6/29/2012

新しいマイアミ都市伝説

私の体内時計では朝7時~7時半が起床時間にセットされていると思われるのですが、カメニャンのとは生憎と2時間ほど時差があって、今朝も5時起きを強要されています。 好天気を予測されそうな、朝の光がフレンチドアの向こう裏庭の木々の合間から見られるこの時間は、私に何とも云えない心地良さを与えてくれます 雨降り日が続いての、湿りきった憂鬱な気分が飛んでいってくれるのを期待する朝です。 網膜手術後の視力回復により、近久眼鏡の度合いを調整に行かなければ、未だ片目ウィンクでの視力調整をしていて、どうもあずましくない。
これからはもうコンタクトレンズはしない生活をしようかと思っています。 視力回復が脳神経にも回復をもたらしているのが、この頃はよく感じられます。

お話がらりとかわりますけれど、最近のニュースから。

先月マイアミ市内で世界中を驚きと恐怖におとしめた事件が起き、その事件の真相解明を急がれているというお話をします。それはあるマイアミ在住の青年が日中にもかかわらずストリート住人浮浪者の顔面を獣のように食いちぎり、周りの警備員、警官の警告にも動じない猛襲撃を続行したために、やむなくその場で射殺されたというものです。被害者の浮浪者は命は取り留めたものの、顔面を喪失し、今現在も州病院で保護治療がなされています。その犯人は当日の午前中は妹の家に遊びに出かけたり、ガールフレンドと会う約束までしていたらしく、日頃はどちらかといえば温厚な性格だったらしく、家族にとっても何とも不可解な事件を起こしたわけで、多分麻薬か何かかの中毒症状で狂気に走ったのだろうというのが皆の推理でした。
ところが、事件から数週間の真相追求では、彼の体内にはそれほどの被害を及ぼす事に無いといったほどの数値のマリワナが検出されたのみで、その他の薬物反応は全く無かったのです。それと、家族にあってから、事件のあった街中の駐車場屋上に現れるまでの事件前の数時間の彼の行方が全く不明なのです。何というミステリアスなこと!
今朝もローカルニュースで顔面喪失(目、鼻、口の見分けがまるで無い)浮浪者が医師の誘導で手術室に歩いている姿が放映されていましたが、何ナノかなぁ~。コレって。
ある一部の人達の間で、これは宗教的オカルトに関係があるなどと、まことしやかに話されていて、フロリダ州マイアミの新しい都市伝説となった事件でした。お~、こわっ。

6/27/2012

趣味の小物作り

定期健診の帰りに、リニューアルしたての趣味の店に寄ってきました。
何も目的がなくてウィンドーショッピングをしたのは何ヶ月ぶりでしょう。
紙細工やら、籠類、ドライフラワーにアート作業のセットや材料が広い店内に沢山あって、こんなふうにブラブラとあれこれ見て歩くのは久しぶりの事で、大いに目と心の休養とを持ちました。
可愛い小物や、色とりどりの品にすっかり時間を忘れる思いでしたが、何故かもうクラフト作りにはあまり興味がわきません。今はもっぱら見て楽しむといっただけに留まります。
ビーズ、T-シャツつくり、ケーキデコレーション、フライダル小物つくり、髪飾り、縫いぐるみ、など等、過去におびただしい種類のクラフトを手がけてきましたが、本来は不器用な上に飽き性とあって、どれも大してモノにはならず、回りの人たちへの小さなプレゼントとして、その創作品は終わりをつげたものばかりです。
子供達がまだ小さいころだと、彼らと一緒に工作する感覚で、趣味のもの作りを楽しんだのでしょうけれど、今の私は忍耐力も気力もめっきり弱いわけで。で、今は他のタレントのある方々の作品を鑑賞するのが私の大きな楽しみとなっています。

