7/21/2007

休み最後の日

今日で私の一週間のお休みが終わりまた明日から勤務です。
まだ2週間程のお休みが残っているので、10月までには取らねばなりません。(10月~12月はホリデーシーズンとして定休日と緊急休暇願い以外の休暇は取れない規定なのです。)
子供達は昨夜からママの所に出かけています。
今朝はとても良い天候なので、皆さんと最寄のコーヒーショップに出かけたいと思います。
では、家の角を曲がります。
と、ここに動画をいれるところだったのです。ところが、ちょっと過大ビッツでユーチューブにダウンロード出来ず、皆様にお見せできなくたってしまったのです。(グスン)
そこで、動画の前半をカットして後半だけをダウンロードしてみました。
ハイ到着です。コーヒーと軽いお菓子か朝食はいかがですか。

私は昨日の検診の結果で、甘いものや、好きなチーズなどの摂食を禁じられたので、本当のところはスコーンも頂きたかったのですけれど、エクスプレソだけで我慢します。(山盛りのウィップクリームは内緒にしておいて下さいませ~)

家に戻って一泳ぎしてから、子供達の居ない間に彼等のバスルームを掃除。これがオオゴトで、冷房室内なのにまた汗だくになりましたよ。
あと新学期が始まるまでに3週間を残すのみ、殆どのお店では学用品セールが始まっています。
さァて、またセールに奮闘することにしましょうっと。
これが私の健康維持方でもあるのですから。

7/20/2007

ネープル日帰り旅





ィてててっ、、。洋服を脱いでも、まだ白い服を着ているような日焼けでアリマス。
両腕と両足がヒリヒリしています。暑かったのナンノって。(ナンなの?)
子供達を連れて州の西海岸町ネープルへ泳ぎに行きました。私達は東海岸寄りに住んでいて、フォート・ローダデール、ハリウッド(カリフォルニアにある映画の街ハリウッドとは違い海岸リゾートの観光街です。)マイアミは一つ続きの美しいビーチなのですが、とにかく人も多くて騒がしい大西洋パーティーゾーンでも有名で、豪華船クルーズラインのポートがあり、夏冬シーズンを通していつも賑わっています。
そこで、少し静かな所でノンビリ貝拾いでもと、メキシコ湾側の避暑地ネープルに行く事にしたのです。
この市を横切るアリゲーターアリーと呼称されるハイウエィで大湿地帯を横切るとその街ネープルなのです。ですから街に入るまでの小一時間はただただ大荒野湿地帯エバグレードが広がるのみ。
この湿地帯はワニは無論のこと、クーガや、鷲や、あらゆる野生動物が潜んでいます。
行きは夫が運転、そして返りはクリスティーナのハイウエィ初運転です。(彼女この所毎日私の買い物の運転をしてくれてとても運転が巧くなったのです。)
ネープルの海岸は人も少なく、魚が足元に沢山泳いでいて、それを捕ろうとするサギや多くの鳥達が海岸を散策しており、貝殻が拾っても、拾っても拾いきれないほど落ちています。
ディビッドがとても綺麗な巻貝を海の中から拾って来たのですが、それはまだ生きた貝でしたので、海に投げ返しました。生きたものを持ち帰るのは禁止されています。
海の水は生ぬるいお風呂の湯加減といった温かさですので、午後の砂浜は1メートルも素足では歩くには熱過ぎで、この通りデイビッドの「ァ~、ホット、ホット、ホット」と叫んでいるのでもお解かりでしょう。

















帰宅前にネープルのちょっと洒落た街角レストランで早い夕食をして帰宅した私達の日帰り旅は退屈dしている子供達に夏に1日の良い想い出になったようです。
さて、今日から2,3日で子供達の部屋の模様替えです。

7/15/2007

今日は映画鑑賞日



今日は子供達は「ハリーポッター」の新作映画を観にゆきましたが私は息子がレンタルしたDVDで「ハリウッドランド」を夫と二人で観ました。
幼い頃、家に初めてテレビがつけられ、小学生の私にはその頃の一番人気の「スーパーマン」が楽しみで、兄達と夢中になって観たものでした。
当時東京方面では「ララミー牧場」が一番人気の番組だったと話しに聴いていましたが、私の田舎では放映されておらず、スーパーマンだけはロングランでした。
今でもテレビ番組元祖スーパーマンのジョージリーブの死はミステリーとして取り上げられるのが、その当時の文化生活を含めての人間像が興味深く思われます。
結局、彼はその当時の映画界やその文化と溶け合わず、自殺か他殺かは別にしてもハリウッドの男優として生きていけなかったのでしょう。
見終えて、何かしっくりとこない後味が残りました。


兎に角負けん気の10才のデビッドは、お姉さんクリィステーナのチャンピョンの座に負けたと一昨年にバトントワーリングを辞め、お兄さんシャーンのスケボー回転高飛びに負けたとの落胆から昨年にはスケボーも辞めていたのでしたが、この夏休みの退屈には耐えられなくなったものか、またスケボーをやりだして、最近ではプロスケーターからも誉められたとかで、夢中になっています。
二人のボーイズは今や大人と一緒になってすべるようで、来年度はチャンピョンシップに出場を進められているようです。今は夢中でも、ま、いつまでやるのかはわかりません。気まぐれなものですから。
やりたければどんどんやれば良いし、辞めても困る事でもないですしね。
遊ぶのは夏休みに思いっきりおやりなさい。で、新学期になったら学業はしっかりやってもらわなければ、大学進学は奨学金とパートの仕事で自分でやり繰りしてもらうつもりでいますから。
奨学金をもらえないと自分で学生ローンを組むことになるぞョ。(解ってますって、との声あり。)
我が家に資金繰りを当てには出来ないからね、孫達諸君よ、せいぜい頑張ってくれィ!!

