7/28/2012

オリンピック開会

ついにロンドン・オリンピックに聖火台がともされましたね。
米東海岸時間午後7時半からテレヴィズされました。
こちらではNBCが電波独占権を持っていて、各スポンサーの帯オリンピックで流されるコマーシャルにも多額の投資があったのが伺える大作品ばかりでした。
で「まるで閉会式を見ているような開会式だ。」とつぶやいていた方がおられましたが、そう云われればそのような感じもありましたね。
カメラ片手にダンスをしたり、肩車をしての選手入場は、確かに今までの静粛さは無く、あくまでも明るく皆が同場所、同時間を十二分に楽しんでいる様子が伺えました。
これで良いのですね。オリンピックは世界のお祭りのようなものですから、選手も参観者も全員が楽しく時間を共有するのがその本意でもありますから。
1964年の東京オリンピックの入場式では赤いブレザーを着て、綺麗な整列で入場した日本選手に比べ、ワイワイガヤガヤと雑然と入場してきた外国選手が「やはり外国選手はマナーが無い」と話したものでしたが、今や歴史が変わり、世情も変わり、雑然とした笑顔満面のそれは平和の行進の象徴のようなものとされるようになったのです。
頑固一徹のそろばんオヤジが今やパソコンで市場を知り、顧客と話を丸く治めるような、そんな世の変わり様は悪い事ではありませんよね。

いつもはあまりオリンピックに興味を示さない夫が昨夜は私より熱心にテレビを見ていました。 彼が支援していない次大統領候補の某政治家がロンドンでオリンピックに対し、不適格な発言をしたとのニュースが放映されたのを大いに恥じているからなのか、または私の興奮が彼にも伝わってそれに同調したからなのか、ともあれ、我が家も各国の選手応援をする事でオリンピックに参加しています。

7/27/2012

E-タバコだけよッ

 
退院してたった一日を家で過ごしただけで、退屈をもてあました夫、今朝は出勤すると言い出したのをやっと引き止めることができました。
「今まではラッキーとしか言いようの無い回復をみましたが、今回ばかりは大変な手術でした。もう次のラッキーは無いものと覚悟して静養して下さい」と医者に言い渡され、やっと今回はばかりは自重してもらわねばなりません。
今までの一日一箱のヘビー喫煙はEータバコだけにしてもらいます。
以前からも2,3種類の違うエレクトロニクス・シガレットを試しに使用しては、味がどうとか不満を言っていたのですが、今回はいよいよ全面的に禁煙が必要となり、E(エレクトロニクスならぬ、エセ物)タバコで、我慢してもらわねば、、です。

一昨日ちょっと不思議で、面白い現象にあいました。
息子とボーイズとでダイニング・テーブルを囲んで、世間話をしていたら、息子の後ろのガラス窓をトン、トン、トンと何かがノックする音がしました。息子がちょっと怪訝そうに私の顔を見てから、そのまま話に戻ったのですが、しばらくしてまたトン、トン、トンとガラス窓が3度ノックされ、息子が「ハイ、どうぞ、お入りください」と笑って答えたのですが、無論誰もいません。
末孫のデイウィッドが「僕の部屋も、誰かがいつもノックするよ」と云い、それはシャーンがイタズラで驚かそうとしているだけよと笑いましたが、でも、雷でも車の反射光でもない、ピカリと光る浮ユウタイが屋外で時折見られると息子とデヴィッドは云います。ふ~む。本当かいナ。
あの、トントンは何かの振動波が台所ガラス窓に伝わって出た音だと、私は思うのですよ。
家族で体験したちょっと不思議で、面白いお話でした。何か楽しいですね、こういうの。




