11/30/2013

少し落ち着いたかな

ブラックフライデーセールの週末ですが、どうなのかしら。
少しは落ち着いたのかな?外の車の騒々しい響きはちょっとは静まってきたのか、それとも慣れっこになってしまったものか、さほど気にならない朝です。
今日土曜日の新聞もあんなにどっさりの宣伝広告紙がはさまれていなくて、すっきりスマートです。
もっとも明日の日曜版だとクリスマスセールの広告紙がまたどっさりなのでしょうけれど。
感謝祭前は一般庶民向けのバーゲンセールの目玉商品をうたったチラシが多かったのが、感謝祭日には多分セレブ向けにだと思われる大判で高級雑誌ぶりの折込本が入っていて、フムフム、、上流社会の人々はこんなのを観て楽しむのかとちょっとの間のセレブ気分に庶民の私の目が興味を示しましたデス。
実際のところは、手の届かぬセレブの世界より、最寄デパートや商店街の様子が気になります。
テレビの番組なんかでも、セレブの日常生活リアリティショーなんか観たいとも思わないのは私が偏屈者だからでは無いと思うんだけれどね、、。
偉人や芸術や心を幸せにさせる日常生活を知りたいと思う探究心は多いに善しとしても、性格の悪い人間達の日常を高級社会であれ、低俗人間界であれ、知ってどうなる?
悪や酷より善や美を探究する人間でありたいね。
もっともそれらを超越した凄い人間にはなれないでしょうけれど-えっと、何の話をしていたんでしたっけ?

今日はジョニーがニューヨークから戻るのとバトンタッチでシャーンがゲインズビルに返るので、マイアミ空港へ2往復することになりそうです。

11/29/2013

お楽しみ人それぞれ

いやぁ~楽しかったでアリマス。
NYの息子Johnは勤務で来られなかったのですが、我が家恒例の感謝祭デナーは夫Donの手料理七面鳥を囲んで、孫3人Kristina, Shaun, Davidと彼らのママRoseが参加の楽しい夕べとなりました。
短いテーブルクロスがちと気にはなりますが、(先日色々掃除していて、殆どの古物を処分してしまって、気がつくとこれしか残っていなかったザマス。)
Donは朝からキチンに立ちっぱなし、私も合間々々で野菜やらカットしたり味見したり、、。
メニューは七面鳥のブレッド詰め焼き、レタス・トマト・きゅうり等の野菜サラダ、ベリーズ・グレープスのフルーツサラダ、キャンディド・スイートポテト、(これは亡母が昔お正月やお祝いに作った芋キントンに一番味が似ている味がします。)アップルパイ、パンプキンパイ、ミニエクレア盛り、デナーロールビスケット、3種類のワインとソフトドリンク、サラミ・ハム・チーズとセロリステック、そしてアイスクリームケーキも冷蔵庫でスタンドバイ。
いやぁ~食べた食べた。皆苦しくなるまで食べたもんね。
皆が健康でこうして集えることが私達にとっての感謝祭でアリマス。
かたずけが終わって、皆が笑顔でGood nightと別れる頃はもう夜中。
巷では早ショッピング合戦が始まっているようで、少し離れているハイウェィから車の騒音が響いてきます。
並ぶことに不慣れなこの国の人々もこのブラックフライデーセール期間には全米中がどこもかしこもこんな状態になるようですよ。
朝方5時頃に何時もとは違う車の騒音が耳について目が覚めましたが、昨夜のデナーの疲れからか、いつもよりずっと遅く寝室を出ると、Davidはさすが私達の体調が心配だったものか、階下で待っていました。(目が―『あ~、大丈夫だったんダ、良かったぁ』と云っており、彼の頭を撫でて、「私達はまだ大丈夫だよ」と言ってあげました。笑
で、彼は早速モールにショッピングに出かけました。
Shaunは久しぶりの友人達とパソコンを通してゲームをやっていて、夕方にはこちらの友人達とモールに出かけるそう。
どの人も皆それぞれに気せわしながら、このシーズンを楽しんでいるようです。

