ!
カメニャンもクシュン、クシュンと鼻水垂らして調子が悪いのです。(画像は”ァ、またクシャミ出そうッ”の顔)

この2,3日とても素敵な秋晴れです。家中の窓を開けて空気の入れ替えもして爽やかな天候に日が眩しいのです。が、ちょっぴり肌寒く、風が少し強いので亜熱帯性気候独特な湿気も低くて、私には心地良く感じられるのも、高湿気に慣れたフロレディアンには寒すぎると感じているようで、もっぱら北からの(寒い地方に住んでいる方々)出身者がこの秋空を楽しんでいるなか、地元の人は風邪にかかっていて、薬局が大繁盛の状態です。風邪予防接種が各地で無料摂取日を設定しています。

我が家の子供達が元気であるのが、幸い。彼等はそれぞれにアレルギー体質ではあるものの、混血である為も助けとなって、または、雑菌の免疫抵抗力が少しばかり強いようで、滅多に寝込むほどの病気にはかかることが少ないようですよ。

タイル床が老犬ロキシーに冷たいだろうと、猫枕をおいて一眠りしたところを写真に撮りました。数分後アップの写真を撮ろうと思って見ると、ヤキモチクッキーがすっかり猫枕を占領して寝ていました。
最近私達家族が老犬ロキシーの体調を気使うのが、クッキーにはとても口惜しいところらしく、ロキシーを撫ぜたりすると側に来てキューン、キューンと甘え鳴きをするようになりました。
これは、未だに、というより今はもっと敵意態度、行動をあらわにして私の気を自分に向けようとするディビッド(10才半)とシャーン(もう直ぐ14才)の戦いのようでもあります。
彼等の心の中は愛されるという事が不確かであり、競争動物本能の様であり、(両親が自分を愛してくれているかが常に心配でもあり)なんとも不憫です。


11/04/2007

ハイ、まだ次がある




ハロウィンセールを終えて勤務スケジュールをみると、アレ、私の休暇は無く、普通に勤務していることになってる。
やれやれ、と思っていると、ブックキーパーから「支店長がスケジュールしわすれたのですって。ヴァケーションは休みに続けて来週とって下さい。こちらはなんとかしますから」と家に電話があった。
で、一昨日の定休日に続けると10日間のお休みで~す。

と、ここまでは良かったのですが、あろうことか、風邪にかかって床にふしてしまったのでアリマス。ウンがついてないったらありゃしない!
2日間ゼィ、ゼィ・ウン、ウンのありさまは、無様でありますねェ。
何故か気が引き締まっていない私です。
横になっている私の大窓から秋風が心地良く吹き晴天大空の下ではスポーツを興じたり、散歩したりには最適な天候なのです。
この一週間は夫がヴァケーションをとってありましたので、ずっと夕食つくりをうけもってくれたのですよ。数年前とは違い、体力にも限度を感じていますから、家の修理などはあまりしませんでした。
水道蛇口が甘くなっていたのを直し、新しいブラインドを子供達の部屋につけたり、シャワーカーテンを取り替えたりしたくらいです。

して、わたしの一週間はというと、う~ん、何も新しい事はしないでしょうね。
家事をしたり、山となった洗濯物と奮闘したり、せめて少し本は読みたいなとは、おもっているのですけれど。
ブログに何か新鮮な記事を載せたいものだと思っていても、な~んにも起きない平常生活、、。(色々廻りを探し回ったりしないのでね。根がモノグサなもので。)
じゃあ、今日のタイトルの「次がある」とはなんじゃいね?ごもっとも。これは私の忙しい日々こと。
(子供達の迎え、山の洗濯、仕事場でのセール設定、それにゴホンと出る咳をぐっと飲み込む術‐等など、、笑)

諸事次がひかえている私の人生、まだ続きそうですよ。

10/31/2007

嵐よ去れ!