7/26/2012

ゆっくりと

夫の頚動脈手術は成功で、一晩だけの特別治療室の入院で帰宅しましたが、主治医の話では、今回は出血がひどく、血管も脆くて、難しい五分五分で命を危ぶまれる状態の手術であおったらしいです。
ともあれ当人曰く、自宅休養はこの週末4日間で充分な休養期間と云う事らしく、首に20センチ程の傷口を何針もホッチキスで止められたフランケンシュタイン状態のまま、月曜日には何時も通りに出勤するようです。これが彼の「ゆっくりと」休養する事らしいです。
彼のゆっくりは本当の意味でのゆっくりとは違うように思いますが、、。

ボーイズのバンド・キャンプが今日で終了し、夏休みはあと2週間を残すのみとなりました。
二人とも学力はトップを保ち続けてい(シャーンは学年トップ8%内、デイヴィッドは学年10%内)飛び級を進められているのですが、両者は姉のクリスティーナ同様に高校生生活をフルに楽しみたいとかで、飛び級で大学に早く入学しようとは願っていないようです。
彼らの心情はやはり「ゆっくりと」人生を楽しんでいくのが望みのようです。
本当の意味に、このゆっくりがいいのかどうかは、私にはちょっと計り知れ無い事でもあります。


7/22/2012

話題が無い日でも


 友人からのメールで古腕時計を使用してアートにした写真がメールで送られてきました。 こういうのって楽しいですね。
こういう創造力タレントのあるアーティストが羨ましいというか、素敵ですよね。
 今も札幌在住の二人の兄は幼い頃から学力や美術、音楽にも優等生であったのに、何故か末娘の私はそれらのどれにも心得覚えずに育ち、人並みの興味は持つものの、いつも浮いた存在であったようです。
美術や学問やその他のどの方面に於いてもその道に長けた人を見たり、知る度に尊敬の念が心の奥から沸いてきます。
美の観念というのは各自それぞれで違うものですけれど、この年になってもやはり更に美を求めて生きているといえます。ちょっと大袈裟に語ってしまいましたね。 


 今日はディビッドがおこずかい稼ぎを兼ねて私のお掃除のヘルプをしてくれました。 ホールウェイのタイルをスチームクリーンしてもらい、その後は彼のお得意料理のスパゲッティを作ってくれて、家族で夕食を取りました。ちなみに彼は醤油チキンがお得意料理の一つです。(写真を撮っておけばよかったと今思いましたが、もうかたずけてしまいました。)

日馬富士、全勝優勝おめでとう!
相撲の名古屋場所、千秋楽をTVでみました。
子供の頃は全く興味が無かった相撲競技も、この年になって、その勝敗が気になるのは何故なのかよく解りませんが、今回の名古屋場所はずっとフォローしてしまいました。
日本人選手が世界中に移籍をして活躍し、また日本の伝統芸の各種にも外国人がどんどん入って活躍をする昨今、日本の全体が世界の一部であることを痛感します。

7/21/2012

今朝は

草木成長には最適な気候条件が揃っている蒸し暑い亜熱帯天候に、裏庭の雑草がまたもやスクリーンハウスの網伝いに伸びてきています。
庭の草木は専門ガーデナーが手入れをしてくれるものの、一旦家の壁やらの建物を伝って伸びてきたものには関してはお構いなしという規則らしく、庭師の目をかすめて家屋に伸びきってしまったツタ類の勢いは強く、数ヶ月で建物を覆ってしまうので見た目にはちょっと素敵な雰囲気のツタ類は家屋を窒息状態にして害を及ぼすします。
一昨年にはお隣の庭から延びてきたツタが我が家の2階寝室のバスルームの窓を覆ってしまい、その取り払いに夫と息子の二人係で大童しましたが、あれからはお隣さんが気を使って、早いうちに我が家に伸びる前に整理してくれています。
このツタももうすぐ処理をすることにしましょう。


右は昨日郵便い受けに入っていた無料の新製品宣伝で送られてきた猫缶です。
ファンシーフィーストの新製品、チキン・卵・穀類入りのものです。どれどれ、カメニャンはこの新製品が好きかしら、、と、あけて見ると、ネスコーいヒーキャラメル味シングル袋のオマケつきです。
で、そのお味はーーー。カメニャンは好きらしくて、また鼻の周りにつけながらムニャムニャしてました。穀類がカメニャンのお腹のユルユル状態を固めてくれるのがいいかも。
(コーヒーの方はイマイチ、私の好みの味とはいきませんでしたが。)

