10/31/2010

ハロウィン

子供達お待ちかねちかねのハロウィンです。
我が家の子供達は仮装してトリック・オア・トリートに出るには大きくなってしまって、しかもKristinaはお友達の小さいお子さんをベビーシッターしながら連れ歩くそうで家に寄ると電話がありましたが、Shaunは明日夕方までマーチンバンド遠征大会から戻りませんし、唯一中学生のDavidは近所のガールフレンドのカメラマンとしてさっさと外へ出かけていきました。
と、もう一人、家にには大きな4人目の子供がいるのを忘れてましたッ。
41才の息子Johnnie-ヤツが、凄い仮装でジャジャーン、と私達の前に現れました!
な、なんなのっ?え?へ~っ、フランケンラビットねェ。
怖い映画の中に出てくるキャラクターなんですって。それにしても、何もしないで外に座っていたって汗が吹き出るこの地で、毛ぐるみにマスクはさぞかし暑苦しいでしょうに。当人は張り切っています。
子供達はもう大きくなってきたのですけれど、彼らのダディがその代わりずっと成長がないのであります。(数日前から用意していたキャンデーを毎日盗み食いをしてるのも彼。)
やはり、最初に来たちっちゃなバレリーナちゃんはパパの腕のなかにいても怖いウサギの姿には危うく泣き出しそうになりました。(付き添いの大人達やティーンには大受けしているけれど、、)
体調が良好とは云えない夫Donにしても、昨日は家の天窓外燈を久しぶりに取り付け換えをしたり、今日は平年同様フールの帽子を被って、キャンデー配りをしています。(ここ数年は「これが最後のハロウィンかもしれない」と云いつつ)
明日から夫も私も出勤です。
次の家族年中行事は感謝祭です。

10/28/2010

秋、ネットをとおしての生活

今日28日は最寄大学で寮生活に入ったKristinaの誕生日で、初めて家でバースデーケーキを用意しない彼女は19才。
私達夫婦は一昨日彼女と供に選挙早期投票に出掛けてきましたので、その際に小さなプレゼントを渡してありますが、ダディと二人の弟はネットのフェイスブックを通してHappy Birthday!と対話したようです。

時代に沿って、お互いの伝達方も今やその形が変わってきています。
最近インターネット網がより開発を重ねて良くなってきているのが感じられます。
が、それにつれての犯罪も種々多発しているようですよ。
私の携帯使用料金に私が使用していない金額が請求されていましたし、先日には学校や勤務先にはネットで脅しメールがはいったとかで警備閉校閉店日がありました。
投薬オーダーや銀行支払いやその他買い物やらももネットで成される現在生活内では、家族各自がPCを通しての問題や不都合が起きたりしないよう細心の注意する必要があるようです。

今日午後にはShaunがマーチング演奏全米大会でお隣の州、ジョージアに3泊の遠征旅行に出掛けます。
彼は来月からはフレンチホルンの演奏者に抜擢されたとかで、張り切っています。
来年度は全米が盛り上がって注目の年賀第一行事でニューヨークで行なわれるメーシー・パレードの出演も決まったそうです。
12年間も頑張ってバトンやダンスに関わってきたKristinaに代わって、今度はShaunがテレビやヴィデオに登場する番となり今まで目立つことのなかった彼はちょっと誇らしげです。

10/24/2010

再び休暇中

5日間以上は来年度には持ち越せないヴァケーション日を、忙しくなるホリデーの前に使い切るべく、今週は再び休暇中であります。
定常社則には10月後半から年末までは休暇禁止期間のブラックアウト時期なのですが、特別許可が出ましたので、現在は家でノホホンを決め込んでいます。
忙しく走り回っている夫も、ついに観念の動脈整通手術を先週末に受ける予定が、手術日の検査で手術を受けられる体調にならずキャンセルされ、彼も勤務休暇の一週間となり、今週末には体調が持ち越して手術を受けられるかも、との事。
が、私達の生活はいつもどおりの日々の暮らしといった具合なのです。

