1/31/2015

生き物は皆大事

私が風邪を引いて弱っていると聞いたDonの勤務先お仲間がビタミンの代わりにとスターフルーツをもたせてくれました。
私はいつもは熟れていない蒼いままのスターフルーツをスーパーから時々買って酸っぱい物好きのDavidに出すのですが、このように自宅の庭でとれるまで熟された黄色いスターフルーツには滅多におめにかからないわけで、今日はその甘いのを頂く事になりました。
今では日本でも色々なフルーツや野菜が手軽に食するようになっているようですが、私が在日の頃の時代には食卓や八百屋さんでも置かれない珍しいものを知るすべはありませんでした。
その逆で昔良く食したのに今ではお目にかからないものに、ユリの根や銀杏があります。
亡母が大鍋に作ったうま煮の材料に一つであるユリの根は私が大好きな味の一つで、そればかりを摘み取って食べて叱られたりしたものでした。笑
これからも生涯あのユリの根を口に出来ないのかしらと思うと寂しい限りです。

今日も好天気、今日は少しプールの水をたしておかねば、大分蒸発してしまっています。
パテォ沿いに常連アヒル達がやってきて私がパン屑を逸撒くのかとまちかまえているようなので、ひとまずやってきます。
写真をとったのですが、白黒のアヒル達の羽が地面の太陽光と影とで迷彩色となって何がなにやら見違えそう。
真っ白や茶一色のアヒルはここらでは滅多に見ることはありません。
白黒の上に赤い醜い斑点がくちばし上に付いていてお世辞にも可愛いアヒルとは云いがたいのですよ。
写真には写っていないかな、Ashleyが気にしている白とグレーの縞々アヒルちゃん。何故かこのちっちゃなアヒルが私にとてもなついています。
と、今おもったのですが、この頃グレーに白模様のセーターを着ているので、自分の仲間かママと勘違いしているのかも。
それで、Ashleyがそれをセンスして『違うよー。これはアタチのトトロ御婆でシュ。』と見張ってるってとこなのだろうか。笑
野生動物に餌付けをする事は敷地規則で禁じられているので、これは私の密かな楽しみではあるのですが、ブログに書いちゃっても大丈夫かいナと心配してくださる方もいましょう。
動物好きの御婆を多めにみてくれる人は多いとは思いますがね。
私がアヒルの所へ行くと、ニャントリオはとても焼餅をやくようで、家に戻ってからも3匹は文句タラタラなんですよ。
いいじゃない。生き物はみんな大事にしていこうよ。ねェ。

昨夜Davidの高校生最後の部活家族の夕べが催されたのですが、私の体調での参加は無理なので、今日PCでその様子を見させてもらうことにしています。これを始め、今年いっぱいは「高校生活最後の催し」が多くなるDavidはまだまだ忙しそう。せいぜい生活を楽しんでもらいたい。


1/30/2015

今日も安穏

今朝は朝4時半起きで、Jhonnieをマイアミ空港まで送ってきました。
年を取ったら早起きは大丈夫でしょうと思われがちですが、これがまた何ともつらいのです。(平日だと午前7時半起きなんです。)
マイアミ-ニューヨーク間には何便もの飛行機が飛んでいますが、空席待ちの雇用者席ですから早い便にスタンバイをする必要があるわけで、時々は午後の遅い便を狙って帰宅する事もありますが、送迎車の関係上、早い便で行くと、小一時間内の往復運転となるのでDavidが私が戻り次第、登校する時間なので車バトンタッチの都合が良いわけです。
週4日勤務(一日10時間労働)なのを幸いにこうして毎週帰省しているのですが、今回は寒いNYからマイアミの生温い天候に大差がありすぎたのか、風邪をひいてしまい、何時もよりも私の世話が必要であったために、私も今日はうつされたのでしょうか、気分がイマイチなのです。
体調が悪い時は帰省してもらわない約束でしたが、こちらへきてから菌に冒されたらしくてはしかたありません。
今日も好天気で肌寒いので、ニャントリオはコロコロと犬の様に駆け回ってこの気候をたのしんでいるようですよ。-1/28/15 記