11/27/2013

ホリデーシーズン突入

ホリデーシーズンに入ったので、巷ではセール合戦が始まっています。
新聞の中や郵便物にも宣伝広告折込紙もどっさりと送られてきます。
メールにも「プレ・ブラック・フライデーセール」だとか、「サイバーマンデー」(感謝祭日週末の大セールはブラックフライデー-黒字に出来る大セール日-とされていて、全米が大騒ぎのショッピングの日であり、その後者に控えるのが自宅でパソコンでメールオーダーセールを探る月曜日、サイバーマンデーなのでありますね。
この週は木曜日(今年は28日)の感謝祭デナーが終わったらその夜からショッピングに繰り出す人々で溢れ出し、翌金曜日の朝は多くの商店が早朝の4時、5時に開店し、(通常は午前10時が開店時間なのですが)夜も通常時よりずっと遅い夜半まで営業するわけで、各店舗の目玉商品を競争買いする人達で大混雑するといったのが定番のブラックフライデーです。
私ですか?いえいえ、トンデモハップン!(ギャグが古いね)
もう数年前に駐車場を探して一日を大変な思いで過ごした経験から、この全米祭り騒ぎセール日は外出しないことになってます。そんなエネルギー残っちゃいないですもん。
サイバーマンデーは自宅行事(?)ですから一応目を通しておくでしょうけれどね。

なんやかやで気忙しいけれど、私はやはりこのシーズンが好き。
「今年も生きてたか」って少し感傷的になったりします。
最近このブログにはまっています。アイ・ラブ・クリスマス
楽しいホリデーのクッキングや可愛い動物達や、この時期には見ておきたい画像満載です。

今年の孫達へのクリスマスプレゼントは何にしようかなぁ、、と考えあぐねていると、一番オチビだったディビットが「特別何が欲しいか解らないし、趣味の問題もあるし、それなら現金でもらってもいいかなと思うんだ」なんてことをヌカシオリますゾ。

11/23/2013

何観ようか

この敷地一帯が自然動物保護地としているので、護衛パトロールもあってこの近辺の池では魚釣りも禁止されているのですが、渡り鳥以外の定住小動物が多祥した事で、ゴルフ場経営者と住民による自治体が公営機関に動物確保移住契約がなされたようで、それらの数がずっと減少したのが見て取れます。
 今朝は何時もは多い白黒ブチのアヒル達に混じって茶系のが裏庭に現れたので、パン屑を与えてみました。
 これら自然動物に獲付けをすることは禁止されているので久しぶりの事です。彼等はこれから更に南に飛んでいくのか、そして何時までここに滞在するものやら。一昨日までは窓から見えた黒っぽい大きくてスラリとした鳥達の姿ももうありません。(写真撮り損ねました)
いつも思います。野性動物達も生きるということは大変だなぁ、、、と。
鳥は空を自由に飛べていいな、なんて安易に云っている人間は愚の骨頂かもネ。

映画「舟を編む」と「藁の盾」を観ました。

辞書作りの大変さが凄いものだと改めて知ると共に「言葉」の大事さが身にしみます。
ストーリーは淡々としたもので静かな中に人間愛や動物愛もおりこまれていて、時代と活きる―居切る―生きる―伝達方の一環として辞書があるだと、そして日本語の奥は深くて、それを少しでも理解し、知る事が今を生きていると私を感じさせるツールなのだと感じ得ました。

後者は前者とは対照的にアクション物といっても良いのでは無いかと思われます。人間独自の立場や行動が解り、護衛システム機関にはエンタティメント性が少々過激と感じましたが、現代犯罪者の心境がよく捕らえられているところはとても面白く観ることができました。

今夜は息子が撮ってくれてテレビのファイルに保管されている映画を見ようかと思っています。(題名は―とここでテレビをつけてみたのですが、あまりに沢山レーコーディングされていてどれがどれやらワカラン)


11/21/2013

誕生日と命日

今朝グーグルを開けるとバースデーケーキのグーグル文字だ。
昨年は画面のこの文字が目に飛び込んできた時はなんだかとても嬉しかったのを思い出している。
でも、考えると昨年までは誕生日というものが無性に嬉しかったという気がするが、今年は何やら違った感覚で迎えたようにも思える。
大袈裟に表現すると、或る時期を過ぎて次の空間に足を踏み入れたかのような、目に無い何かを感じるような、ちょっと不思議な境地内に入ったかのような。それは決して不とか非では無くとも、それが可と是でもないといったように、私にとっては空で不思議な感覚としか云いようがないわけで―ワケの解らん話でスミマセン―。
寝室を出て階下に行くと、キチンテーブルに夫と子供達からのハッピーバースデーカードとプレゼントが置かれていた。
何も要らないよと言っておいたのですが、やはりこの気持ちが嬉しくて(もう、この馴染みの香水はつけて出かけたりしないのよ―去年のもまだあるしね)とは口に出来ませナンダ。
私の好きな一品である事にはちがいありませんし。
ありがとう。私はハッピーなのだ。