10年生のShaunの週末は相変わらずマーチングバンドの演奏大会で、大会に付き添わない親御さん達も週末はそれ向けての練習時刻にお弁当を届けたり、やはりスケジュールに追われての生活で、私に出来る事もそれくらいの事ですが、考えると、Kristinaが部員であった頃は私の生活スケジュールもそれに合わされて全てが回っていたようで、今の方がずっと手抜きぎみで、Shaunにはちょっと申し訳ない気持ちがあります。

8年生のDavidは、これですっかり大きくなってしまっての事なのか、一緒に買い物に出掛けても、何も欲しがらなくなって、ちょっと寂しい限りです。
3人の孫がそれぞれに大人に近くなってきて、ママを恋しがらないというか、家族の繋がりをそれほどにも気にかけなくなってしまった時期になったという感じですね。

今朝も早起きさせられたカメニャンがプールの水を飲んでいるのが見えました。
2種類の餌と水がいつも台所の所定の場所においてあるのに、ニャンとはその日その気分で行動をしますものね。

10/21/2010

私の映画三昧

2010年東映映画今度は愛妻家を観ました。
ストーリーの後半で真意内容が明らかになる、それは数年前のTV番組にあった「優しい時間」の死者との対話設定に類似したものがある作品でした。
どの役者さんも本当に芸達者そのもののという感じの作品で、特にゲイ人間を演じた石橋蓮司氏の演技には目を見張るものがありました。
私にはこのお話が、ある種の夫婦愛の形というより、命とそれぞれの人間との関わりを語ったものであるとの印象の方が強かったように思います。

吉永小百合主演の松竹映画おとうとを観ました。
永遠に美人女優を誇る姉役の彼女に、こてこての関西語で弟役を演じる釣瓶氏がその不釣合いの血の繋がり関係をオーバーに表現した趣旨は理解できましたが、やはり何だか変だという違和感は脱ぎ去ることは出来ませんでした。
とあれ、その演技には心奪われるものがありました。
ほんの一部とはいえ映画の中で知るボランティア福祉活動団体ホスピスを見て、何だか心からの安堵感を覚えた私でした。

北海道警シリーズの東映映画笑う警官を見終え、懐かしい故郷の背景を踏まえての政略陰謀が絡むスリリングなお話筋を充分に楽しむことが出来ました。
札幌や殆どの市町村では標準語が話されているので、この映画の殆どに場面に大した違和感はなかったのですけれど、やはりちょっと、本当に少々ではありますけれど、「少し、全体的に何かが違うかも」と感じたのは、私自身が故郷を離れて在米生活が長くなってしまったからなのでしょう。

ネットで邦画番組等を見ることが容易になった現在、家に居ながらして日本の様子を楽しみ、人気番組や生活状況を目の当りにできるのが何とも嬉しく、楽しい勤務定休日の私生活です。
さて、次はどんなお話を楽しもうかしらん。

10/19/2010

久しぶりの写真

フラッシュをたかないのなら写真撮ってもいいよ、とやっとお許しが出たので久しぶりにカメニャンを撮りました。早朝5時半の暗闇では加工しても色がおかしいけれど仕方ないか。
ついでにクッキーもパチッ。あれっ、この顔亡犬ロキシーにそっくり。
そうそう、先日Davidが私に自作の写真をメールしてくれたのでついでにっと。
もうすぐハロウィーン、今週中にキャンディを買ってこなくっちゃなりません。勤務先から安くわけてもらえるので我が家のトッリック・オア・トリーター達には評判が良いキャンディがそろっているというわけです。年に一度の事ですしね、少しは気前も良くしなくっちゃと思っての事でもあります。



