10/31/2007

嵐よ去れ!




今日31日は子供達が楽しみにしているハロウィンです。
なのに、昨日から嵐の気配が、、、。南方からくる低気圧で突風と豪雨があるやも知れないとの事。
昨日には『休校になる可能性有り』と発表されたとの事ですが、今朝は大丈夫そうです。

私は昨日からハロウィングッズのセールに取り掛かり、今日は支店長と共に特設するつもりです。
やはりまだ曇り空に時々大雨となり、子供達は今雨が上がったのを良いことに、それっとばかりに仮装をして外へでました。
それからはずっとすっかり雨模様はどこかへ移動したものか、ハロウィン日和になったのですよ。
勤務先から特別に分けてもらった大判のチョコレートは、120人程の子供達が皆、口々に「わ~い、大きいのをもらった~~」と大喜びするのを見て、私達も大満足でした。
右写真は昨年は仮装しなかったクリスティーナですが、今年はボーイフレンドの身体障害の弟の付き添いとして、大昔のバレーリサイタルで着たティュティュをひっばりだして着、ボーイフレンドのカルロスはロックンローラー(これにギター風船をかかえ)、弟のアンソニーはカリブ海の海賊でした。
我が家のボーイズは仮装しないといっていたのに、にわかに頭を紫のスプレーをかけて、ラップダンサーのような格好をしていました。
ともかく雨が降らなくて、良いハロウィンでしたよ。
****「風が見える時」に”ハロウィン‐人間模様”を更新致しました。www.windofflorida.blogspot.com/宜しくご愛読下さいませ。

10/28/2007

迷惑虫


いつまでこの共同生活を続けていかれるものやら、、、。
2度目の子育てもあとひとふんばりと言う状態なのですけれどね。
最近の私の体の不調が膠原病であるらしいと判明。アレルギー体質性のリウマチ関節炎です。
妙な倦怠感や発疹もそのせいで、最近では指の先があちゃこちゃと向きを変えつつあります。回復治療というものが無い病気なので、今後どうやってうまくそれと相まってこの迷惑虫との共同生活をしていくかが私の課題のようです。
膠原病というのは女性20代~50代に発生するらしいと聞き、あらっ、じゃァ私はもう直ぐ60という事は体が若いということネ、な~んて、実のところはもう随分昔から少しずつ進行してきているらしい。ま、スロー進行なので、まだまだ充分通常生活には不都合をきたさないのではと、これまた楽観しておりますゾ。

昨夜のバミツバ(ユダヤ教男子14才成人式)のパーティーで お土産にTシャツを3枚、他キャンデーなんどいただいてご機嫌なシャーンです。今週末はディビッドだけがママの家にお泊りで、クリステーナは遠征大会旅行と、3人がバラバラ生活です。それぞれの好みで、だんだんにこの3人バラバラ週末が多くなってきましたし、もう私が宿題やプロジェクトを一緒にやる事も稀になってきています。

今週のディビッドのプロジェクト作りは各自が葬儀案内書を造るというもので、小高学年生に人との別れに合うことを考えてみるというものらしい。架空人物の葬儀案内なわけですので、デビッドが選んだのは漫画のキャラクターである、スポンジボブでした。ふざけているとお思いになるかもしれませんが、現実の人間や家族を取り上げる訳にはいきません。辛すぎますしね。それでは逆効果の教育になりかねませんから。特にディビッドもその一人ですが祖父母に育てられている子達には深刻にならずに実状を受け止められるようにとの事なのです。新聞でこの欄を研究したあと、故人を追悼する文面を考えるわけですが、ディビッドの書いた物はそのキャラクターの生活状態を記した物を過去形しただけで、やはりあまり実感のあるものではありませんでした。クラスで話し合いをした時にもっと身近に自分の生活と合わせて考えるのではないものかと思われますが。

10/26/2007

もうすぐまた


昨日10年生(高2)クリスティーナは2学期末試験終了後、吹奏バンド&カラーガード全高校大会にジョージア州アトランタへ5泊の遠征旅行に出かけています。
彼女は16才の誕生日を最終大会日として他州で迎えるわけで、家族と祝えないのを少なからず残念に思っているようです。それだけに良い成績を収めて帰宅してもらいたいものだと願う私達です。

