11/26/2012

サイバーマンデー

ショッピングの混雑には出なかったものの、何だかとても気忙しい感謝祭とブラックフライデーの週末がアタフタと過ぎていきました。
今日の月曜日子供達もいつものように、登校していき、大人達は疲れた体を平常生活に戻すべく決して休養を充分取れないながら、勤め先にむかっていきました。
しかしながら、今日はいわゆるネットショッピングの日と言われていて、この週末に売れ残った品のセールやら、利を狙って買った品々をオークションに出すというネットで買い物をする日のサイバーマンデーです。
街中の商店もネットでもこれからは本格的にクリスマスショッピングへ向けて商法合戦がくりひろげられますが、買い物好きとは云えない私にはあまり関係がなさそうです。
今、息子Johnはボーイズのクリスマスプレゼントに何かテーンが好きな電化製品でもないかとサイバーショッピングセールサイトを見ているようです。
子供達が幼い頃ですとどんな玩具でも大喜びしたもので、クリスマスのプレゼントを探すのも大して難しくなくて良かったのですが、今の彼等にはそんな子供騙し的な玩具では満足出来ない年頃になり、そこが私達には難しいところなのです。
クリスマスが誕生日でもあるShaunがサラリと云いました。「中古でいいから、自分の車が欲しい」ですと。
ナ、ナんという事やら、、。そんな資金が我々の懐に出番を待ち構えているとでも思っているのかいナ。それは、大きな勘違いというものですゾ。


11/23/2012

ブラックフライデー

今年のDonの七面鳥料理はいつもながら見事に焼きあがり、満腹の感謝祭デナーとなりました。

(スタッフィングを作っている彼の手ぎわは良さそうには見えないでしょうけれどネ)
ただ、私達夫婦とボーイズの4人だけのテーブルは例年と比べて寂しいものでした。
この大きさの鳥ですので、このデナー後も暫くはターキーサンド、ターキースープやターキーキャサロウとターキーのアレンジメント料理が続きそうですよ。

今日が正規のブラックフライデー。全米の商店が一大セールを繰り広げる日です。
巷では感謝祭の木曜日にも既にブラックフライデー商法が展開されていて、マイアミ市内の数店では泊りがけの客が並んでセールの開店を待っているとか
我が家周辺どのニュースで放映されていました。
又、今年はどこの店も例年より早い開店時間が設定されているらしいです。
そんなこんなで、Davidが夜中2時に友達がショッピングに行くのに付いて行きたいと申し出たのですが、「そんな事を許可出来る訳無いだろう。」とグランパから一括の下に申し出却下となりました。
15才が考える事は、常識からちっとばかりはずれぎみになりがちです。
ブラックデーセール日の今日は、きっといつものように朝寝坊して起き、午後にモールに出掛ける事でしょう。
私達はこの過去数年間ブラックフライデーセールの混雑に出掛ける事はしていません。もう、それは凄い混雑ぶりなんですよ。

昨日は欲しがってターキーを沢山食べたカメニャンは今朝はその味に飽きたものか食べようとしません。
彼女が食べられる猫缶が切れたので、早速スーパーに行ってきます。
街はセールへ向う、もしくはもうショッピングを終えた帰途の人々で混雑しているようですが、感謝祭のフィーストが終えた後の食料品マーケットは静かな週末を迎えているはずです。



11/21/2012

誕生日その2

ん?ニャンだ?これが今や大昔の乙女となった者が持つスマホか?と笑われそうですけれどネ。息子Johnが私の誕生日のプレゼントにと、この白猫カバーをわざわざオーダーして郵送してくれたので、その好意を受けて着けたところです。
末孫のDavid(15)も彼のスマホはパンダです。って事は彼の4倍以上も年嵩を重ねたこのオバァの精神年齢はテーンの彼と同等といったところでしょうかね。ま、いいかっ。