定期健診の結果ですか?快調です。肺の炎症がクリアして息が楽に体内に行き渡るのが実感します。

6/25/2012

雨降り時の過ごし方

予想通りの雨天不況であった学生勧誘会場を早めに切り上げた夫は、気分転換にと、雨天にも関わらず、パテイオで今日はまたバーべキュー料理です。
今までの中では、美味しさに於いては最高のシシカバブが焼きあがり、家人全員が大満足の夕食を楽しむことが出来ました。
生魚や豚肉、BBQソースのついた肉は食べないカメニャンは生の牛肉が好きで、あまり生物を食べさせるのはいけないと思うのですけれど、新鮮な特注ステーキであったので少し食べさせてあげたので、猫も含めての満足夕食であったといえます。笑
お話変わって、こちらの高校生はボランタリー活動、慈善事業参加、社会貢献サービスなどの単位を取らなければ、卒業取得に至らないので、高校生活をあと一年となったシャーンはこの秋には必須の取得活動をしなければなりません。学修単位は昨年に満たててその面では2年の飛び級大学入学も可能なのですが、社会奉仕単位はまだ半分なのです。
また、この単位のポイント遺憾で受ける奨学金にも大差が出てくると云う事で、シャーンにはなんとしても最高単位数を取ってもらわなければなりません。
ネットで検索して、夫の勤務先キャンパス内で大学連携のボランタリー活動に参加すべく手続きをはじめています。「奨学金無しではの貴方の大学生活はあり得ないのですから、頑張って、心してやるのですよ、シャーン。」
こうも雨降りが続くと、アリが家中に入り込んできて、常に掃除が必要な状態です。
家族5人がなにやこれやと、一日中何かを食べ散らかしたり、こぼしたりで、薬を撒いたり、消毒フキンをしても、ほんの数秒間の間に黒やら、赤やらの小さな動くラインとスポットがタイル床や、キチンカウンターに現れます。退治しても、種類が違う、小さなのが次から、次へ、、、ん、も~っ!(彼らにも生命があり、哀れにも感じますが、同じ空間を求めてお互いが共存死活問題です。)

6/23/2012

あれれ~っ、トラブル発生


あれれ~っ。また日常生活並行循環調整なのでしょうか、一難さってまた一難とばかりに、トラブル発生であります。 夏休みに入り、ボーイズの活動にも変化があり、週一の部活活動以外では、だいたいに各友達と行動を共に遊び放題の彼ら。お昼近くに寝室から食事に現れ、午後はたいてい友人宅へでかけ、よる9時までには帰宅して私の作った夕食をするといった毎日です。 昨日もシャーンが親友のジャシュと出かけ、帰宅したその際、生憎の雨天で彼の車が車庫前でハイドロプレーン状態にスリップしてそのままシャッターにドカンッ! 彼の車は中古ではありますけれど、頑丈なマルセデスで、幸いに車にはなんの支障は起きませんでしたが、車庫のドアシャッターは無残な姿になりました。 彼の車保険で修理をする事になりましたが、我が家には大迷惑、彼の父上様には大出費の事態となりました。(哀) それにしてもこう雨ばかりでは交通事故も多発して、どなたも車の運転は更に要注意です。


この雨の週末、夫は明日の日曜午後には最寄のペンブルック・ガーデン・モールで勤務先である州大ブロワード航空課学部勧誘会が催されるとかで、4時間程を模擬店テントにつめるそうです。それぞれの家族も協力参加をしているようで、ニューヨークから戻っている息子はボーイズをランチに連れて行く傍ら、模擬店に顔を出すそうですが、私はちょっと失礼させていただく事にしました。(付き合いの悪いのが私の性分でして、、、。ごめん)




 今朝東日本復興応援歌の「花は咲く」をテレビで放映されているのを改めて見入りました。 まだまだ色々な問題が沢山残っている現在、日本の政治も大荒れのようで、何とも気が滅入ります。せめてこの雨天が沢山の花を咲かせて皆を楽しませてくれる事を祈って止みません。

6/22/2012

優勝と優勝に向けて

 
昨夜のNBAプロ バスケットボールチャンピオンシップでマイアミヒートが優勝に輝き、マイアミ市内は無論のこと、ここ近郊もあちらこちらの街中が大沸きに沸いています。
たいしてパスケットチームのファンではいない我が家も、やはり地元の優勝というのは嬉しいものです。
週末はパレードやら、色々な優勝祝いの催し物で、マイアミは大忙しの事でしょう。
このファイナルゲームでバスケットのシーズンが閉幕し、次はプロアメフトのシーズンに入りますので、アメフトファンの夫はその方にもう気を向けて待ち構えているようです。