ホリデーシーズンに入る11月と12月の2ヶ月間は勤務先のドラッグストアでは定休日以外でのヴァケーション休暇禁止期間です。それまでにヴァケーション休暇を執ってしまわなければ、来年度に継続することは出来ず、せっかくの有給休暇を放棄する事となります。
私も残る休暇を執るべくリクエストをしてあり、その許可も得ていた今週でしたが、またまた人事に不祥事が起き、私の休暇は特別に11月半ばに延ばしてくれないかとの要請がありました。
夫も同時に休暇を合わせて取ってあったのですですが、二人で出かけるのはこの次でも別にかまわないとの夫の同意もあり、承諾しました。
それと今までの日~水曜日勤務をセール及び棚セットにマネージャーアシスタントが必要なので月~木曜日勤務にしてもらいたいとのことで、金~日曜の3日間が定休日となりました。 (こんな良い週末休みがとれるとは、、と羨ましがる声もあがっているのですが)
会社運営システムが向上に向かうのと、販売力が強化と共に、何故か雇用人の不祥事発覚も何件か後をたたないには何故なのでしょうね。

****お知らせー「風が見える時」http://www.windofflorida.blogspot.com/に”軽くお喋り14‐水”を更新致しましたので宜しくご愛読下さい。

10/21/2007

負けず嫌い

最近孫シャーンが昔ながらの遊び、ヨーヨーにこっています。
大会出場経験のあるクラスメートから初めて基本的トリックを教えてもらったら、今はすっかりはまってしまったものかネットでもトリックを研究して、先日おこずかい40ドルをはたいて大会用ヨーヨーを購入したようです。(別に大会に出場希望ではありませんが)そのお手並みを見てあげて下さい。

これを見て、負けず嫌いの弟ディビッドも少々やりだしたのですが、今度はシャーンがまだ学んでいないチェスをやるのだと、私にチェスボードをかってきてもらえないかと言います。
このように二人は日常でもいつも何やら張り合っていて、可笑しいですけれどね。
学業でも、スポーツでも孫3人とも負けず嫌い、且つ負け下手でして、これはやはり両親の愛情を身近に感じないできた彼等の生い立ちの現れのような気もします。(何かで負けるとその落ち込みは深刻なもののようです。哀しいかなそれは私の血をひいてしまったものかナ、、、)

10/18/2007

力持ち



私はこの年で、勤務先のドラッグストアでは力持ちとされているのですよ。

お店では接客整頓が主流の仕事ですから頭脳の力はあまり必要にされておらず、もっぱら体力が物をいいます。
週の1日は主に購買力向上の品設定を行い、1日は仕入れセンターから運ばれてきた品を店頭にならべます。その日は私は大抵200人の接客をレジスターで行いながら、この写真にあるような箱に詰められた品を約25~30箱をかたずけます。空箱を重ねると私の身長を裕に超える数です。(これを床においたままで男性の運搬ヘルプを待つのはじれったくて、つい、ウンショコラとばかりに押して、倉庫までもっていくのですが、チビの私は先が見えないので、追突事故を起こさないようにソロソロとやるのですよ)
1日は支店長、主任長と店全体の本社設定企画意外の支店特別セールを考え設定します。
又、1日はタバコ類のカウントと棚詰めをします。
あちこち歩き回ったり、台や梯子を昇ったり、下りたりの品設定が一番大変です。
この年で、このような体力労働をするとは数年前には考えにも及ばなかった私ですが、今やこれがあるからやっと体を動かしていられるような気がしてきました。
(これだけ大汗かいて仕事しているのに体重が減らないのは何故??)