肌寒い日が続いていて、私の膝の痛みもMaxに。何か楽しい事を掲載しようとしていた意気込みは何処かへ消えてなくなったみたい。

今日この頃Ashleyが何時もパテォでジッとアヒル達を観察している姿が目に付く。どうやら白・黒の醜いアヒル軍団の中にグレーの小型のアヒルがいて、自分に似てると思っているのかは定かでないけれど、そのグレーちゃん気になっているらしい。
家の中でIkaikaとKioniがドタンバタンと走り回ってじゃれあっているのにはあまり一緒にはあそばないで、すぐパテォにむかうAshleyだ。今も独り、外をながめている。(と、写真を撮ろうとすると、それに気が付いて私の側に来てしまった)でも復直ぐに出て行った。

昨日日本のテレビバラェティーショウの「雨トーク、スマホを使え切れない芸人」というのを見た。おかしくって、大笑いした。
日本でのスマホの所有率はかなりのものだときいていたので、40代、50代以上の人達であれば、さもありなんと思っていたのが、あれはショー用におもしろくしているだけなのか、20台、30代の芸人までもがスマホの使用に右往左往しているのにちょっと意外だなァと驚いた。
私自身スマホをつかいきっているとは云えないかもしれないが、あのショーのなかでチンプンカンプンをやっている連中よりはもっと知っているかも。
ちょっと安堵した。笑

1/28/2015

ベッドを降りた位置がわるい

お正月番組までよく見ていた日本のテレビ番組も最近は何だかちっとも面白いとは思えず、特に30分もののお話には内容がつまらないものばかりになったような気がして一時間ものの特番とか、シリーズでも相棒とかミステリー劇場的な話の内容に幅があるものが好きで、それ以外の物はいままで気にしていた政治番組も最近は左程の興味が無くなってしまった。
そんなところで、政治の話をブログに記することを善しとしていない私も、今日はちょっと一言と思ったお話をしたいと思います。

日本の民主党と米国の民主党の体制はまるで違っていて、日本の自民党がこちらの共和党とまるで違っているのと同じはなしなのは当たり前だが、最近日本の民主党の人気が低迷しているなか、こちらのデモクラット(民主党)がまるで駄目人間の党であり、共和党の勢いに加勢してかオバマ大統領を良く評価しない風潮が日本の方々の合間にも駄目大統領第一候補などと陰口をたたいている人がいるようです。
たかじんの「いって委員会」の番組をみていると、数名のパネラーが米国の共和党との交流が多いのか、驚くほどに共和党に肩入れをしているのがわかります。先日など「オバマは歴代一の弱い、悪い大統領と化した」などといったのを聞いて、思わず激怒した私でした。
こちらの医療が非常に高額な事は有名なはなしですが、統一国政健康医療保険がある日本の医療にも色々な問題はあるはずで、しかし保険が無いからと医療手当てを断られる人はいないでしょう。この国では個人で保険に入っていない貧民は大勢いて、保険をもっていないが為に医療機関から断られて唯死に至るという事は日常茶飯事の話なのですよ。
でも、このオバマ・ケアという一般市民健康保険でどれだけの人々が医療を受けられるようになった素晴らしさは日本では公表されていないようで、あれほどアメリカを世界の犬と酷評していた人々は今度はアメリカは負け犬、世界のポリスにはなれない弱いヤツ、などど云うのです。
私個人の意見としては、オバマ大統領が世界のポリス役から降りたことを勇気ある決断だと思いますし、自分達は戦わずしてヤイノヤイノとチャチャをいれる人民こそクズだと思われますが、、。

それに、先日ある人が「オバマは政略よりも、自分のスピーチがいかに優れたものかだけを気にしている。」といった方がおりました。
それも私にいわせれば、You are wrong!
それこそ共和党の誰かさんの言葉を口移しにしただけの悪口の一つだとすぐにわかります。日本のジャーナリストが共和党の右よりの意見ばかりを聞いて報道に出すのは辞めて欲しい。

あれっ、今日はいつもとは違う場所から起きたのでしょうか。
ベッドを降りた位置が悪かったのでしょう、機嫌があまり良くなくて、いつもとは違った風になってしまって政治の話など朝から考えてしまいました。
これを読んだ皆さん、ごめんなさいね。
明日は何か良い事がかけるでしょうか。何せあまり代わり映えのしない毎日をくらしていますので、、、。
何か楽しい話題があるといいのですがね。


1/26/2015

好天気!