お話かわって、、今週月曜日には夫勤務先(ブロワード大学南キャンパス)でバイデン副大統領夫人のジル・バイデン(セカンドレデイー)の訪問講演がなされ、キャンパス内を沢山のシークレットサービスのエージェントが右往左往しての護衛形態に大学側にあれやこれやと指令が下されて責任者である夫はもう、大変だったそう。で、彼はその講演を見学出来なかったので、セカンドレディーのお話がどれほど素晴らしかったなどとは知りえなかったんだそうです。
その代わり、と言っては違うかもですが、、昨日の水曜日には本校キャンパスで故ロバートケネディの息子であるロバートケネディJr.が「環境問題」についての講演があって、夫はそれの見学を学生達と共にしたそうです。
「特別には自分の知らない範囲の話ではなかったが、彼自身のケネデイ家での生い立ちやその政治活動の関わりを聞く事が出来たのは興味深いものだった」とのこと。(私も事前に知っていたら、講演を見たかったかも―講演会場は受講者が半分位しか入っていなかったらしい)
今の学生達にはケネディの名は唯の語りくさにしかないのかも。

JFKの娘キャロラインが駐日大使になりましたね。 そういえば、今でも語り告がれるJFKのあの事件の命日が明日です。


11/20/2013

雨の朝

低気圧が寄って来ているとかで、先ほどまで雷が音をたてていたのが、今は大雨です。
 この湿気が草木にも、お肌にもよい事ではあるのでしょうが、私はこのジメジメさが大の苦手であります。
雨を喜んでいるのは虫を満腹になるまで楽しめるアヒル達ですが、アリや他の地虫なんかは行列をなしてドライランドを求めて我が家に侵入してくるのが大迷惑といった雨降り日です。 
山という山が無い全区域がパンケーキ状の平地のフロリダ州はその大昔に海の底が起状して出来ただけに海抜より低い土地が多く、ちょっと掘れば水が出るといった、又は土地の液状化のシンクホールが出来る土地柄、少々の雨天候にも弱く、直ぐにあちこちで床下浸水などの水害に民家は悩まされたりします。ニューヨーク住まいの息子は「それでも他州のように年中が寒くならないのは一番の魅力だ。
ニューヨークの夏の暑さと、冬の寒さは普通人間には耐え難いものがある。」のだそうで、毎週定休日はこちらに戻っているわけです。 もっとも、雨降りだろうと日照りであろうと、私自身は最寄のスーパーや主治医がいるクリニックに出かけること意外では滅多に外出しなくなっているので、天候が不都合をおこしているわけでもないのですがね。笑

今日も自分のお気に入りの動画を見たり、音楽を聴いたりの私です。 何かこれと言ったお気に入りの動画やフォトをみつけると、ついフェイスブックでシェアしていて、たまにはこのブログにも載せて紹介したりもしますが、私が見るものは対外他の方達も見ているのだろうと察しられて、特別アップするまでもないかなぁと考えてしまいます。
多分、今日のこの私の好きな「もっとも価値のあるコインの使い方」というユーチューブの動画も既に目にした方は多いでしょうが、と、ここまで書いたら、外の雨が止んだようです。(これを書き出してから途中、動画を見たり、音楽を聴いたりして時間が過ぎていたのに気がついてませんでした。)
今は青空がみえています。
 
「ダンダリン 労働基準監査官」の主題歌がすっかり私の耳に心地よくきこえてきて、頭から離れません。
今や日本の歌手の方達を忘れていく一方の私にも松任谷由実さんの声は何か独特で不思議な魅力に溢れています。

11/16/2013

なんだかなぁ~

思いっきり毎日が淡々とした暮らしをしています。
特にこれと言った話題も無く、四季の変化も注しては感じられない中で、なーんとなく、時間が過ぎていく感じです。
今朝もいつものように、キチンの窓から外を眺めていると、プールの底に木の葉が落ちているのが見えます。
プールはスクリーンハウスで囲われていますので、どうやってあの粉かな網目を突破してプールに落ちてくるのだろうと、いつも不思議に感じています。
数年前までは業者さんに週1で水の検査やら、掃除やらをしてもらっていたのですが、今は夫が水質バランス検査をして、高校生のディヴィッドが掃除を担当しています。(シャーンが学生寮に行くまでは彼と交代でやってました。)
夏の終りにはお隣の庭の木々から吹雪のように赤い花が降ってきたりして、水面に浮かんだり、沈んだりしたものでここの季節を知る事も多いかもしれません。
今朝は椰子の木の枯れた一片の葉と昨夜の大雨を逃れてプールポンプに吸い上げられてしまったのかミミズちゃんの亡骸、そして、ありゃりゃ何処から突っ込んだものやらゴルフボールが一個沈んでおりました。(スクリーンの上にもゴルフボールは2個ありますけれど)
周りの大木を突き抜け、更にスクリーンハウスの網や枠を通ってまでやってくるとは、何たるエネルギーの誤算ではありませんか。
これをこちらの情緒と言えば、云えない事もないのでしょうけれど、、なんだかなぁ~デス。