下校時Shaunがずっとホーンの練習を自室でしているのですが、私の好きな音楽なので、気持ちよく聞いています。
オリジナルは2007年なので古い曲ではありますが、何だか私の心にはよく響きます。
多分、今日は音楽好きな私に聞かせるためにプレイしているのかもしれません。

ちょっと体調が下がり気味なので、今日は外食をひかえるつもりです。
Davidがお得意のタコスを夕食に作ってくれるようです。
主治医から「肺と呼吸器が悪化しています。ペットを側に置かない環境を作るように出来ないだろうか」と云われましたが、今カメニャンの側を離れるわけにはいきません。カメニャンは愛する家族の一員です。それに彼女自身の先も短いのですし、レインボーブリッジに向かうまではこの家で私の側に居るのが当たり前なのですから。
私達夫婦が飼う事が可能な最後のペットでしょうしね。
私にとっては自分のアレルギー体質を案じるより、彼女に私が生かされている感謝が先です。

今日は素敵な一日です。

もう何歳かって言わないで

朝起きてPCを開けるとこのハッピーバースデーNorikoのグーグル検索枠画像が目に飛び込んできて、あぁ、今日は私の誕生日だと思いました。
自分の誕生日をすっかり忘れていたのは今年が初めてです。
ボーイズと夫もお祝いのプレゼントを渡してくれました。
皆の思いがとても嬉しい最高の一日です。
でも、あらためて何歳と聞かれてももう答えたくない年になってきたんだなぁコレガ。そこは適当に考えて知ってよねってでも云っておくんです。
するとですね、「おー、もう自分の年も解からなくなってきたかぁ。そんな年になってしまったんだね」と思われているかもデス。確かに。
先日テレビ番組「世界は言葉でできている」の中で、-毎日を今日が最後の日であると思って暮らしなさい。そしていつかそれが正しかった事を貴方は知ることになるーという言葉がありましたが、その心境が解かる今日この頃といったところです。

11/16/2012

結婚記念日デス

今日16日は私達夫婦の44回目の結婚記念日です。
いやぁ、一口に44年と云ってしまえば何の事はない。しかしデスゾ、自身の性格や性分をしては、ここまでよくぞもったものかと、感心するよりも先に呆れてしまうものがあるというのが本音でアリマス。
両者が基礎として生きる過去経験からの思考趣味、一般常識などが、この共同生活を通して、時代時代で変化を遂げ、それに加えてのそれぞれの立場数々の逆転劇なども繰り返して、今に至っているといったところでしょう。
ここまで来てしまえば、この先も今ある共同生活に同調しながら生きていくのが王道といったところですか。
今誰かに「結婚生活とは」と問われたとすると、私個人の答えは「相互の尊敬と妥協の上に成り立つ日常」と答えるかな。(へへ、ちょっと、キザか)

ゲッソリ老年痩せ体ながらも、いつもよりは眼に光りがもどった感のある今朝のカメニャン、ここ2,3日は体調があずましいのでしょう。
久しぶりに身繕いをしている姿を見ました。
風が裏庭の木々の葉を揺らしているのに動きを感じて見入ったりしている姿は、いつものボンヤリうつろな症状からの一時の目覚めを思わせるものがあります。ホノルル生まれのカメニャンも最後の地がこのフロリダなのが、良かったのか、悪かったのか、、、。でも、もうこの地からは一緒に移転をする事はもう無いでしょう。
今思うと、私達の生活拠点が変わる度に、我が家の飼い猫、飼い犬それに鳥達も迷惑な引越しを余儀なくされて、カリフォルニア、ハワイとこのフロリダの間を行き来させられ、可哀想な事でもありました。
でも動物達とはこの地が最後に、残るはレインボーフリッジのでの再会のみと心得てはおりますよ。

11/14/2012

コーンは秋の味

感謝祭が近くなって、店頭にはパンプキンパイやコーンなどの秋の食品が沢山並べられています。
札幌の大通り公園で食べる醤油バター味のトウキビがとても美味しかったなぁなどと思い出しながら、Don注文のハスク付きままのトウモロコシを買ってきて、早速バーべキューピットで焼いてもらいました。
いつも食べるボイルドコーンより手間隙賭けたぶんがちょっと贅沢気分です。