私はと言えば、やはり来月のオリンピックが待ちどうしいのですけれどね。
「日本を見切って、日本に貢献したわけでもない、安易に渡米したヤカラが今更何を云うものやら」とお叱りを受けるのかもしれませんが、今の在米生活が生まれ故郷日本の2倍以上にも至っった帰化米人であっても、やはり私は根からの日本人であるのだと自負して止みません。
頑張れ日本!!!なのです。フレ~っ、フレ~っNIPPON!!

体調がすっかり勤務モードから在宅モードに代わったようで、体中の水が引いていく感じで、むくみが無くなり、楽なのですが、今度はそれはそれで、プルーン状態の乾燥を防ぐ必要が出てきたようです。もっとも湿気の多いこの地では、室内のエアコンの喚起を良くしておかなければ、年中を通してエアコンをかけていますし、ゴキブリや害虫も多く、バクテリア菌の発生が凄いので、その方に気を回すのが先のようです。
確かに、亜熱帯地区は暮らしやすく、体にも良いのですが、人間のパラダイスは害虫やばい菌にもパラダイスのようですね。今日はまた雨天候です。

6/19/2012

健康管理

先日ボーイズを検眼に連れて行き、デヴィッドは弱視ながら昨年と変わらず、眼鏡とコンタクトの新調にはいたらなかったのが、シャーンは遺伝性アレルギー体質で右眼中網膜異常がみられるとかで、特注目薬をさして3日後の今日また検眼があります。
問題は、この特注目薬です。親指大の小さな容器に入ったのが、な、なんと、173ドル(約2万円)ですって。薬局の投薬請求書を見て、驚いたしだいです。
私も先々月の治療で使用した際にドクターから「この薬は高価なので、大事にきちんと使用するように」と云われ手渡された記憶がありましたが、保険がカバーするので、その時は値は知りませんでしたが、シャーンのは保険のカバーがありませんので、今知って、ぎょっ!
将来は自分の健康管理を心得ることは基礎の事、健康保険がしっかりされた職業に付きなさいね、シャーン。でなければ、一生涯医療の高額請求書に悩まされること、間違いなしですよ。
今朝はテレビで日本の台風4号の上陸情報が放映されていました。他にも日本全国に多くの台風の影響が起きているようで、また名古屋、東北地区が大変な思いをされているようです。
天災は避けることが出来ないばかりか、それが人災にも及んでくる事が多くて、本当に不安にならざる得ませんね。どうか、被害が最小であります事、願ってやみません。
ありゃ~っ。さて出かけようとしたら、左前輪がパンクで空気漏れのフラットなり~~。
アポを明日に延ばして、夫が帰宅したら、シャーンにタイヤ交換をおしえてもらってっと。
車も健康管理が必要のようです。



6/17/2012

父の日

世のお父様方、父の日おめでとうございます。

Glitter Graphics | http://www.graphicsgrotto.com/

我が家の父の日は、母の日と同じくらいの微妙な一日と云えます。
ボーイズは夫にカードとラッキーバンブーの鉢植えが贈られました。
日頃大真面目でシャイなシャーンのカードは「この特別な日に沢山のお金を送りたいと考えました。」との言葉がカバーで、その中身の言葉が続きますー「モールに行って、一生懸命考えたことを実行しようとしたら、せっかく幸福の泉に投げ込まれたコイン集めを警備員に止められてしまい大金を贈る事を断念せねばなりませんでした。で、父の日おめでとうの言葉だけ」というユーモラスなものでした。