10/16/2010

秋と私とカメニャン

今朝も老猫カメニャンに騒ぎ立てられて早起きをし、餌や水の取替えをしてから台所のかたずけなどを済ませた。
猫の体内時計での行動なので、早朝出勤の理由で4時起きをした昨日は声も小さく私の姿を見て少し戸惑いがちだったのとは大違いで、今朝の5時半のニャオ~ゥは叫びに近い不満声であった。
60代の私さえ、遺伝性の種々の体の不都合も加齢と供に表面化しては、あちらこちらに不自由な支障をきたしているのだから、猫年令にして100才は過ぎているカメニャンにとっての毎日はどんなにか困難なものがあるに違いないと察している。
産まれてからずっと母親代わりをしてきた孫達の成長が自分の身の回りの世話や登校仕度等も自分達でやるようになってきて、もう幼少の頃には手がかからなくなっている。
が、それでも私が彼等を登校時に見送ることに安心感を感じているものか、彼らはこの老猫の行動で私が接する朝の時間が出来たことを好ましく思っているらしい。
実母との関わりが人並みのものとは云えない彼等にとって、動物好きの私達夫婦の愛情を分けて暮らす事が少なからず何らかの影響を及ぼしているのだろう、孫3人が3様に特別に動物好きというわけではないどこか醒めたところが根底にあるように感じている。
思うに、強い絆を持ち何かを心から愛でると言う感覚に欠如しているのかもしれない。
Glitter Graphics | http://www.graphicsgrotto.com

Glitter Graphics | http://www.graphicsgrotto.com朝は涼しくて、とてもすがすがしい今のフロリダ、もうすぐ観光ベストシーズンの好天気に心の雲も流れ去る秋の気配に身を置く今日この頃だ。
店内にクリスマスデコレーションや縫いぐるみを飾りつけた。
昨年には感じられなかった膝の痛みが梯子の昇り降りに増して、この分では来年のクリスマスの飾りつけは無理かもしれないなァなどと考えたりした。
ともあれ今年も沢山の可愛らしい縫いぐるみの勢ぞろいに満足の私、体はどうあれ、心は未だ成長が無いので幼いネェ。

10/09/2010

美術の秋?

今朝は晴天秋空、空気がすがすがしい。
こういう平穏溢れる土曜の朝は、少しばかり得をした気分になるのは私だけかもしれませんけれど。
8年生のDavidは最近以前から比べると小食になり、ファッションにもうるさくなってくるテーンェジャーに成長し、彼のジーンズを買いに出掛ける催促がありました。
その彼のお気に入りスタイルのジーンズはモールの中のブランド店のもの。
最近私と行動を供にする機会が少し増えたせいか、エクボも同じで私に似ている顔をしていると人々に云われてちょっと迷惑気味の当人です。

友人から「これ、面白い」とメールにアタッチされていた写真です。
催し会場や公園に設置される屋外トイレのアート。
こういうのって、楽しいですよね。


どれもちょっとは目に臭い消しとなる感じ?

10/05/2010

休日明け

さてと、今朝から12日間ぶりに出勤です。 気を引き締めて、体調に万全をつくしていかねばと叱咤激励、自身に言い聞かせてっと。
昨夜は重苦しくなってきていた頭髪をまたバサバサと自分でやってみて、う~ん、ちょっと短く切りすぎたかも?ま、いいかっ、てな具合です。
Davidを連れて、検眼にもいってきました。目の方は髪と違って、自分で調整出来ないのが不便といえば、不便ですが、この年令でのレーシックは右目網膜離脱の欠損では無理と考え、相変わらず日替わりのコンタクトレンズです。
コンタクトを常用しているとは知らない人々に「貴女は凄く目が良いのですねェ、こんな小さなものも、誰より見えるんだから」といつも驚かれていますデス。へへッ。
お話変わって、先日「ヘキサゴンII」をネットで見ていたら、とても興味深い事を見せていました。
『頭を空にしてぽけ~っとしている方が考える努力をしている人より脳の伝達が早く反射行動を起こす結果を生む』というものです。
早押しテストの実験結果でも“心その場にあらずおバカ組”が“ここが真剣勝負時、負けてなるものか組”より俄然有利勝ちでした。
お気楽・能天気人間がポジテブ・プラス思考であり、真剣・真面目考えすぎ人間には得てしてネガテブ・マイナス思考で或るのはこの脳伝達システムからきているのでしょう。真面目人間が全てに優秀なわけではない証明であり、不満性格人間の行動が鈍いというのもこういったところからきているのでしょうか。
そういえば、私もこの頃は「そんなに不満言うよりは、自分で良い行動を起こして示すのが先だろうが」と思うことが多いですもん。
人間の脳とは何と不思議なのでしょうね。
人間の生活上では考え時と、行動時を旨く使い分ける必要があるようです。
カメにゃん、私を探さないで、ゆっくりお休み、ね。
では、行ってきま~す。