今日31日は子供達が楽しみにしているハロウィンです。
なのに、昨日から嵐の気配が、、、。南方からくる低気圧で突風と豪雨があるやも知れないとの事。
昨日には『休校になる可能性有り』と発表されたとの事ですが、今朝は大丈夫そうです。

私は昨日からハロウィングッズのセールに取り掛かり、今日は支店長と共に特設するつもりです。
やはりまだ曇り空に時々大雨となり、子供達は今雨が上がったのを良いことに、それっとばかりに仮装をして外へでました。
それからはずっとすっかり雨模様はどこかへ移動したものか、ハロウィン日和になったのですよ。
勤務先から特別に分けてもらった大判のチョコレートは、120人程の子供達が皆、口々に「わ~い、大きいのをもらった~~」と大喜びするのを見て、私達も大満足でした。
右写真は昨年は仮装しなかったクリスティーナですが、今年はボーイフレンドの身体障害の弟の付き添いとして、大昔のバレーリサイタルで着たティュティュをひっばりだして着、ボーイフレンドのカルロスはロックンローラー(これにギター風船をかかえ)、弟のアンソニーはカリブ海の海賊でした。
我が家のボーイズは仮装しないといっていたのに、にわかに頭を紫のスプレーをかけて、ラップダンサーのような格好をしていました。
ともかく雨が降らなくて、良いハロウィンでしたよ。
****「風が見える時」に”ハロウィン‐人間模様”を更新致しました。www.windofflorida.blogspot.com/宜しくご愛読下さいませ。

10/28/2007

迷惑虫


いつまでこの共同生活を続けていかれるものやら、、、。
2度目の子育てもあとひとふんばりと言う状態なのですけれどね。
最近の私の体の不調が膠原病であるらしいと判明。アレルギー体質性のリウマチ関節炎です。
妙な倦怠感や発疹もそのせいで、最近では指の先があちゃこちゃと向きを変えつつあります。回復治療というものが無い病気なので、今後どうやってうまくそれと相まってこの迷惑虫との共同生活をしていくかが私の課題のようです。
膠原病というのは女性20代~50代に発生するらしいと聞き、あらっ、じゃァ私はもう直ぐ60という事は体が若いということネ、な~んて、実のところはもう随分昔から少しずつ進行してきているらしい。ま、スロー進行なので、まだまだ充分通常生活には不都合をきたさないのではと、これまた楽観しておりますゾ。

昨夜のバミツバ(ユダヤ教男子14才成人式)のパーティーで お土産にTシャツを3枚、他キャンデーなんどいただいてご機嫌なシャーンです。今週末はディビッドだけがママの家にお泊りで、クリステーナは遠征大会旅行と、3人がバラバラ生活です。それぞれの好みで、だんだんにこの3人バラバラ週末が多くなってきましたし、もう私が宿題やプロジェクトを一緒にやる事も稀になってきています。

今週のディビッドのプロジェクト作りは各自が葬儀案内書を造るというもので、小高学年生に人との別れに合うことを考えてみるというものらしい。架空人物の葬儀案内なわけですので、デビッドが選んだのは漫画のキャラクターである、スポンジボブでした。ふざけているとお思いになるかもしれませんが、現実の人間や家族を取り上げる訳にはいきません。辛すぎますしね。それでは逆効果の教育になりかねませんから。特にディビッドもその一人ですが祖父母に育てられている子達には深刻にならずに実状を受け止められるようにとの事なのです。新聞でこの欄を研究したあと、故人を追悼する文面を考えるわけですが、ディビッドの書いた物はそのキャラクターの生活状態を記した物を過去形しただけで、やはりあまり実感のあるものではありませんでした。クラスで話し合いをした時にもっと身近に自分の生活と合わせて考えるのではないものかと思われますが。

10/26/2007

もうすぐまた


昨日10年生(高2)クリスティーナは2学期末試験終了後、吹奏バンド&カラーガード全高校大会にジョージア州アトランタへ5泊の遠征旅行に出かけています。
彼女は16才の誕生日を最終大会日として他州で迎えるわけで、家族と祝えないのを少なからず残念に思っているようです。それだけに良い成績を収めて帰宅してもらいたいものだと願う私達です。