デイヴィッドのは彼らしい「その昔はDVDもゲームもコンピュータも無い時代に生きた偉大なグランダッドの為に今日の特別な日があります。」とあり、そして「だから、神様は僕という楽しいプレゼントをグランダッドに捧げてくれたのです。父の日おめでとう」とこれはまた自我自賛の文面でした。
肝心の息子からは電話一本で「おめでとう」だけ。いつもながら愛想の無い、お世話させ、迷惑掛けられ息子ナリ。今週は何故か4日間連休だそうで、ニューヨークから実家に戻るのが彼の最高の休日の過ごし方らしいですよ。そりゃそうか。食べ放題、寝放題、したい事だけ出来る無料宿舎はそう他にはありませんからね。
母の日には夫が私に特別料理をしてくれるのですが、いつもの彼の日曜料理はしないようで、それに私は特に料理が趣味ではないので(何という言い訳ダ)、今日は普通にチキンパイとサラダ、スープの献立です。

今日はいつもの日曜日と違って、家族で過ごす人達が多いでしょうから、ゴルファーはそんなに出ていないかと思いきや、やはりゴルフ好きは今日こそ良いゴルフ日和なのかもしれませんね。数台のカートが裏、4番ホールを過ぎていきました。お天気で良かったですね。

6/15/2012

アレルギー症状の対象



戦後まもなくの生まれで、食糧難からもやっと逃れ、発育に問題があったものの、押しなべて食べ物に好き嫌いも無く、いたって健康に育ってきた私の体調が成人になって、しかも老年期に入ると、とたんにアレルギー体質になったというのが、何だかとても腑に落ちません。幼少年当時の生活環境上で、アレルギー体質という言葉さえ生まれてはいなかったと思われますが、とにかく、今の私の体調を想像にも及ばなかった事は確かです。
今は朝夕の数種類の抗アレルギー投薬は欠かせな日常に、担当医からは「猫を家で飼っている限りは、貴女のアレルギー体質を回復するには至らないでしょうね。投薬で発作は最小限に出来るでしょうから、くれぐれも毎日の摂取を欠かさないようにしてください。」との事。
動物、魚介食品、マンゴーやナスやらのフルーツや野菜の大好きな物は全部私のアレルギー症状を引き起こす原因のようです。最近はナッツも駄目になりました。 成人してから、その症状を出だしてきたということは、きっと食いしん坊の私が、人の一生で摂取できるものをすでに、いっぺんに体の中に入れてしまっていて、その可能摂取量を超えてしまっているのかもしれませんね。私にはありうる話です。
何でも、適度を超えた、やり過ぎ、取りすぎは体には害でしかありませんね。
でも 先週なども、家族の為に大量の海老を茹でて、シュリンプアルフレドを造った際にに、茹でたての海老の皮をむきながら、「一口だけね」と自分に言い訳をして食べたのが、翌朝にはからだに赤い発疹となって、出ましたし、皮むきで、ちょこっと指を傷つけたところが赤く晴れ上がってしまいました。 カニや海老が大好きな家族の為に一週間に一度はそれらを使っての夕食を作るのですが、むろん私は一緒に食する事はしませんけれど。
ニャンを撫ぜたり、抱いたりの毎日は変えることは出来ませんし、ニャンの方だって、案外と人間にアレルギーなのかもしれませんよね。ここはお互い、愛でたり、愛でだれたりの同居生活を変える事は不可能に近いわけですから。それは家族メンバーにも同じことが云えますね。
勤めに出ていた頃はよく冗談に「実はね、私は仕事にアレルギーらしいの」と仲間内で笑ったものですが、実際のところ、それが当たっていたのかも、、と今考えねば説明が出来ないほど体調に回復が見られます。
アレルギー症状を引き起こす対象が増えても、減っていく見通しの無い生活には色々な意味での勇気ある決断と決別が必要になってきていると実感する今日この頃なのです。 色々なお別れや、苦手なものを避けて通るというのが、ちょっと寂しくも思いますが、それも人生の一環でしょうし、時には美しく良く見えても、所詮’腐れ縁’ということもありますから。あれっ、私何の話をしていたんでしたっけ?うん、人間関係の話ではなくて、アレルギーの話でした。ちなみに、私個人、動物に対しては時折ありますけれど、人間を対象に嫌悪感を感じたり、アレルギー症状を引き起こす事はありませんデス。(当たり前だ、の声アリ)