今日の外気は少々寒いのだけれど、太陽が燦々の青空に雲の一点も無い好天気だ。
一方は大陸、三方を海に囲まれているこのフロリダ州で、このように空に雲が一点も見当たらない日は珍しい。
Donは今朝は風が冷たいと、パテォではなくて、車庫の中に椅子を持ち出して新聞を読んでいる。
近所の子供が半ズボン、ノースリーブ姿でバスケットボールに興じているのが見える。寒さ知らずである。子供は風の子だものね。
もっとも今朝NYから戻ってきたJohnnieは「ここは夏の天気だねェNYは大雪だったけれど」といっているから、北国の住人達にはこの天候はやはりパラダイス天候なのだろう。
海岸沿いでは沢山のカナダ人やヨーロッパからの観光客が水着で日光浴を楽しんでいるようだしね。
寒いので膝が痛む私はすっかりこのフロリダ天候になれてしまったのだなァ、道産子だっていうのに、雪国の寒さをすっかり忘れてしまってるのかもしれない。

(写真左からIkaika, Kioni&Ashley -ヒゲ長のボンヤリ顔がイカイカ、ちょっと厳つい顔の大尻尾がキオニ、カメニャン似のチビにゃんがアシュリー)
外(パテォ)で遊んでいたニャントリオが『ワッ、ワーッ』とばかりに家に書け戻ったのは、いつものお仲間アヒルとは違った大きな鳥がさーっと裏庭を横切って飛んでいったかららしい。
体は大きいが、音にはとても敏感で、来客でもあろうものなら、大慌てで2階のベッドの下などに隠れにひた走りをする。
一番気持ちが座っているのはチビちゃんの♀猫Ashleyなのが、人間と同じに男より女が精神的には気丈なのだろうか。

気象予報では明日も、この一週間は肌寒い日が続きそうだ。
ウチのニャントリオは雪が振るほどの寒い天候を経験していないし、これからも体験できる事はないかもしれないので、今のこの天候は彼等にとっては毛皮コートには快適なのだろう。少々の肌寒さは嬉しいらしく、犬のように元気になる。幸せなヤツラだ。

1/24/2015

単純脳細胞

一昨日健康医療番組「ためしてガッテン-お天気痛」というのを見たのだが、私の単純な脳は『あ、それ知ってる。そうなのよ。お天気って本当に体が反応するのよね。』とばかりに昨晩から右膝が床につける度にビリビリと痛み『明日は曇り後雨だぞー』とばかりに知らせてきた。
なんちゅう単純なヤツ。今までは雨天にはシクシクといった感じでしかなかったのが番組を見てからは、以前に増して痛みが敏感になったのではないか。

昔テレビで見たSFストーリーに未来を予知できる少年が色々と学習をして地能力が増すとそれに比例して予知力が強くなり、最たる時期には知らないほうが幸せであったかもしれない事の原理を知ってしまったが為に人類滅亡の予言を迫られてしまうという話があったのを何となく思い出してしまった。
これだもの2階ロフトを読書場にしようとしたって悪天候の時は痛む膝をかかえて昇り降りが困難を増すようでは、無理があったんだよネ。ヤレヤレ。


昨日Iphone app.にある”猫語人間語訳アプリ”で遊んでみた。
人間語をレコーデングしてニャンのボタンを押すと、なにやらニャン語に約された「ミヤ~~ゥ、ニャンーニャン」ってな風に音が出るのだ。
独り階下でそれをやってると、早速2階で寝ていたらしいニャントリオが駆け下りてきた。
『今、話したのは誰なのォ?』とばかりにそれぞれが私の手やらIphoneやらの匂いを嗅ぎ出して、騒いでいる。
私は日本語で「こんにちわ、ニャンチャン達」と入れたのだけれど、本当に猫語で同じに訳されて発信されたのかはイマイチ疑わしい。証拠に次は英語で'Hello, everyone”と入れたら、まるで違うニャンの声で違ったサウンドのミャ~だった。笑
それでもニャントリオの興奮は暫くは高ぶってか、私の周りの検索をやめないでいたから、正しく約されたかどうかは別で、『誰か侵入者(猫)がいるのかなァ、探してみようよ』といった話ではなかったのだろうか。
私が地声で「ミャ~~ゥ」といっても『今のは、トトロ御婆だね。何さ、何か呼んだ・』との反応しかしないのは家族の声のトーンはニャントリオは既に家族として脳に登録済みなのかもしれない。
でも、こうやって時々ジャレたり、脅かしたり、奇行を試してみたり、ニャンとの遊びはやはり面白い。
多分、単純脳細胞では彼等も同じだろうから、お互いに腹の中で、『人間って構うと面白い』と思ってるのかもしれないね。笑