ホリデーシーズンに入る11月と12月の2ヶ月間は勤務先のドラッグストアでは定休日以外でのヴァケーション休暇禁止期間です。それまでにヴァケーション休暇を執ってしまわなければ、来年度に継続することは出来ず、せっかくの有給休暇を放棄する事となります。
私も残る休暇を執るべくリクエストをしてあり、その許可も得ていた今週でしたが、またまた人事に不祥事が起き、私の休暇は特別に11月半ばに延ばしてくれないかとの要請がありました。
夫も同時に休暇を合わせて取ってあったのですですが、二人で出かけるのはこの次でも別にかまわないとの夫の同意もあり、承諾しました。
それと今までの日~水曜日勤務をセール及び棚セットにマネージャーアシスタントが必要なので月~木曜日勤務にしてもらいたいとのことで、金~日曜の3日間が定休日となりました。 (こんな良い週末休みがとれるとは、、と羨ましがる声もあがっているのですが)
会社運営システムが向上に向かうのと、販売力が強化と共に、何故か雇用人の不祥事発覚も何件か後をたたないには何故なのでしょうね。

****お知らせー「風が見える時」http://www.windofflorida.blogspot.com/に”軽くお喋り14‐水”を更新致しましたので宜しくご愛読下さい。

10/21/2007

負けず嫌い

最近孫シャーンが昔ながらの遊び、ヨーヨーにこっています。
大会出場経験のあるクラスメートから初めて基本的トリックを教えてもらったら、今はすっかりはまってしまったものかネットでもトリックを研究して、先日おこずかい40ドルをはたいて大会用ヨーヨーを購入したようです。(別に大会に出場希望ではありませんが)そのお手並みを見てあげて下さい。

これを見て、負けず嫌いの弟ディビッドも少々やりだしたのですが、今度はシャーンがまだ学んでいないチェスをやるのだと、私にチェスボードをかってきてもらえないかと言います。
このように二人は日常でもいつも何やら張り合っていて、可笑しいですけれどね。
学業でも、スポーツでも孫3人とも負けず嫌い、且つ負け下手でして、これはやはり両親の愛情を身近に感じないできた彼等の生い立ちの現れのような気もします。(何かで負けるとその落ち込みは深刻なもののようです。哀しいかなそれは私の血をひいてしまったものかナ、、、)

10/18/2007

力持ち



私はこの年で、勤務先のドラッグストアでは力持ちとされているのですよ。

お店では接客整頓が主流の仕事ですから頭脳の力はあまり必要にされておらず、もっぱら体力が物をいいます。
週の1日は主に購買力向上の品設定を行い、1日は仕入れセンターから運ばれてきた品を店頭にならべます。その日は私は大抵200人の接客をレジスターで行いながら、この写真にあるような箱に詰められた品を約25~30箱をかたずけます。空箱を重ねると私の身長を裕に超える数です。(これを床においたままで男性の運搬ヘルプを待つのはじれったくて、つい、ウンショコラとばかりに押して、倉庫までもっていくのですが、チビの私は先が見えないので、追突事故を起こさないようにソロソロとやるのですよ)
1日は支店長、主任長と店全体の本社設定企画意外の支店特別セールを考え設定します。
又、1日はタバコ類のカウントと棚詰めをします。
あちこち歩き回ったり、台や梯子を昇ったり、下りたりの品設定が一番大変です。
この年で、このような体力労働をするとは数年前には考えにも及ばなかった私ですが、今やこれがあるからやっと体を動かしていられるような気がしてきました。
(これだけ大汗かいて仕事しているのに体重が減らないのは何故??)


今月の新製品はこのお人形です。これはTY社のウェブドールでコレクター用のTYマークに秘密のコードが書き込まれていて、コンピューターにコードを入れるとこのお人形のファションやハウスゲームを楽しめるというものです。
今年はこの手のコンピューターゲーム人形が多いですね。
先月はウェブキンという動物縫いぐるみPCゲームが発売されましたがあまり人気は無かったかもです。
少しずつ体調が良い時にはこの体力労働がちょっぴり楽しい私です。
でもいつまで続ける事ができるかなァ。体が疲れてきているのも確かなのです。

10/11/2007

鑑賞の秋?