6/12/2012

趣味と実用

朝9時のプールサイドは好天の日陰温度計が摂氏28度を表示しています。
先日夫がボーイズに毎日交代で一日15分間のスィミングを課しました。
子供達が小さい頃は毎日のように水遊びをしたものですが、今はもう誰も泳ぐ事が無くなってから1年以上経ちます。
子供達は現在もお友達の家でパーティーなどに出かけて泳いだり、敷地内ホテルのオリンピックサイズのプールで仲間達と泳ぎにいったりはしますが、家のプールは何故か退屈なのか、泳ぐ事はまったくなくなりました。
1昨年も前からプールのお掃除屋さんには来てもらっていず、夫が毎週自分で水の中和やら、フィルターのお掃除やらをしていて、誰も入ることが無くなって水流が弱い分、水垢やゴミがプール底に沈殿していくのをボーイズが毎日交代でプールブラシで取り除く作業をしています。
そこで、先日夫がボーイズにまたプールで泳いで水の調整をする事を提案したというわけです。
夫は心臓病を抱えていますので、お風呂のタブさえの水圧をなるべく避けるように、云われていますので、そこで若く元気な十代のシャーンとディビッドの日課としてリクエストしたという次第です。
クリスティーナが同居していた頃は彼女はよく沢山のお友達を呼んではプールサイドパーティーいをしたものですが、ボーイズはそれほどご社交性が無くて、パーティーをするつもりは全く考えたこともないようです。ワイルドな10代では無いことでは安心してはいますが。
あら、デヴィッドはもうプールから出たようです。やはり、つまらないのでしょうね。

夫の大学が2年計画の中国学生受け入れ企画を打ち出して学長と理事、企画責任者を中国との話し合いの機会をこの春にもったところですが、その企画責任者である夫の上司が他の大学からの引き抜きで、来月から他校の副学長として行くことになり、今現在その代わりの人員は夫に白羽が向いているようで、日頃の多忙さに加えての人事が大変そうです。
夫はまるで、真の意味で出世欲の無い人で、体調も体調ですし、副理事に昇格するのもずっと拒否し続けているのです。
私個人としては、彼が昇格してもらいたい気持ちも十分ありますが、もう一旦は自分に課したゴールにも成し遂げ、今は”付録の暮らし”として、やはり、彼がしたいようにするこのが肝要でしょうし、これ以上に体調に無理がかからないでやっていけることを希望しています。
肝心なのは贅沢が出来る暮らしではなくて、心にゆとりを持って生きていくことのように思っています。(これって、生活向上に十分に参加出来なかった敗者の負け惜しみかも?かもね、ウムム。)

6/10/2012

修理と掃除

数ヶ月ぶりでママが迎えにきて、一緒にビーチに行くとかで、嬉しそうに出かけていったボーイズです。大きくなっても母親が恋しいのは、人間の本能でもあるのでしょうから、ボーイズがせいぜい母親に甘えて一日を楽しく過ごす事を私も心から希望しています。
今日はビーチ日和です。
ボーイズの洗面場のシャワーの水漏れがあるとかで、夫は昨日、今日と2日間でシャワー蛇口の取り替え作業をしています。完全に直るまでの間は私達寝室のシャワールームをボーイズに使わせているのですが、やはり落ち着かないものか二人ともカラスの行水のごとく短時間で終わらせているようです。
夫が心臓の病気を抱えるまでは、日曜大工が趣味で家の一軒をまるまる建てる事が出来るほどの知識と技術をもっていて、ハワイ在住の頃は遊戯ルームをこしらえたり、新しくシャワールームを建て増したり、石タイルでファミリールームと台所を改造したり、家の外装、内装の大掛かりな作業も人を雇わずに独りでやってのけたものです。
今は体力的に無理がありますので、家のあちらこちらにガタがきているのですが、殆どの修復は半分でずっと先延ばしにしたままですが、緊急事態でない限りには生活に支障がないので、そのままの状態が続いています。根が極貧出身者であることからも、よほどの事でもないと、人を雇ってまでは作業を終わらせたいとは思えないのでしょう。

さて、これからスティーム・クリーナーで台所のタイルの汚れをケアしなくてはいけません。
雨天が多いと、それだけ多くのアリの群がカメニャンの餌に列をなしているわけで、殺虫剤では退治をするわけにはいかないだけに、毎日の床掃除に汗だくの私なわけですよ。
今日は修理と掃除の話だけで、つまらないですね。
でも、私のまわりでは興味深い事件や、面白い話やらが起きそうにない、極ふつーうの暮らしぶりなのですもン。



6/09/2012

好みに変化は老化?