7/20/2012

科学と気力と能力と

夫の諸検査が終了し、来週火曜日に手術がきまりました。
彼の頚動脈は90%閉鎖しており心臓外科医の話では、たった10%の血流で平常生活を送っている夫が奇跡そのものだと云います。
夫は今朝も通常通りに出勤しました。
毎回の事なのですが、夫が入院する度に、私もまるでお約束のように体調を崩します。
性格、思考、嗜好、趣味などの全てか違う他人でも45年間の共同生活が、そうさせもるものか、事、体調に関しては脳波長いが同じなのかもしれませんね。
これも科学と気力と何らかの能力の範囲内の出来事のように思えてなりません。


科学と気力と能力のお話といえば、私は最近話題メンタリズムのDaiGoメンタリストのファンです。
マジック、心理学や超能力というのも、やはり科学の一部なのだと、考えます。
錯覚や不思議な出来事というのは面白いですね。私達の日常生活範囲内にさえ知らないことや発見が満載なのですね。



7/17/2012

まだ夏休み中

高校生ボーイズのバンド・キャンプが来週1週間あり、その後2週間の夏休みが終えると新学期が始まります。
新学期が始まると、それぞれの部活も本格的に忙しくなりますので、今が健康検査や管理状態を整えておかねばなりませんのでボーイズを定期検眼に連れて行ったり、歯科医に検査をしてもらうべく予約やらをしています。
私達夫婦はボーイズの保護・養護者ではありますが、彼等を家族としての法的権限は限られていて、医療や教育問題については実親に全ての権限があり、彼等の日常生活の全てが私達に依存していて、親代わりを勤めているのにもかかわらず、医療保険や学資問題などでの書類や手続きの殆どの面で法的に除外されているのがとても不便なところです。

いつもはネットで邦画や日本のTV番組を見てばかりいるのですが、息子Johnnieが良い映画だと進めるので、映画チャンネルShowtimeで2011年創作の「The Help」を観ました。 1960年代の北米南部差別問題を取り上げた話で、このフロリダ州も含め、当時の保守的米東海岸南部の州では、昔ながらの黒人奴隷制度を引きずった根強い偏見と差別生活が日常に成されており、当時その数々の事件や活動は遠く日本で学生生活をする私の耳にも普通のニュース情報として流されていた事を思い出します。 今こうして思いも寄らず、アメリカ東海岸南部に早20年近く在住の私にしても、初渡米は米西海岸のワシントン州、その後はカリフォルニア州いに在住しました。
私の渡米生活は人道主義を重んじて民主活動も盛であった当初の西海岸だからこそ出来た事であったのだと思います。45年前当初のこの米国南部州は、無論このフロリダ州を含め多くの州では黒人ばかりか、南米人や東洋人に人種差別的偏見が極めていて、私にとっては到底安住の地ではありませんでした。この映画をみて当時の自分の生活がダブってよみがえってきました。そうも遠くない昔の人種差別問題を取り上げた新人ジャーナリストと黒人メイド達(ザ・ヘルプ)のお話です。


7/16/2012

平凡でいい

平凡がいいです。
今日も世界中のあちらこちらで異常気象による水害やら、熱中症やらの死亡者が出てるのを見聞きして、悲しく思うと同時に、時代と環境の移り変わりを思い、いつからか周りの世間は自分より年長者ばかりだったのが、今はその逆になっていて、これが世代の移り変わりなのだと感じる毎日になりました。
あれが欲しい、これを得たいと勢いで必死になって暮らしていた自分が、遠い存在に感じるこの頃です。何かの為に、誰かの為に、何かをしてあげたいなどと、おこがましくも世間を斜めに構えていた頃の自分が何だか恥ずかしい。