今月の新製品はこのお人形です。これはTY社のウェブドールでコレクター用のTYマークに秘密のコードが書き込まれていて、コンピューターにコードを入れるとこのお人形のファションやハウスゲームを楽しめるというものです。
今年はこの手のコンピューターゲーム人形が多いですね。
先月はウェブキンという動物縫いぐるみPCゲームが発売されましたがあまり人気は無かったかもです。
少しずつ体調が良い時にはこの体力労働がちょっぴり楽しい私です。
でもいつまで続ける事ができるかなァ。体が疲れてきているのも確かなのです。

10/11/2007

鑑賞の秋?


少しばかり体調低下でして、毎日を投薬と気力で過ごす日が最近多くなってきていますが、子供達の世話に左程手がかからなくなってきている事で随分楽になってきています。
小5、中2、高2の3人は今のところずっと優秀生賞リストから外れる事なく順調です。3人共にあちこちの学校から勧誘メールが来ています。
高2のクリスティーナには英国の2008年夏の親善学生としての招待状が来ましたが、何やら彼女はあまり乗り気ではありません。

さて、今日は鑑賞の秋という事で、書こうと思うのですが、何せ四季感のないこのフロリダのこと、ちょっとピントきませんが、、、。
レンタルで映画「パフューム(香水)」をみました。http://www.perfumemovie.com/ 
時代背景が古いヨーロッパなのが少し殺人ミステリー話としては興味深く官能出来たのですが、後半の超人秘話が少し突拍子も無くて、とてもがっかりしてしまいました。
日本のTVスペシャル番組を取り上げるとしますと、8月のでは「はだしのゲン」。やはり広島の被爆終戦ストーリーはこの世が続く限り、その悲惨さを話し続けて欲しいもの。
日本人である前に、このアメリカの地でそれを見るのは、多分日本人の視聴者が感ずるまた別の感慨にふける思いもあります。
先月では黒澤明夫妻の作品「生きる」。これはストーリーとしては極々単純な人間性が描かれていて、葬儀の場での回りの人々の主役に個々を見合わせて話し合うシーンがリアルで、人間の在り方がよく演出されていて興味深いものでした。
日本の単行本も2,3冊読んだのですが、主に健康・精神維持のノウハウ本ですので、読書感は特に記するほどのものでもありません。

今月の末はクリスティーナの16才の誕生日なので、彼女はスウィートシックステーンのパーティーをしたかったようですが、幸か不幸か部活カラーガードの遠征大会旅行で一週間ジョージア州にでかけなければならないのです。
裕福なお宅でしたらそれこそレストランやホテル貸しきりでリムジン送迎のタキシードにガウンという豪華絢爛なパーティーを催すのですが、(特にこの米東海岸は昔からのしきたりや保守的な行事も侭多いのです)
裕福でなくても人種的行事というのもあって、ラテン系の15才の女の子はキンセという、やはり何万ドルもかけてのお披露目会のようなパーティーを開きますし、13才のユダヤ人種は男の子のバミツバというパーティーがあります。(ユダヤ14才の女の子もバミッツバを祝って盛大なパーティーを開きます)
今年も彼女のカラーガード大会に何千ドルもの支出があるので、スウィートシックステーンのパーティーなど私達にはとても無理の相談ですョ。
なにか特別な夕食会でも開くとしても、小規模でガマン、ガマン。ね。

10/06/2007

10月になってしまった


もう、皆さんにはとっくに忘れられた存在になってしまった事でしょう。思いっきりブログ休みをしてしまいました。

私の生活にはそれ程の変化もニュース的情報もないままに、毎日が過ぎていっているようです。
今年もブログ3回目のハロウィーンの時期となり、また昨年、一昨年と同じような写真であります。 クッキーが嫌々ながらもこのハロウィーン写真を撮らせてくれたのですが、今年はカメニャンは絶対拒否なのだそうで、あきらめざる得ませんでした。老犬ロキシー、今月で16才、が寝込んでいるのか、まだ息はしているのか、と毎日点検をするという事意外では、至極平常生活を送っております。
クッキーが犬には珍しい猫座りをしたのをいつもシャッターチャンスをねらっているのですが、未だ巧く撮ることが出来ません。
この画像も猫座りから立ち上がろうとしているところです。 (でも前足はまだ内折になってますネ)