朝5時半出立で息子Johnnieをマイアミ航空まで送ってきました。土曜日の早朝運転は交通量が少ないので、すいすいとハイウェーィを飛ばせるので、早朝運転も左程大変とは思いません。
最寄りの映画館で昨日から上映公開されている3D映画に行こうと息子と孫に進められたのですが、私はどうも、この手の想像未来宇宙物というのが好きなジャンルではないので、断りました。
彼らは、そこそこに楽しんだようですが、その予告編を見ても、私は『行かなくて、えがったア~』(なんで、東北弁?)という気分でしたよ。数年来、子供達の見るものが私の好きなジャンルであったのが、今は何故か私の趣味にしっくりこなくなってしまいました。多分、10年ぐらい前の私だと、率先して参観したにちがいなのですけれどネ、、。 今では科学未来系のものや、モンスターやホラーもの、ラヴ・ロマンス話を敬遠するようになりましたし、歴史人物や歴史上の出来事やドキュメンタリー的実話ものとか、医療や法律関係・のストーリーを好むようになりました。わざわざ映画館に出かけていくというのがめんどうにもなりました。周りの観客達のそぞれのシーンでのざわめきやリアクションがあるから、映画館に行く楽しみがあるんじゃないか、と息子は言いますけれどね。やはり好みの変化は年と共に変わってきますよね、そりゃあ。
それを老化と云われれば、実もふたもないですけれど、、。

  左は先日の高校卒業式の式典で演奏するシャーン(右上のフレンチホルン奏者)です。

(Kristinaを想うコーヒータイム)

6/07/2012

なんちゃって料理(、、、もどき)

(写真はバラの香りを楽しむカメにゃん)
しかし、今日も何も書く事が無い。静かな、平凡な木曜日です。
今日で学校も終わりのボーイズは、もう、どこかに遊びに出かけたようです。
さて、今晩の献立はなににしようかなアと冷凍庫を開けると、たいした食材がありません。
じゃあ、あれこれ迷わずに、あるものだけで「なんちゃってチキンカチャトーレ」にしましょうっと。
(写真は雨の中の雫シャーン)
この頃我が家では本格的な料理より、なんちゃっての”何々もどき”が多いのですが、これがボーイズの口に合うのか、まあまあの評判のようです。唯、夫は何も言わず食べていますが、気には入ってないよな、、いるような、、。(極貧家庭に育った彼は、ちょっと味音痴なところもあるのかもしれませんが、彼が時々好きでする料理もマニュアル通りのメキャ気質人ですし。)

もどき料理と云えば、やはり、なんといっても日本人がシェフではないこのペンブルック市内の殆どの和食レストランも、なんちゃって料理ばかりです。
もち米を炊ういて作られたねっとり感の巻き寿司やら、はたまたブラウンライス、玄米で作られたご当地不思議寿司のパッケージがスーパーの店頭におかれていたり、和食というのは名ばかりのなんちゃってアジア料理が顔を利かせているのが、ちょっとこっけいに思えるのは私独りなのかしらン。もっとも在米日本人の方々は、ここらの和食を好んでは外食しないのかもしれませんし、たぶんご自宅でちゃんとした和食を作られて食されているのでしょうね。なんちゃって料理を家族に強いているズボラは私だけなのかと思われます。(家族に感謝デス)

6/06/2012

気持ちの持ちようかな

今日と明日の半ドンのスケジュールで高校は終業と云う事で、シャーンが早く車を戻してくれたので、私は何となく、フラリと外出してきました。
近くのお気に入りカントリー雑貨ファミリーレストランのクラッカーベローに立ち寄り、あれこれ見て楽しみ、鳥のトリンケットが可愛かったので、買ってきました。
別に鳥の小物を収集しているわけでは無いのですけれど、この数年は何故か鳥の置物を買う機会が多くなっています。
写真手前の水色の親子鳥の小物入れです。(このトリンケットは両方とも胸・お腹の部分がパカッと開きます。)