10/03/2010

2010フラナガン高校主催マーチングバンド大会

昨日一日フラナガン高校が主催のマーチングバンド地区大会があり、大会最終に演じられるフォルコン・サウンドの演奏を聴きに行ってきました。
マルホーンを演奏するシャーンに姿は見学席からは遠すぎて見出す事が出来ませんでしたが、サポーターの方がYou Tubeにアップして下さったのを観ながら、シャーン当人にどれなのかを示してもらいました。

私はShaun演奏時間前2時間程の数校の演奏を見学したのみですが、当人は朝7時から練習に継ぐ練習で、大会終了午後9時から反省会と整備を終えて帰宅したのは午前1時でした。
彼は今日はぐったりの疲れ顔です。
今年はKristinaがガードダンサーを卒業していて総合部活活動として一緒に参加していなのがしい彼の今年度最初の主催大会でしたが、演奏高校13校の演奏部員が各校が100~250人がバス数台で参加しており、加えそれら全校の父兄家族観覧者が数千人が応援にかけつけていて、専門DJや放送関係者も集まる大盛況な大会でした。
晴天にも恵まれた良い大会でした。

10/02/2010

今日土曜日晴れ

ヴァケーション中だというのに、毎朝老猫カメに5時半には必ず起こされ、この期間はアワヨクバ朝寝坊をと決め込んでいたのが実行不可で、今朝も早起きです。(ア~ク~ビ~、ふぁ~~の私)
昔は可愛らしいミーミー声のカメの今は明らかに「ニャオ~~ッ!!起きろッ~!!!」と不満声を連続発声なのでアリマス。
水も餌もちゃんと台所の所定の場所にあるのに、私を階下に越させて、いつも側にいて欲しいらしく、私が場所を動くたびに目で私を追います。
爪とぎはもうしなくなって、長い爪が色々なものにひっかかりますし、床から椅子の高さでもジャンプするのに大変になってきているのに、毎朝15段の階段をトコトコと昇ってきては私の寝室前でニャオ~~ッを連発するのです。
時には「はいたァ~~、いいのオ~~」「シーシー漏らしたァ~~」「クッキーが私の餌食べちゃったァ~~」などなど、その度に知らせにやって来たりします。
不憫です。

昨日、料理や家事に無頓着な私は夫に云われて、渋々ヨイコラショと重い体を動かし、台所用品(鍋釜)を見に最寄のモール内にあるMacy に行ってきました。
夫が印をつけて購入依頼の品は12点セットのポット&パンで、中鍋一つでも重いの何のって、購入しても自分でそれらを車に運べないだろうと「こんな重いのは独りで無理だってバ」とTel。
今日は夫が一緒に行ってくれるそうな。鍋釜を欲しがるというのはこの国では料理人か女ばかりではないのデアリマス。
そのPembroke Lake Mall Macyデパートでは一部東側店舗に女性用商品、化粧、バック、飾りアクセサリーや宝石類が点列されていて、2部西北店舗は男性用洋服商品、寝具、陶器、料理台所用品が売られているのです。
やはり、男性にそれら日常生活品の購買力視点があるという事なのかしらね。

昨日は何も買いませんでしたが、Macyの店内のクリスマス飾り用品がとても綺麗でした。やはりデパートとドラッグストア日用品雑貨店とでは品も飾りも大いに違っていて、目の保養になりました。(これらのキラキラしたものや、子供用品も女性店舗側に置かれています。)

さて、残り3日のヴァケーション、何をしようか。
ものぐさの私は只考えるだけ。