Glitter Graphics | http://www.graphicsgrotto.com/

昨日ボー イズと一緒に最寄の家電製品店にダディの誕生日プレゼントをみに行きました。
今日16日がNYから定休日帰省の息子Johnnieの誕生日なのです。 彼等の予算上高価なものは買えないので、新製品のスマートフォン用ペンを購入しました。
学生の頃はデザインや絵を描くのが趣味で、将来その道に進むことも考えた事のあるJohnはひて今でもデジタルデザインが好きなのです。(昨夜も彼は自分の携帯スクリーンを独自のアンドロイド・デザインして悦にいっていたようですよ。
札幌に住む彼の従兄弟(私の甥っ子)はプロのデジタルデザイナーでMarty Itoのブログ既に沢山の商品を発表していて、それが彼の刺激にもなっているのでしょうか。

最近のカメニャンはあまり活動しないので、一応に同じ顔で、同じ表情、同じポーズばかりです。
でも、その同じものをいつもカメラに納めては消すといった事の繰り返しをしている私ですが、それでもいいんです。その平凡が。
毎日が平穏で、平凡であれと願っている私。
熱しやすく、冷めやすい短気な気性の私は今や体も心も真ん丸になったようです。そして毎日が一日、一日と少しずつしぼんでいくのですね。
ーこれも平凡でいい。

7/12/2012

タイトルなし

今朝のニュースで癌細胞を死滅させる新薬の話が放映されていました。
ここ数年の医療科学が進化が頼もしくも思われる話題です。
夫の心臓病にしても、今の進んだ技術あっての命なのだと、つくずく感じています。
今月末には再度頚動脈手術の必要があるとの事で、今週は連日術前身体検査に通院しており、当人も「生命保持想定内の通常必要治療の一環」として楽観しているようです。

数年ぶりでワシントン州に在住の夫の兄嫁ジュデイと電話で会話をしました。夫の兄ジェイムズのアルツハイマー症が進行したので、州の施設に入院させたとの連絡でした。
10代の頃には行き来していたのが、月日と共にそれぞれの生活ですっかり疎遠になってしまい、今こうしてお互いの孫の話と、健康状態を報告し合うのが、『本当に、遠くに来てしまったものだ』と今更ながら感じさせられました。
昨日は一日家の車庫ドアを開けえ放していたので、ずっと車庫の中にお隣のカメールちゃんが外で私を待ちかまえていたようで、食事中に写真を撮るると、家のカメニャン同様に鼻周りに餌をつけたままで、「何?それ、カメラ?何して遊んでくれるの~」とばかりにぐっとカメラに寄って来るので、良いシャッターチャンスが出来ません。笑

家の中にも入って来ようとするのですが、カメニャンとは”大嫌い同士”なので、ここは、長老のカメニャンへの心使いが大事なので、カメールちゃんにはお帰り頂く様にしているので、我が家の前で家人の帰宅を待ち受けているわけですが、このカメールちゃんにも毎日夕方にはお隣の奥さんが病院看護勤務を終えて帰宅後には、お迎えにきます。
毛がフサフサカメールちゃん、今はすっかり夏の薄着コートになってます。

7/10/2012

エネルギーの根源

体力にすっかり自信が持てなくなった私を元気つけてくれるは、生き生きとエネルギッシュに努力を重ねていく孫達の姿です。
何人にも何かに一生懸命になっている姿を見ると云う事は、弱気になっている自分の心を支えてもらっているように勇気ずけられる思いがします。
今朝はディヴィッドのカラーガード世界チャンピオン優勝記念動画を一緒にあれこれ見て楽しみました。

午後にはシャーンの卒業写真のサンプルから選んでオーダーをする為に、フォートローダデールの写真館に行って来ました。
幼い頃はいつも引っ込み思案でメソメソしていたシャーンですが、高校卒業記念本に載せる写真は、どれもがなかなか凛々しく頼もしい好青年に写っていて、選ぶのが大変でした。