以前、孫娘のクリステーナにもガラス製のブルーバードやら、ハミングバードの窓飾りをあげたのですけれど、彼女曰く「どうして、鳥なのぉ~。私、鳥って好きじゃない!どっちかと云えば、虫みたいで、ちょっと怖いし、病気だって運んでるんだろうななんて、気持ちが悪いんだもの」ですって。ン、もう~。「幸運を呼ぶのは青い鳥っていうじゃないのぉ~。飾りならば持っていたって悪いことないでしょう。」と私もいきまいたのですけれど、ま、人は好きずきですよね。

明日の朝はまた息子のジョンを迎えにマイアミ空港まで運転しなくてはなりません。
左目の手術後視力がアップして、運転もぐんと楽になりましたし、今朝の脳トレの視力記憶部分もかなり良い点数を出すことができました。
以前のように、つまずいたり、転んだりの事故も少なくなっています。
測定を皆さんもやってごらんになりますか。脳年齢測試
でも、これもゲーム感覚でやると、慣れもありますよね。ドットつなぎの一シリーズの前面クリアを今朝やり終わったらしく、世界ゲーム者ランクの25位にリストされていました。ハハハ。何か可笑しいです。
いい年をして若者達の中でやりあったような、ばかげた感じはありますけれど、決して嫌と云うわけでもないのですよ。笑

6/05/2012

退屈も贅沢の一つ




家事をしたり、お掃除をしたりするのが、やっとそれらしい私の日常生活行動となってきて、体調、体形ともにかわってきたように感じられる今日この頃です。
キンドル・カラーのタブレットに息子がアンドロイドの起用をいれてくれたので、PCと殆ど同じ作業が出来そうなので、アイフォーンが無くても、何とかやっていけそうです。
写真加工もはい、このとおり、出来ましたよ。
全部無料のアプリを使って、お金をかけないけれども、あれやこれやと時間潰しをするのは、贅沢な暮らしだと考えることにしました。笑

NHKのドキュメンタリードラマで、「オウム教とサリン事件」を1、2部を見ました。おりしも逃亡中だった教団員菊池直子の確保がニュースで報じられています。
南米でのジェイムズタウンの事件やこの国でもあったウェコ宗教武装事件など、こういった宗教団体のテロ行為はいつの時、所でも世界を脅かす人災ですね。恐ろしい事ですね。

話があれこれと飛びますが、最近カメニャンがどのペットフードにアレルギー症状が表れるのかが、はっきりしてきて、一種類のキャットフードに落ち着いたら体調が良さそうです。
食物を受け付けなったがガリ痩せ体形が、今はちょっぴり丸くなってきたようで、痴呆徘徊もなくなり今のところは一安心です。

6/04/2012

今日の一大事

まったくもって、贅沢な事には違いないのですが、当のデイヴィッドにとっては超がつくほどの一大事なのです。昨年3月に買い換えた彼のアップル社のスマートフォーンが今朝ほどから始動しなくなったらしいのです。
契約期間切れになっていないので、大出費覚悟で新しいのを買い換えるわけにもいかず、かといって部活や他交際上でも携帯電話を持たない生活を考えも出来ないと、彼は大弱り。
孫に大甘の私としては、ここはやはり私のアイフォンを彼のナンバーに換えるっきゃないでしょう。
ってなわけで、最寄の電話電通社のAT&Tに行って来ました。
「ママの電話と換えてもらえてラッキーだね、君。」なんて云われてちょっと気まずそうなデヴィッドでしたが、もう一安心で、早速お友達に連絡、連絡っと。
その係員の方は私の番号を無料の空き電話に入れ替えてくれました。(ママと云われて、私自身は「グランドマです。」と小声で言ったけれど、まんざらでもありませんデシタ。笑)
今晩からの日本番組の視聴は、またノートパソコンかこのPCにもどります。ちょっぴり不便、でも、ま、これでデヴィッドの一大事が落着するとしたらそれに越したことは無いわけで、、。)


