2/28/2010

好天気日曜日と冬季オリンピック閉幕

終わりましたですね。冬季オリンピック。
ここの人達には一番の皆の目玉ゲームのアイスホッケー、カナダVsUSAが女子、男子共にカナダが金、USAが銀と云う事で終了しましたが、この男子アイスホッケーのゲームがドキドキものでした。 我が家の右お隣さんはカナダの方達なので、沢山のカナダ人友人家族が集まって大声援をあげていました。
Glitter Graphics | http://www.graphicsgrotto.com日本の選手達の様子がTVで観る事ができないので、私がほんの時々TVでUSAを見るのみで、でも、今日は問題の男子アイスホッケー決戦はずっとTVの前に陣取って(言い方が古いね)観ましたよ。


オリンピックの期間と同時にというと可笑しいのですけれど、少々勤務先でゴタゴタがあって、くだらない子供のような嫉妬心から私に嫌がらせをしていた女性がその嫌がらせが暴露されて、地区長の耳にも入ることなりました。
私自身は受け流していたのですけれど、兼ねてから私をマイアミ支店の地区長の店舗に要請されていたので、またまたこの機会にそちらに移転して欲しいとの依頼を受けることになり、支店長としては私の勤務日誌をセールの参考にしている事もあり、他店に日誌を書き続けることにはどうしても抵抗があるのでしょうし、私としてはこの今の店舗が最終勤務先と心していますし、それに何時でも気軽に退社できる状態でいたいと思っていますから、今以上の責任勤務を持たされるのは私の意に反しますしね。
今現在はまだ20代、30代の仲間よりは体力も知力もありますが、これがいつプツン状態になるかは保証ナシですから。
また低温度の好天気状態体温の調整が困難なフロレディアンは体調を崩している人達が増えてこそ、減る状態ではありません。
今日などは、青空に雲1つない、キラキラまぶしい晴れで、風が冷たいけれど、汗をかくことも無い、この天候を私はとても気に入って鼻歌ルンルンの日曜日でした。

2/15/2010

冬季オリンピック

始まりましたですね、冬季オリンピック。
この地に何十年住んでいても、やはり私が応援したいのは日本です。
毎日少しはテレビで競技を観戦するのですが、やはり日本中心の放送で無いので、ちょっぴりつまらない気がしないでもありません。
その分はインターネットで成績を追ってみたりしています。
パナソニックのグローバルソング、良かったですね。


今日はこちらは大統領の日の祭日で子供達は3連休なのです。
私は今週は次の復活祭の棚設置で忙しく昨日日曜日から木曜日までの連続出勤となりました。
でも、恒例の年中行事棚設置は私には楽しいホリデーグッズの品調べも出来て、結構楽しいですよ。あァ、今年も1つのホリデーが過ぎ、また次のホリデーと、月日がサーッと過ぎていく気配です。

2/08/2010

ヘマな私


もう、おかし~の、なんのってェ~!(で、なんなの?)
定休日の月曜日は夫や子供達が登校の後、ブログを書いたり、メールを調べたり、書き物の下調べをしたり、家事の合い間合い間にアレコレするのがわたしの一日の過ごし方なのですが、PCの前に座っている私の鼻に爽やかな良い香りが家中に流れてくるのに気がつき、おや?今日の好天気にお花好きなお隣の庭に咲いたお花の香りが台所の開け放した窓からでも漂ってきているのかしら、っと腰を上げて窓をのぞきに、、。
オ~ッ!するとドウダ。(どうなんだ?)
実は昨年から商品の調査や仕事の報告やらを知らせるブログを支店長連に頼まれて仕事・生活日誌を掲載しているので、今回はグリーン製品を試してみようと前回に洗濯石鹸パウダーと食器洗い機パウダーをやったので、今回は液体をと思い、やってみたのでした。
その液体が手洗いの食器用とは寸分にも考えず、食器洗い機にドバーと入れたわけです。
で、それが、この有様。(当たり前の結果です)
あ~、なんと馬鹿な私。愚か者でアリマス。(ホント、ホント)
一目見て、大笑い!
お陰で、台所のタイル床の掃除はこれで、済ませることが出来ました。(負け惜しみの言葉)
あまりのヘマの可笑しさで、これは書かねば成らぬとばかりに、笑いながらその仕事ブログの方にも掲載し終わったところです。(支店長達も呆れて大笑いしてるかも)

