2/22/2007

これな~んだ?


買い物籠いっぱいにデンと座ってるこの縫いぐるみ。
これな~んだ?
実は、ロブスターなんです。体長一メートル位の大物(?)です。
裏返しにしているハートには「ラブ・ロブスター」と書いてあります。
今年初めて売りに出されたこの縫いぐるみ、やはりそれ程の人気は無く、貰い手がなかったようです。
主任Cさんと私が「ロブスターとヴァレンタインってどういう関係があるのかしらねェ」と話していると、これを張り切って仕入れた支店長曰く「ロブスターディナーにいつも連れて行きたいけれど、今日はこれで我慢してね」ということらしい。ヴァレンタインデーが終わり売れ残ったロブスター君達は今度は復活祭のお菓子籠に紛れ込もうという魂胆。
支店長が私に一個くれると云うのをそっと棚に戻して、やんわりとご辞退した私でした。

2/16/2007

販売政策術


やはり、長時間の飛行機乗りもウンザリだし、ファーストクラスに乗る空席待ちや乗り継ぎも面倒だし、ラスベガスは主人一人で行って貰うことにしたら、そのOK条件として医療予約をして検診を受ける事と、17日土曜の主人の飛行機完成祭典式に同席する事だけは承諾した私です。
で、彼の主治医さんに同時間二人とも検診を受けました。
どうやら私の肺は主人がやめるべく喫煙の影響で、間接的喫煙炎症を起こしているのではとの事で、不眠症も諸事によるストレス症らしいです。
でも、一言で言えば、やはり年令が成せる生活の疲れ。あはは、ちょっと大袈裟にいいましたが、どの人にもある時期には通らなければならないような、極々一般的な精神障害なのだと思いますよ。
家の中が埃っぽくてゼイゼイするのに、それほど神経質にお掃除をしなくても家族はあまり気にしなくなったというか、我慢をしてくれているのが、ちょっと楽。(ちょっと悪いかなともおもうんですけれどね)

外へ郵便物をメールボックスに取りに出ると、白い鳥がメールボックスに乗っている蟲を狙ってジットしていました。ここらには蟲が沢山いるからこれ等の鳥は空腹にはならないのでしょうね。



ヴァレンタインデー、私達の販売方が成功だったようで、スペシャル棚の殆どの品を完売して、支店長「この調子で次は復活祭、頼みますよ~」と笑顔。ヴァレンタインカップケーキを医療部員の方からいただきました。
夫からは縫いぐるみ熊ちゃんとお花でした。今年は彼は秘書やインターン助手学生やら8人にお花を贈る事に。大変喜んで頂けたようです。良かった。

先月にはついにこの地区45店舗の販売一位になりました。整頓された店、笑顔で敏速サービス、客を引き付ける会話力等、明確値札、多いセール品などなど、常識で考えられる事をきちんと遣り通す事が大事だとマネージャー達も思うようになったはずです。
この年でこのような販売業にたずさわっていようなどとは思ってもいなかった私ですが、今は何やら販売戦術などを考えたりするのがおもしろくなってきています。
雀の涙ほどの給金の売り子の立場ですが、支店長の影で働くのが結構私の精神力を強く機敏なものにしているようで、楽しいのですよ。
この仕事がなければ、家に閉じこもりきりになってしまう私なのでしょうが販売政策などを考えるのは私が企画の仕事をしていた頃のような何かを作り上げるプランをするという魅力があるようです。
今日はこれから子供達はママに連れられてKristinaの高校へカラーガードの販売店お手伝いにゆくらしいです。今日の大会は彼女にとってママの始めての参加に心も躍っている事でしょう。
私は夫の大学の式典に出かけてきます。


****お知らせー唯今帰宅して直ぐそのご報告も兼ねて「風の見える時」ブログにその様子の写真を動画にしてアップいたしました。同時に”文句あっか!その1”もご愛読お願い致します。

2/10/2007

報道陣が溢れています


フェデラルエクスプレスより貰い受けた飛行機がやっと大学のロゴが胴体にペイントされ、2年がかりの夫の大任務に一段落といったところです。来週末はこのお披露目の祭典が催されます。
この飛行機は航空課の機会実習に役立つ他、大通りからもみえるので大学の良い宣伝看板の役目も果たしてくれそうです。

女優(?)のアナ・ニコール・スミスの死亡報道がどのチャンネルでも話されています。見た目はマリリンモンローそっくりですよね。
何かと話題の多かった彼女ですが、ニュースで「彼女は有名人である。しかし、女優というわけでもなく、モデルというわけでもなく、なにかにすぐれた芸術家というわけでもなく、強いて言えば彼女は有名人とだけしか言いようが無い」と報道されていました。
スーパーボールが終了して少し静かになったかと思った矢先の彼女の急死はここ近所のハードロックカフェでしたので、街はまたもや報道陣が押しかけてきて混雑しているようです。
***お知らせー「風が見える時」ブログhttp://windofflorida.blogspot.comに"残り物に福”を更新致しました。宜しくご愛読お願い致します。

2/03/2007

2月です



今朝4時起きでクリスティーナが高校のダンスクラスで課外部活でもあるカラーガードの地区大会にオランドに行きました。先月のデズニー高校スポーツ大会に続いて2度目のオランドです。
バトントワーリングで大会慣れしている彼女ですが、「開校以来の新星」との注目を受けて嬉しい反面それだけにプレッシャーとなっているようです。http://www.flanaganhighschool.com/~band/
一昨日の夜に小4のデビッドの「ピープル・フェア」を参観してきました。
カメラが不調で良い写真が撮れなかったのが残念ですが、子供達がベンジャミン・フランクリンやマリリンモンローや、リンカーンや、ダイアナ妃やらに仮装してその人に成りきって自分を紹介するというこのプロジェクトは何時の時も(私達は3人の小4のヘルプをしましたのでね。クリステーナの女性飛行士エミリアエアハート、シャーンのプロスケートボーダーのトニーハーク)楽しいものでした。
ディビッドのアインシュタインもなかなかのものだと大うけしたようでした。300人以上の生徒にその家族の大混雑の中をざっと見回してもアインシュタインが4人ほどいましたよ。
歌手を選んだ子供はスピーチの他に歌も披露していました。(笑)

2月です。もうすぐヴァレンタインデーです。
何度もブログに書いた事でもありますが、私はこの日が大好きです。
日本のような義理チョコ的発想は毛頭にも無くて、この日は恋人ばかりではなく家族、友人、親類、ペット、先生などなど、自分の愛情を捧げる日で、子供達には学校でも隣人愛を説く日でもあります。
2月と言えば、私達もそろそろ所得税申告書類の製作にかからねばなりますん。
今月中にまたラスベガスのCPAの所に行く予定でいます。昨年は丁度夫の大学コンベンションがラスベガスであったため彼一人が行ったのですが、今回は私も一緒に行きなさいとの事で、旅行出不精の私としてはちょっぴり気重であります。
でも最近は日常生活の報告程度の会話しか交わさない私達には家から離れて一緒に行動するのは多分良い事なのではないかしらんとも思っています。(う~ん、面倒。 これが本音 笑)