あるテレビ番組の中で睡眠について語られていて、夜の照明はオレンジ系が精神的に一番良いと云われていた。
特にスマホやPCの白い光は就寝前には極力避けるのが好ましいとのこと。
ところが私は毎晩白球電灯の下で、読書するかタブレットでアレコレと動画を見たり、調べたりするのが常という生活で、これが私の目と脳の低下、そして更に悪い睡眠に繋がっているらしい。
で、その専門家が言うには「サングラスをかけることでPC等の白光色は避けることが出来、目と脳神経の刺激を無くして安眠に繋がります」とのこと。
よしっ、それならばと、夜用に茶系色の読書メガネを用意してやってみました。
夜中にサングラスをかけてタブレットを見ている私の姿を見た夫、「何やってるのオ!What are you doing?」ともう、それはびっくり。
とうとうその時が来たかぁと思ったのでしょうね。完全に私の思考力がオフモードになったのか?と。
でも、その時、説明するのが面倒くさかったので、「うん、これ?うん、うん」と澄ました顔でサングラスをはずして、タブレットを切って、そのまま眠りの姿勢に、、。そして昨夜はやはり、ぐっすり眠れたようです。
しかし、夫の方は何やら私の顔色をさぐっているようです。笑
息子までもが「明日早朝のマイアミ空港へのドライブは大丈夫?」と聞いてきたのは笑えました。
家族は思っているのでしょうネ。この頃の私の事を -なんだかなぁ~と。

Oh, もう一つ、今思った「なんだかなぁ~」の話。
一度この更新をアップしたとたんに、気がつきました。
今日11月16日は私達夫婦の45年目の結婚記念日でした!!
今年初めて、この日に気がついてなかったのがちょっと驚きでもあり、今夫と二人で大笑いをしました。本当に大笑いの私達です。
さて、今日はこれから何をしよう?って、なんだかなぁ~。
でも、45年の今も時折は「?」や「!」を交わしながらも夫婦円満でアリマス。

11/06/2013

屋根瓦は黒い?

11月になるとやっと涼しくなってきて、この2,3日は居間のシーリングファンだけは空気の流れを即するためにかけてはいますがセントラルエアコンは切っています。
私にはこの涼しさが嬉しいのですが、3/5の心臓保持を維持している夫には外気が「ちょっと涼しすぎる」のだそう。
冷気が流れ湿気が少し低いと私自身は体調が良く思えるのですが、適度の湿気が無くてはなりませんものね、今が丁度良いのかもしれません。

グーグルの宇宙地図にあるこの地域の写真がちょっと古いので、我が家を空から見ると赤茶のスパニッシュ瓦がカビで黒く汚れているのが見て取れるせいか、業者さんにクリーンして綺麗になっている今も時折多くの洗浄業者さんからセールズコールを受けます。
今日はパティオとスクリーンハウスを洗浄の業者さんが来る予定です。
セールズコールお断りのリストに載せてはいるのですが、そのリストも無視の迷惑コールが多くて、グーグルの地図がいつも現時点を捉えているとは限らないのでこれをアップデートをする頃にはまた我が家の瓦は黒くなってしまってるかもですから結局同じ事なのかな。笑

プロフットボールで家族が応援するマイアミドルフィンでチーム員間の「いじめ」問題が世間で大きく取り上げられていますね。
虐め問題はどの世界にもはびこって無くなりませんねェ。
人間ばかりか動物社会に於いても、これに似た行動はみられるらしいから、いくら人間が進化してきているとはいえ、やはり生物の本能的攻撃と防御の性を全く取り除かれるという事は無いのでしょう。
どうやってその中で折り合いをもって生きていくのかと云う事が肝心なんでしょうかね。
ともかく、人間とは厄介な動物に違いありません。(と、私が飼っていた動物達のつぶやきを聞いた事があるような、、、アナタも?)