少しばかり体調低下でして、毎日を投薬と気力で過ごす日が最近多くなってきていますが、子供達の世話に左程手がかからなくなってきている事で随分楽になってきています。
小5、中2、高2の3人は今のところずっと優秀生賞リストから外れる事なく順調です。3人共にあちこちの学校から勧誘メールが来ています。
高2のクリスティーナには英国の2008年夏の親善学生としての招待状が来ましたが、何やら彼女はあまり乗り気ではありません。

さて、今日は鑑賞の秋という事で、書こうと思うのですが、何せ四季感のないこのフロリダのこと、ちょっとピントきませんが、、、。
レンタルで映画「パフューム(香水)」をみました。http://www.perfumemovie.com/ 
時代背景が古いヨーロッパなのが少し殺人ミステリー話としては興味深く官能出来たのですが、後半の超人秘話が少し突拍子も無くて、とてもがっかりしてしまいました。
日本のTVスペシャル番組を取り上げるとしますと、8月のでは「はだしのゲン」。やはり広島の被爆終戦ストーリーはこの世が続く限り、その悲惨さを話し続けて欲しいもの。
日本人である前に、このアメリカの地でそれを見るのは、多分日本人の視聴者が感ずるまた別の感慨にふける思いもあります。
先月では黒澤明夫妻の作品「生きる」。これはストーリーとしては極々単純な人間性が描かれていて、葬儀の場での回りの人々の主役に個々を見合わせて話し合うシーンがリアルで、人間の在り方がよく演出されていて興味深いものでした。
日本の単行本も2,3冊読んだのですが、主に健康・精神維持のノウハウ本ですので、読書感は特に記するほどのものでもありません。

今月の末はクリスティーナの16才の誕生日なので、彼女はスウィートシックステーンのパーティーをしたかったようですが、幸か不幸か部活カラーガードの遠征大会旅行で一週間ジョージア州にでかけなければならないのです。
裕福なお宅でしたらそれこそレストランやホテル貸しきりでリムジン送迎のタキシードにガウンという豪華絢爛なパーティーを催すのですが、(特にこの米東海岸は昔からのしきたりや保守的な行事も侭多いのです)
裕福でなくても人種的行事というのもあって、ラテン系の15才の女の子はキンセという、やはり何万ドルもかけてのお披露目会のようなパーティーを開きますし、13才のユダヤ人種は男の子のバミツバというパーティーがあります。(ユダヤ14才の女の子もバミッツバを祝って盛大なパーティーを開きます)
今年も彼女のカラーガード大会に何千ドルもの支出があるので、スウィートシックステーンのパーティーなど私達にはとても無理の相談ですョ。
なにか特別な夕食会でも開くとしても、小規模でガマン、ガマン。ね。

10/06/2007

10月になってしまった


もう、皆さんにはとっくに忘れられた存在になってしまった事でしょう。思いっきりブログ休みをしてしまいました。

私の生活にはそれ程の変化もニュース的情報もないままに、毎日が過ぎていっているようです。
今年もブログ3回目のハロウィーンの時期となり、また昨年、一昨年と同じような写真であります。 クッキーが嫌々ながらもこのハロウィーン写真を撮らせてくれたのですが、今年はカメニャンは絶対拒否なのだそうで、あきらめざる得ませんでした。老犬ロキシー、今月で16才、が寝込んでいるのか、まだ息はしているのか、と毎日点検をするという事意外では、至極平常生活を送っております。
クッキーが犬には珍しい猫座りをしたのをいつもシャッターチャンスをねらっているのですが、未だ巧く撮ることが出来ません。
この画像も猫座りから立ち上がろうとしているところです。 (でも前足はまだ内折になってますネ)