食料品補充にスーパーに寄ってから帰宅したので、少し外出時間がオーバーしたためか、カメニャンはとても不機嫌です。顔を見ると、何やら「にゃん、ニャン、Nyan」と何かを訴えることしきり。多分、「アタシの食べ物を隣のニャンにあげるの、止してよね。」と云っているのかも。毎日、お隣のカメールちゃんがやってきて、我が家が別宅と思っているのが可愛い。お隣にはもう一匹黒猫ちゃんがいるのですが、この子は滅多に外出しないようで、たまに見かけても私が話しかけると一目散で逃げ帰ります。



今度はカメールちゃんの写真を撮っておきましょうっと。

7/06/2012

修理修繕


湿気の多い、蒸した真夏日が続いています。
週一で、敷地庭手入れ業者がやってくれるのが、この季節は追いつくのが難しいくらいに草木が勢いを増して伸びてきていて、車庫のドアをつけかえるまでは車をドア前に駐車していたので、家の前庭の手入れを出来なかったのでしょう、ブーゲンべりアの枝が思いっきり玄関先に伸びてきているのに驚かされました。周りの羊歯も生え放題です。

今朝業者さんが来て、ガレージのドアを新しいのに付け替え修理が完了しました。 この猛暑に外に駐車しなくても良くなって助かりました。 修理といえば、先週の2階ボーイズの洗面室のシャワーヘッドに破損に続いて、台所流し台のスプレー蛇口官が破損してしまい、一昨日夫に蛇口本体の取替え作業をやってもらいました。 先月は階下のトイレと私達寝室のトイレの配水管が壊れて、付け替えをしましたし、築18年ともなると、家中のあちらこちらが壊れて、修理が大変です。 電気、機械、建築などに一応の知識と技術を持つ夫がいいるのは便利なのですけれど、今は体力の面では修理修繕対応が追い付かない現実があります。

デヴィッドは友人達と最寄の映画館に行くとかで、その前にスパゲッティをつくって腹ごしらえをすると料理を始めたところです。友人に料理が出来るのを見せたかったみたいです。笑




7/03/2012

私の独立記念日



Glitter Graphics | http://www.graphicsgrotto.com/

今日一日はお日様かんかんの好天気で、明日の独立記念日の花火大会は大盛況になりそうな予感です。
山が無い真平らのこのフロリダ州、車で30分ほどの距離があるこの街でさえ海岸沿いに、北部にフォートローダデール市、中ほどにハリウッド市、そしてずっと南方寄りにマイアミ市の花火大会が望めます。それらの合間の各内陸地のこのペンブルック市、ミラマー市やデイヴィ市でも、それぞれの市民花火大会が催され、独立記念日の夜の空はあちらもこちらもピカリ、ドドーン、パラパラに彩られるのです。
昨年は市民会館公園の花火大会に家族で行ってきましたが、今年はあの混雑に対応する気力が起こらず、家の裏庭から遠い花火を楽しむだけにします。

Glitter Graphics | http://www.graphicsgrotto.com/
7月は私個人にとってはある意味に於いて独立記念日なのです。(正確には7月7日ですが)
45年前7月にこの地に独り渡り、冒険を夢見たあの頃の少女は、今はもう何処へ行こうとしているのか、とおにその帰路を忘れてしまっての根無し草のように、ただこの地の風に吹かれて浮遊しているのであります。

7/01/2012

そして7月

今日は全国的に猛暑らしく、沢山の熱病症者が出たとのニュースでした。
昨夜カリフォルニア州に住む義姉ヴァージニアから連絡が入り、彼女の長男キャリィ(50才)が原因不明の急死との訃報を受けて、驚きました。
夫にとっては一番最初の甥っ子は、従兄弟である我が息子とよく似た風貌で、その彼が私達より先にあちらに旅立っていくとは考えもしていませんでした。
しかし、今、こうして、彼の波乱万丈な人生を思うと多分、これで良かったのかもしれない、、と思う私です。
 静かな週末でした。