家族のデザートの好みはそれぞれ違っていて、Donはアップルパイ・アラモード、Johnはパンプキンパイ、Kristinaがキーライムパイ、Shaunがフルーツタルト、Davidはチーズケーキです。
ちなみに私はこれらのスイーツは全部好きです。(笑)

この週末にフロリダ州西海岸の貝殻の宝庫と知られるサニベル島で、砂の芸術世界大会が催されるというニュースに一泊旅行に行こうとDonが誘うのを、やはりカメニャンの体調を思うとどうしても泊まりの外出は避けたいと「残念ながら、お断り」ということに。
数年前にはバスケットに山ほどの貝殻を拾って来ましたっけ。
砂の芸術大会の様子はいつかどなたかがユーチューブにアップしてくれるだろうと期待しています。

11/12/2012

やれやれ

昨日11月11日がベテランズ・デーということで、今日月曜日が繰り越し祭日の3連休週末です。
夫Donもかくいうベテランでして、あの不評なベトナム戦争にも空軍で参加しており、彼が極貧生活を逃れ学識を習得し、後年に少しばかりの安定生活を築く事が可能となった基礎地のようなものでもあります。


Davidの運転に付き合って、久しぶりに最寄のショッピングモールに行ってきました。 我が家の住宅敷地の側に高速道路を隔て東部に2つのメージャーな(といっても、それほど広大なものではないのですが)ショッピングモールがあります。
サンタさんはまだ椅子に座って子供達を待ってはいませんでしたが、モールはすっかりクリスマスの飾りつけがなされて、クリスマスプレゼント小物出店も数多く設置されホリデーシーズンのスタンドバイはOKです。

上写真でショッピングに一休みをなされている男性の半ズボン姿でお解りのように、これがなこの一般的にこの近辺で見られる服装姿で、ジーンにジャケットを着た若者がいるかと思えば、タンクトップの彼女が脇にいたりと、各自の感覚で四季への思いが曖昧なのが特徴といえますでしょうね。
http://www.graphicsgrotto.com/

接客勤務から自分を解放した今年は、あまり物価と生活水準費の比較などにあまり頓着しないでいられますが、クリスマスの前に恒例の感謝祭週末大セール日のブラック・フライデーが、まだ不景気から脱出しきれていない民衆にとってはどんなものなのか興味深いものがあります。
このモールも目玉セール目当ての大勢の人達で大混雑するに違いありません。
これから年末までは、ずっと気ぜわしい日々が続き、そして私は相も変わらず、走り行く時を溜息で迎えるのみ。やれやれ。


11/09/2012

普通とノン普通

大統領選も終わり、ひとまず落ち着くところに落ち着いたといった心境の日常に戻った感があります。
今朝のニュースでオバマ大統領の感涙姿がユーチューブにアップになったとありましたが、オバマ大統領が公前で涙を見せたのは、オハイオ州での最終演説の際と合わせて2度目の事です。
心の弱さゆえのものでは決して無くて、人間味に溢れた、深い感慨に満ちた涙であったと誰もが感じたはずです。(私欲資本主義で反デモクラシーの闇を腹に抱える共和党議員達と排世や義団体会員達は別としてですが-彼らの普通は私達のノン普通といった具合ですかね。)
今ツィッターやユーチューブの動画オバマ情報は大人気です。(オバマ再選勝利評判写真
これからの4年間で残された課題はまだ山程であり、大変な2期任務になるのは誰もが察するところですが、初黒人大統領として後世に名を残すというより、温厚で思慮深い人間性とその信念が司る行政が、後々の世に彼を歴史上賢人として語り継げられるに違いないと私は信じています。