8/22/2007

少々ごたごた


姫のご登校にあられましては、誠にめでたく、ごきげんようお目覚めにごさいます。健やかにご成長のしるしあられましては、お召し物も一段と映えて美しきお姿に感涙の至り、また、ご学友との再会も喜ばしく、我、下の者としては陰から姫の行く末にご多幸あれと祈るばかりであります。
と、早朝一番に登校の孫娘クリスティーナの登校を見送ったわけで、というのは、夢の中のお話でありまして、まァ、何とこの姫の不機嫌顔。「ねェ、そのスェーター、ボタンかけが低すぎない?子トナだわよ。刺激が強すぎない?朝ごはん、何にする?」との私の言葉はぜ~んぶ無視。
自分でさっさとランチを用意して、さっさと何やら食べて「じゃあね。」と出て行きましたデス。
いつもはお互いの喧嘩口調のやり取りをするデビッドも今朝は姫の険悪顔に圧倒されたか、途中から「みっともないなんて冗談だからね。とても綺麗だよ。アイラブユー!」と折れたのには始めての展開でした。
朝寝癖が身についてしまったボーイズもさぞかし不機嫌起床かと思いきや、意外や意外、二人とも上機嫌で「ね、早く起きられたでしょう?」と得意顔。

一昨日にこれを書いてから、あれやこれや少々忙しくしておりましたら、何ということか、孫娘が咽の痛みを訴えていたのが学校より通報でお医者に連れて行く事となりました。結果、マノニュークリストシス(日本語では何でしょうかね、扁桃腺炎症の病原菌があるとかで)1週間の登校禁止で、家庭隔離生活を強いられました。当人は新学期二日目にしてまた朝寝坊三昧ができるとほくそえんでオリマスゾ。治療は適当に解熱剤を与えるほかは何も手当てなしなのだそうだ。
それで日長ベッドでテレビを見たり、本を読んだり、音楽を聴きながら、食べたり、PCでお友達とチャットしたりの天国であります。
ふ~ム、お医者様と彼女何処かで前に打ち合わせでもしていたような、何だか彼女には都合良さそうな病状であります。
過去の記事にコメントをしていただいる皆様へこちらからの返答もせず、どうぞお許しくださいね。

8/11/2007

皆頑張ってよね

動画のスタートがオートで入っているのでお耳障りかと一端削除しておきます。
ウチのカメニャンにそっくりな顔が動画の画面に見えたので観てみると、なんとこのニャンチャンはピアニストでありました。
ウチのカメニャンにはピアノを弾く才能は無いですが、可愛さは代わりないかも。


今日が孫娘クリスティーナの高校夏季合宿の最終日で一週間の特訓の成果を家族に披露する日でした。
この動画も上記と同じで音楽にちょっと耳障りな音がはいっているようですが、昨年よりパフォーマンスには上達が見られました。

さて、この週末が最後、月曜日には新学期がはじまります。朝寝に慣れた彼等が不機嫌な起床時を迎えるのは確かな事のようですよ。
私もスクールバス通学しない登校安全係りになった5年生のデイビッドを車で送り迎えするので、勤務時間を延ばしてスケジュールにあわせてもらいました。彼を7時半に登校させ、朝8時勤務、30分のお昼の時間を2時にして、彼を下校時に家に連れて行きまた勤務に戻って4時半まで勤めるといったスケジュールです)
うまく調整できるといいのですが。

8/09/2007

心と頭脳に栄養

あと一週間で新学期ともなると、一日中を5年生と7年生になるボーイズはナップサックにエレクトリクト・ゲームと収集カード、そして携帯電話を背に自転車で近所の友人宅を回って遊びに出かけ、数時間毎には飲み物と食料を求めて帰ってきてはまた外出といった最終遊び作戦に入っています。(笑}
10年生になる孫娘だって同じで、友人とパーテーに、映画に忙しいのです。
それで、私は勤務休みの日は充分に独りで余暇を楽しむ事ができます。(もっとも山の洗濯物をかたずけるのは余暇を楽しむといったパートではないのですけれどね)
ニューヨークの日本商品店にメールオーダーした本がまだ届かないので、今日はまたまたインターネットサーフィンをしています。
毎週月曜日にはこれ等の情報を元にジョークを作ってプリントしたり、詩作をして勤務先掲示板に載せるのです。

今日もとても素敵な音楽を見つけましたよ。英国歌手のデクラン・ギャルブレイスとクワイァボーイズです。どちらも本当に天使のような歌声にその歌詞が私の胸にグッときました。