2/07/2010

シンフォニー

昨夜孫シャーンが高校で中学校オーケストラ音楽部との3校合同コンサートがあり、出かけてきました。
彼はこのオーケストラ部、シンフォニック・ウィンズ(調べの風)に入って、3日の練習でトップ管弦楽者として左前に位置しており、私はババ馬鹿で、彼の演奏に胸が熱くなりました。
いつも「気楽に、構うでないぞ。ひかえておりゃれ」と師に就いて学び事の多い我が家のヒメとはまるで性格が似ていないシャーンはピアノ、ギターそしてこのトランペットも全部自分でインターネットの譜面を学びながら会得したという地道人間です。
マーチングバンドでも活躍していますが、彼にはシーフォニーの方が合っているかもしれません。
けして運動が不得意ではなくて、走るのもクラスでトップですし、学業も4.4GPAという州でもトップクラスの成績ですから、少し引っ込み思案気味なところがある以外では理想の息子(孫息子)と思わねばなりません。
今日はシャーンの事を思いっきりババ馬鹿でお知らせしました。
中学生のデービットも今学期をオールAでクリア(4.0GPA 中学生は4.0が最高点)
心配は最近どんどん親元から離れていくクリステーナ、「良きに計らえ!」ったって、最後の成績表はついに私達には公表せず、多分4.0GPAはずっときってしまっているのでしょう。
大学進学はだいじょうぶなんか?ヒメ当人は「ちっとも心配なくってヨ、そう騒ぐでない」とはいっておりますが、、。そのウソ本当ゥ?でアリマス。

2/01/2010

雨の二月の月曜日

はやッ!といってばかりの私のカレンダー、今年もめくる事に、、もう2月になりましたですね。
今朝は雨天で、暗い月曜日です。
こういう天候日には、頭痛や神経痛やらが「ヤレ、我が意を得たり、ホイ出番ですかァ~」とばかりに出現するので要注意なのであります。
先日の孫娘のガードパフォーマンスをアップしようと思ったのですが、最初の部分に私が咳き込んでしまい、カメラの揺れとゲホゲホが音声に入っていてとてもお見せできる状態ではありません。それに春の全国大会まではヴィデオ掲載ご法度ですから、(他校の研究材料になってしまうのを防ぐ為)真ん中のパートだけ「ちょっとだけよ」ってな感じでアップします。真ん中でクルクル廻ってるのが孫娘のKristinaです。(もう一部の方にはお解かりでしょうけれど)

高校でのワールドガードのパフォーマンスはどれも、歴史的、文化、政治弾圧、世界平和等々、踊りや動きでそれを表現し、見る人に感動を与える為の物で在らねばならず、その衣装や化粧にも点数が競われ、敷物のデザインにも、それを床に敷いたり、取り除いたりする時間にも厳しい点数があるのですよ。
個人でバトンをやっていた頃は、体型、技術やマナー、会話で美形である事や美しさが本来のテーマであったのが、ガードではチームで如何に訴える事が出来るかというのがメインなので、化粧や衣装は往々に鋭く、時には戦場の人間であったりするわけで、政治に目覚める時期のこの年令としてはKristinaには美人コンテストには心をあまり動かせなくなっていたのも彼女がガードにドップリとつかった理由であったように私には思えます。

15才になったShaunはオンラインで仮免を取る手続きを始めました。
来年12月の誕生日を過ぎたら翌年には免許を取るつもりらしい。でも、親達に中古車でも買い与える能力があるとは思えないのですけれど、、、。どうなります事やら。