お隣のカメールちゃんが今朝もやって来ています。
お隣ご夫婦はお勤め外出中ですので、日中は退屈しのぎ探しが日課のカメールちゃんです。
以前は屋根伝いの木々を跳び越えて私達の2階寝室のベランダに遊びにきていたのですが、最近では木にとびのるのが億劫になってきているようで、めったに2階ベランダに顔を出さなくなりました。
で、今は朝から我が家の玄間前で私が出てくるのを待ち構えていて、玄関先ベンチで居眠りをしたり、夕刻には夫の帰宅時間合わせて車が来るのを車庫前で待ち構える毎日です。
すっかり私達を別宅のお世話人と思っている風が笑えます。
こんなカメールちゃんの行動は猫族にとっては至って普通の行動ですから、多くの人には少しノン普通な行動も人間と違い、これが正に”ニャン道”なのでしょうね。

さて、今からスーパーに行って来ます。
滅多に食事の文句を言わない夫が今朝言った言葉が、「最近ぜんぜんポークステーキが食卓に乗らないね」と。
夫は田舎料理のご馳走であるシンプルで安値の焼豚肉が牛肉以上に好きなのですが、他家族はあまり豚肉好きではないので、ついここ暫くはポーク抜きの食卓でした。夫の普通食卓は基本的にシンプルな田舎料理であり、彼の趣味の手の込んだ料理は趣味のノン普通料理です。(私の料理は普通に手抜き料理でアリマス)

なので、今日の夕食はデーンとポークにしましょうっと。これこそ手抜きokの料理ですがね。





11/07/2012

これで、ひとまずは

昨日は一日中テレビの前を占領していました。
我々の暮らしに直接影響が起こる大事な選挙戦でした。
米国東海岸南部の州は未だに保守的な思考政策が根強く、人種差別や性別非難が今の世にさえ罷り通っている状態におかれています。
米西海岸出身で極貧生活から身を起こした夫と、新天地を体験したいと渡米した東洋人の私にとっての居場所としてのこの州は、意心地満点のパラダイスとは決して云えません。
しかし、これが私達が自分で選んで生きて来た道でもあり、ここまで来られた事だけでも、それなりに価値が見出せたのだと思われます。
ブログに政治に関する事を記載するのは私の説くとするところではありませんが、私達の日常生活を暮らしていく一環であり、オバマ大統領の今回の勝利は私個人にとっても歴史に加わったという一つの勝利だと考えています。これで、ひとまずは。

昨日は多くの学校や公共施設が投票会場となった事で学校はお休みで、家で暇をもてあましがちなボーイズでしたが、週末には今シーズン最後のフットボール他校試合があり、その応援演奏に駆り出されたボーイズでしたが、そのゲームの合間に卒業生紹介があり、感謝賞が贈られたとの事でした。
マーチバンドコーチ達に囲まれた誇らしげなShaunの笑みが若々しくってフレッシュです。(後ろはガードダンサー達。Davidはずっと奥に居たようです。)

また東海岸沿いに低気圧が押し寄せてきているとのこと、今朝はちょっぴり肌寒い風が木々を揺らしています。
コーヒーを楽しみながら読書するのにも最適な季候と云えます。
これから街はいよいよホリデーシーズンの色を増す事でしょう。


11/05/2012

これで、きまり

その機能や商業戦略策謀や文化政策やらの兼ね合いから、この数ヶ月間程はアップル社のIphone5にするか、サムサングのギャラクシーSIIにするかをずっと考えあぐねていたのですが、ソニーエクスペリアのスマホを購入して、今の気分はすっきりです。
45年間もの渡米生活をしている私個人には、日本製品技術に対する一種の強い信頼心が根底にあって、これまでも家電の殆どを日本企業会社の製品を購入し続けて今日に至っています。
それらどの製品をとって購入後に不良製品であるかの反省後悔心を持った事も皆無で日本の技術にはいつの時も満足しているのです。
ただ、IT企業に関してはソニー始め、殆どの日本の会社が少しばかり遅れをとっているようで、電話通信機に関しては中国、韓国が著しい伸びをみせていて、日本企業に進出を期待する私は、少しばかりあれこれ思案していたわけです。(私ごとき個人が独りでアレコレ思案する問題では無いし、ちょっとばかり理屈っぽいのが私の悪いところなのはショウチノスケござい。笑)