こうして私の心と頭脳に栄養を与えてエネルギーの元にします。
この新学期が始まると、ホリデーの商品設定に忙しくなります。心と頭をリラックスさせたけれど、さて体力はどうしたものか、、、ですね。

8/07/2007

アニミュージック

勤務から帰宅してテレビをかけるととても楽しいアニミュージックというのがかかていました。
あまりに楽しい画像に暫く見入ってしまいました。
ユーチューブドットコムにありましたのでここに載せますので皆さんもお楽しみください。
この他にもラッパ、ドラムや色々な楽器の動画がありますよ。


***お知らせー「風が見える時」ブログhttp://www.windofflorida.blogspot.com/に”軽くお喋り13 七夕”を更新致しました。宜しくご愛読お願い致します。

8/04/2007

大丈夫かね

新学期が始まるのがもう直ぐという事で、孫達のダラダラ夏休み生活が少しばかり切羽詰った感じの行動であります。(つまり、急に遊びに時間を充分使いきりたいというか、気持ちを投入してるかの様でアリマス)
学用品を飼い揃える買い物にも「適当に買っておいて」などとほざいて、ではなかった、申す有様です。
今年の吾が姫は(と、自分で思い込んでいる孫娘のことですが)バトン界をリタイアして気持ちに余裕ができたものやら、又は車の運転をするようになって(仮免ですが)少し大人としての責任感のような物に目覚めつつあるものやら、私に少し優しくなりました。
それで「私が子供達の文具を買い揃えるお手伝いをするからね」と自分の各学年で必要だったものをリストを観ずに手早く探してくれたので、私の今日はオサンドンから世話役人として昇格した思いでアリマスゾ。

最近勤務先の主任長が替わり、商品オーダーに少しばかり手違いが多いようなので、私なりのヘルプをすべく、休みには仕事がし易いようにフォーム作りなどをしました。こういう時は、成るほど体験、経験とは大事な物と今更ながら思ったりします。コンピューターにばかり頼って、実務オペレーションでの必要数字を弾き出せないシステムで全てが『ドンブリ勘定』のずさんさにいつも驚かされています。
PCでフォーム作りをしながら、音楽を聴いたりして、これが結構私の脳活性化を手伝い老化現象を防ぐ役目をしてくれているようですヨ。

私の今日のお気に入り動画はこれです。

7/21/2007

休み最後の日

今日で私の一週間のお休みが終わりまた明日から勤務です。
まだ2週間程のお休みが残っているので、10月までには取らねばなりません。(10月~12月はホリデーシーズンとして定休日と緊急休暇願い以外の休暇は取れない規定なのです。)
子供達は昨夜からママの所に出かけています。
今朝はとても良い天候なので、皆さんと最寄のコーヒーショップに出かけたいと思います。
では、家の角を曲がります。
と、ここに動画をいれるところだったのです。ところが、ちょっと過大ビッツでユーチューブにダウンロード出来ず、皆様にお見せできなくたってしまったのです。(グスン)
そこで、動画の前半をカットして後半だけをダウンロードしてみました。
ハイ到着です。コーヒーと軽いお菓子か朝食はいかがですか。

私は昨日の検診の結果で、甘いものや、好きなチーズなどの摂食を禁じられたので、本当のところはスコーンも頂きたかったのですけれど、エクスプレソだけで我慢します。(山盛りのウィップクリームは内緒にしておいて下さいませ~)

家に戻って一泳ぎしてから、子供達の居ない間に彼等のバスルームを掃除。これがオオゴトで、冷房室内なのにまた汗だくになりましたよ。
あと新学期が始まるまでに3週間を残すのみ、殆どのお店では学用品セールが始まっています。
さァて、またセールに奮闘することにしましょうっと。
これが私の健康維持方でもあるのですから。