7/14/2007

音楽と掃除とテレビと、、、

今日から私と夫は勤務から一週間のヴァケーションを取っています。
これといって何かをしようと休みを取ったわけではなく、強いて言えば退屈している子供達を何処かに遊びに連れて行こうと思ったことと、今の期間に取らなくては、来年に持ち越しを出来ないので、毎年私も夫も休みを取り損じてしまうのです。
大きな家族旅行をするには資金繰りがあやぶまれ、家の修繕などにも時間と資金が不足といった具合の半端な休みなわけですよ。
せいぜい家掃除を丹念にと思いつつも、モノグサの私はあちらをかたずけては音楽を聴き、こちらを掃除しては本を読み、そちらを整理してはテレビを見たりで、そのそちらが終わると、すでにまたあちらがちらかっていて、、、と、その繰り返しの1日であります。苦笑
今朝はハワイ出身の歌手IZの「虹の向こう」の音楽を暫し楽しみました。
名作映画「オズの魔法使い」でジュディーガーランドが歌うオーバーザレインボーも素敵ですが、このIZが映画「50回目のデート」と主題曲として唄ったのがこれです。
この曲は私の母がとても愛した曲でした。

7/10/2007

ウォーク&スマイル

夕刻に曇り空ながら久しぶりに裏庭から抜けてゴルフコースを散歩に出かけました。
以前は夫や時には子供達も一緒に21ホールを全部散策したものですが、今や子供達はそれぞれの友人達との遊びに時間を過ごすので、今は私と夫だけのジジババ散歩となりました。









この2週間は支店長がバケーションでギリシャに出かけているので、店員は一応に適当に時間を過ごしている勤務先では、全体的に仕事に対応する緊張感に欠けていて何だかつまりません。
「それでは接客していない店員はこの機会に写真でも撮りましょうね。はい、スマイル!」

7/06/2007

トリップル7


7月7日は七夕様、牽牛と織姫様の天の川を渡っての逢瀬の日、ブログ仲間のお誕生日、そして私の渡米40周年日でもあります。
今年の7日は777という事でラッキーな日としてこの日に結婚式や色々なお祝い事をする人が大勢だとニュースでも云っていました。


近所の趣味手芸チェーン店が来月には閉店するとの事で閉店セール中です。
私はこの店が好きで、よく通っていたので無くなるのがとても残念です。自分でもペイント・グラスは何度がやったことがあるのですが、このように綺麗には出来た事は無く今ではステンドグラス作りに同じく放棄してしまっています。(私は多趣味で飽きっぽいのです 苦笑)ニャンのデザインに他界したフィガロの姿が見えたので購入してきました。キチンに光が入るとフィガロが私を見ているようです。

先日の写真加工は独立記念日の鷹と夏休みものでしたので、さて、次は何を掲示板に貼ろうかしら、、。
今日は息子が子供達を映画「トランスフォーマー」http://www.transformersmovie.com/に出かけたので私は独り写真加工やら、音楽を聴いたりしました。先日PBS(有線TV)でアンドレ・リウの演奏に心奪われ、すぐCDを買ったのですが、私の一番好きな曲がそのCDには入ってなくて、ちょっとがっかりしたのですが、彼の音楽は聴くと元気が出ます。私も一緒に映画にどうかと誘われたのですが、この映画には左程興味がないので、辞退して家で静かな時間を過ごしたのです。
さて、次は何をしようかな~。

7/04/2007

独立記念日&花火大会

今日は米国独立記念日です。今日一日は皆ビーチに出かけたり、ピクニックやパーティをしたり、そして音楽と花火を楽しんで、皆が思いっきりアメリカンの1日を過ごすのです。私は出勤でしたが、帰宅すると祭日休みの夫が恒例の祭日料理でBBQをして待っていてくれて、何故か、本当に何故かあのモノグサ・クリスティーナがキチンとファミリールームのタイル床を掃除してくれていました。Oh!これでか、午後に雨が降ったのは。(ありがとうね、嬉しかったよ。)

夕刻にはまだ雨雲が空一面で、今日の独立記念日の恒例ペンブルック市花火大会と音楽の夕べがキャンセルになるやもしれないなァと思いつつも、ボーイズに希望でやはり市営公園に折畳み椅子を運んで行って来ました。

雨は降らずに大連発の花火大会は成功を収めたのでしたが、花火の煙が厚い雲に押されて低空浮遊していた為にフィナーレのクライマックスが煙半分にかくれてしまって、ちょっと残念でした。

それでもこの市の花火大会は他の町のどの大会より豪勢な感じでとても楽しめます。
私の一番好きな花火は枝垂れ柳のような形で、大きなのが天と地を繋げるかの瞬時に消え去る、広がった一瞬に目を見張り、が、その薄れ行く感じに何となく淋しくなるような、ふと過去のメモリーを追いたくなるような、その感じが何といっても良い。
私だけなのかしら。花火を見るといつも『昨年の花火はどうやって見たのかしら』とか、『あの時のあの花火はあの人の事を思い出したっけ』だとか過去の出来事やら、人々の事やらのメモリーレーンに感情機能が走っていってしまうのは。