あと4日の登校を残して、ボーイズは終業で、8月半ばからの新学期までが長い夏休みとなります。でも休みの間にもバンドやガードの夏期練習やら合宿やらで、忙しいボーイズの夏です。
夫の職場学部には夏も通してクラスがあるので、夫は夏休みはありませんし、私達はどこかへ出かける予定はありません。
周りの人達がヴァケーションムードなのが、何故か私の心もウキウキと明るい気分にさせられます。明るい太陽と青い空、夏はこれでなくっちゃあね。(でも、あつ~ィ、ヘトヘト、、、。)

6/02/2012

このままでもいいかア

息子ジョンをマイアミ国際空港まで送ってきたところです。
土曜日の早朝となると、交通混雑していないので、スムーズに運転が可能なので、30分のドラヴィヴも楽チンです。
今朝はこの秋から高校最終年となるシャーンの全国総合成績統一試験(SAT)が行われるので、私の車を待ち受けて登校しました。登校前にお友達のお母さんが朝食を作ってくれるとかで、早めに家を出たようです。
こちらの朝食の定番といえば、やはべーコン、卵、トースト、ハッシュブラウンポテト、パンケーキにオレンジジュースといったところでしょうかね。
SATばかりではなくて、一般的に学力テストの前日には学校から電話連絡で校長先生からの「よく睡眠を取り、遅刻することなく、朝食はしっかり食べて試験にいどむように」という保護者に宛ててのレーコーディングが自宅に流れるシステムになっています。毎回受ける側としては、ちょっと迷惑な感じがしないでもありませんが、これでお互いのコミ二け-ションを図れるのなら、それで良いかとも思っています。このままでもいいかア。

カメニャンを連れてプールの周りをぐるりを見せていたら、あら、、セントポチアの鉢の中にピカケに似た雑草花が見えました。どこから種が飛んで落ちたものやら、昨日まで気つかずにいた、小さな愛らしい黄色のお花が沢山咲いています。共存させておくのが良いことなのかどうかは解りませんが、赤いポイントセチアに黄色の小花が可愛らしいので、今は抜かずにこのままにしておきましょう。どんなお花でも咲かせるのはその時時の状態と偶然があっても、抜き投じる事の方がずっとより簡単な出来事でしょうから。このままでもいいかア。


6/01/2012

「また逢う日まで」の唱、そして校歌

和製ハンパーディンクと云われた尾崎紀世彦さんの訃報を知り、ユーチューブであの歌声をもう一度聴きたいと思い、検索してみましたら、「また逢う日まで」の英語版が載っていました。
私の遠い記憶では、彼の最初のワイフは米国人でしたね。 とても味のあるそして耳に心地良い歌唱力、やはりそこはプロの歌手ですね、今後もその歌声は多くの人達の記憶にしまわれていく事でしょう。ご冥福を祈ります。(合掌)

また逢う日まで、といえば、、、明日は高校の卒業式が隣町のノバ大学のキャンパススタジアムにて催されます。
こちらの高校の卒業式は大抵の場合、他会場で催されるのが普通です。(幼稚園は卒園式があるところが多いのですが、ほとんどの小、中学校では卒業式典というのがありません。)高校と大学の卒業式はどこも盛大に行われます。
今年は我が家には卒業生はいないのですが、来卒のシャーンは今年はオーケストラ部員として音楽を担当しているので、式典に参加せねばなりません。ディビッドは卒業生10人程の友人家族と共に、式典に個人参加を希望しており、出かけていくようです。

日本の学校はどこも校歌を歌うように教育されていますが、こちらの学校では、音楽部員ならともかくも、殆どの学生が自分の学校に校歌があることさえ知らないのが、普通なんですよ。
私も先日のシャーンのオーケストラ・コンサート日に始めて、彼らの高校の歌が披露され、知りましたが、まわりの殆どの学生が、曲を初めて耳にしたらしいです。(日本では高校野球でも各校の校歌参唱とかで、校歌に敬意の念をもって感涙する姿などが見られ、とてもいいものだと、私は思うのですけれど、、。)
夜に雨の卒業式典参加は何かと大変です。晴れるといいのですけれど。