昨日観た日本のテレビ政治文化を語るバラェティ番組(たかじんのそこまていって委員会)で、米国大統領選の話をしていましたが、その中である作家・文化人が「共和党はいつの時代も日本の財政には友好であり、民主党のオバマ政権が日本に与える得は少ない」と話した方がいて、少し驚きました。
しかも、「初めての黒人大統領として選出する必要性だけで選ばれた大統領」なんて暴言まで。
「ロムニー議員が半中国体制で、オバマ現大統領は中国とは交友的で、日本はオバマ政権では中国からの侵害を応援してはもらえない」と。
ええ~っ?!てな発言。
違いますってば。ロムニー氏は国内にある自分の会社を潰して、多くの解雇者を出してまで、その企業を中国に移し安い雇用で利益を上げるという会社を開いたのですよ。ロムニー氏は根っからのビジネスマンで、国民の利益は資本家権力が強くなれば補われると信じているわけで、保険や医療をも政府の政策を私営化する事で大企業資本潤う事が民衆を潤すはずといった政策なのですよ。ロムニー政策では外交もビジネスセールトークの一環であって、騙すか騙されるかといったその場勝負といったものだと私には思えます。
先日など事実無根のテレビ広告を放映して「オバマ政権の下にジープ社が国内産業を閉鎖して、中国に進出する。これを抑えよう」と発表したりの(これにはジープ社が強い抗議表明を示しましたが、兎も角、ロムニーサイドはこれまでも嘘の情報を流しまくり放題。
あげく、なるべく国益となり得ない下層部の選挙投票権利をいかに締め出すかの対策を練り、同性愛人種を認めず、加え男尊女卑思考が強く、資本権力主義で、あの手この手でその場その時の真実に反したアタックが彼らの政策なのだと感じています。
ロムニー氏の弱きを切り、強きになびき、社会福祉など利益を生まないものは何の得にもならないとの政策思考には、どうしても賛成し兼ねます。
なんだかんだいっても明日には新大統領がきまります。
私の一票がどうかその評価を得られん事を願いつつ。
これで、きまり。

11/03/2012

マイブーム

アジアマーケットに行かなくとも最寄のスーパーで豆腐パックを購入する事が可能になって、朝食に豆腐と白菜やその他野菜の実沢山お味噌汁を頂いています。(写真は最寄WinnDexieスーパーから購入した豆腐パック)
和食レストランでは好んで味噌汁を取る家族にしても、家では何故か味噌汁を欲しがる事はなく、毎朝私一人がお鍋いっぱいを頂いてしまいます。
減塩味噌を使ってはいますが、これでは塩分の取りすぎですね。
夫が入れてくれるエクプレソに味噌汁とバナナかグラノラバーが、このところ私の平常ブランチとしてマイブームです。

ここ数日ちょっぴり肌寒いので、カメニャンは私の体に張り付いている時間が多くなりました。
椅子に座ってラップトップを使い出すと、必ずといってもいっても良いほど私の胸部と肩にかけて、顔面の真ん前に座り込みをきめるのです。
時折、夫と息子が身代わりをかってでて、カメニャンを連れて行ってくれるのですが、やはり私の脂肪布団の具合が余程、彼女に合っているのでしょうね、5分間も他の人達の体に座っているのが不都合らしくって、またすぐ私の体に張り付きに戻って来ます。
今ではうるさいくらい注目が欲しいらしいのですが、数年前までは今のカメニャンとは別猫のように、抱かれ嫌いの触られ、構われ嫌いだったのですよ。
ニャンコというものはその時、その時期で行動範囲や行動癖等を変更する習性もあるようですから、私の所で座り込むという行動も今の彼女のマイブームといったところなのでしょうかね。