7/20/2007

ネープル日帰り旅





ィてててっ、、。洋服を脱いでも、まだ白い服を着ているような日焼けでアリマス。
両腕と両足がヒリヒリしています。暑かったのナンノって。(ナンなの?)
子供達を連れて州の西海岸町ネープルへ泳ぎに行きました。私達は東海岸寄りに住んでいて、フォート・ローダデール、ハリウッド(カリフォルニアにある映画の街ハリウッドとは違い海岸リゾートの観光街です。)マイアミは一つ続きの美しいビーチなのですが、とにかく人も多くて騒がしい大西洋パーティーゾーンでも有名で、豪華船クルーズラインのポートがあり、夏冬シーズンを通していつも賑わっています。
そこで、少し静かな所でノンビリ貝拾いでもと、メキシコ湾側の避暑地ネープルに行く事にしたのです。
この市を横切るアリゲーターアリーと呼称されるハイウエィで大湿地帯を横切るとその街ネープルなのです。ですから街に入るまでの小一時間はただただ大荒野湿地帯エバグレードが広がるのみ。
この湿地帯はワニは無論のこと、クーガや、鷲や、あらゆる野生動物が潜んでいます。
行きは夫が運転、そして返りはクリスティーナのハイウエィ初運転です。(彼女この所毎日私の買い物の運転をしてくれてとても運転が巧くなったのです。)
ネープルの海岸は人も少なく、魚が足元に沢山泳いでいて、それを捕ろうとするサギや多くの鳥達が海岸を散策しており、貝殻が拾っても、拾っても拾いきれないほど落ちています。
ディビッドがとても綺麗な巻貝を海の中から拾って来たのですが、それはまだ生きた貝でしたので、海に投げ返しました。生きたものを持ち帰るのは禁止されています。
海の水は生ぬるいお風呂の湯加減といった温かさですので、午後の砂浜は1メートルも素足では歩くには熱過ぎで、この通りデイビッドの「ァ~、ホット、ホット、ホット」と叫んでいるのでもお解かりでしょう。

















帰宅前にネープルのちょっと洒落た街角レストランで早い夕食をして帰宅した私達の日帰り旅は退屈dしている子供達に夏に1日の良い想い出になったようです。
さて、今日から2,3日で子供達の部屋の模様替えです。

7/15/2007

今日は映画鑑賞日



今日は子供達は「ハリーポッター」の新作映画を観にゆきましたが私は息子がレンタルしたDVDで「ハリウッドランド」を夫と二人で観ました。
幼い頃、家に初めてテレビがつけられ、小学生の私にはその頃の一番人気の「スーパーマン」が楽しみで、兄達と夢中になって観たものでした。
当時東京方面では「ララミー牧場」が一番人気の番組だったと話しに聴いていましたが、私の田舎では放映されておらず、スーパーマンだけはロングランでした。
今でもテレビ番組元祖スーパーマンのジョージリーブの死はミステリーとして取り上げられるのが、その当時の文化生活を含めての人間像が興味深く思われます。
結局、彼はその当時の映画界やその文化と溶け合わず、自殺か他殺かは別にしてもハリウッドの男優として生きていけなかったのでしょう。
見終えて、何かしっくりとこない後味が残りました。


兎に角負けん気の10才のデビッドは、お姉さんクリィステーナのチャンピョンの座に負けたと一昨年にバトントワーリングを辞め、お兄さんシャーンのスケボー回転高飛びに負けたとの落胆から昨年にはスケボーも辞めていたのでしたが、この夏休みの退屈には耐えられなくなったものか、またスケボーをやりだして、最近ではプロスケーターからも誉められたとかで、夢中になっています。
二人のボーイズは今や大人と一緒になってすべるようで、来年度はチャンピョンシップに出場を進められているようです。今は夢中でも、ま、いつまでやるのかはわかりません。気まぐれなものですから。
やりたければどんどんやれば良いし、辞めても困る事でもないですしね。
遊ぶのは夏休みに思いっきりおやりなさい。で、新学期になったら学業はしっかりやってもらわなければ、大学進学は奨学金とパートの仕事で自分でやり繰りしてもらうつもりでいますから。
奨学金をもらえないと自分で学生ローンを組むことになるぞョ。(解ってますって、との声あり。)
我が家に資金繰りを当てには出来ないからね、孫達諸君よ、せいぜい頑張ってくれィ!!