1/23/2015

気を使わせちゃってる

ららラーッ!
コリャ大変だッ!
昨年張り替えたばかりのカーペットが見るも無残に、、、。
「グランマ~!僕知らないよ、部屋を何時も空けておいていたから、猫が勝手に自分を閉じ込めて、必死に戸を開けたんじゃないの?Ashleyの仕業だと思うよ。グランパ、怒るだろうねェーっ」とDavidが叫んでいるので、見に行くと、この始末。Oh,どうしてくれよう!ったって、どうしようもない。
道理で、いつもは直ぐに駆け寄ってくるAshleyが不振気味に隠れて私を伺っていると思ったサ。

夕刻に恐る恐るDonにAshleyの不始末を報告すると、「ハサミで毛足をそろえて見栄えが可笑しくないようにしておきなさい。」と怒りたいのをグッと抑えて言っている様だった。
最近気が付いたのだが、家族が全員私に気を使って大声を出さないように、私の気持ちが不安定になって喘息発作が起きたら大変だと主治医から忠告でもあったのだろうか、皆が当たり障りのない対応なのである。

JohnnieがNYに戻る時の空港への運転もいつもは凄いスピードで私が再三忠告してスローダウンさせていたのに、先日はいつもの違っていて空港に着くや否や走ってカウンターに向かったようだし、私が寝室に入るとKristinaもDavidも音楽のボリュームを下げたりするし、「しっ、大声は駄目ダ」と言ってみたりしているし、Donも私が何かする度にThank you for doing thatの一言がきかれるし、(彼のテーブルのお皿をさげたりするだけなのだが)皆が極力私が精神不安定にならないように示し合わせているような、、、。
あァ、それでェ。私がKristinaのワイングラスを壊した時も彼女はグッと怒りを抑えていたんだ。ふ~む、、。

お陰で私の発作は大事に至らないですんでいるけれど、何だが気が引けちゃうな。悪いねェ、皆に。
でも、そのお陰でニャントリオの悪さは多めにみてもらえちゃうから、まッいいか。精神不安定な御婆に精神不安定なニャン家族となったら目もあてられないかもしれないものね。
でも、怒られない事を良い事にして、悪さをしちゃァ、駄目なんだからね、ニャン達よ。
今日の話題は余り良いお話ではなかったナ。
毎日が良い事だらけの生活というものはないでしょうから、此れでいいよね。


1/22/2015

ちょっと変えてみた

今現在Johnnieが帰省する度に私の趣味の小物棚のある階下のSitting Areaを寝室にしているので、彼が帰っている週3日程は私が横になってする読書部屋が占領されている。
そこでかんがえたのだが、今は無駄にしている2階廊下のちっちゃこーいロフトを何とかして私の書斎(と云うと聞こえが良いが、単に小さなくつろぎの場)に出来ないものかなと、机やらソファベッドを並び変えてみた。
若い頃だと、リビングやダイニングも年3度程はあれこれ家具を並び替えたりして自分の生活空間に飽きがこないようにしたものだが、そんな体力も気力も失せた今は久しぶりの部屋の衣替えとなった。
としても3畳半くらいのチッチャコイ床面積なので、それぞれを置くのはあまり変りは無いが、それでも人形や花を飾ったら、何となくそれらしい空間が出来上がった。
しかし、台所や居間が階下なので、なんとも使い勝手は良くない。
ま、Johnnieがきている時だけはここで我慢しようかな。

変えたといえばといえば、Davidが誕生日にダデイからIphone6を買ってもらったので、彼が昨年クリスマスに買い換えたIphone5Sが私に下がってきた。
私はIphone4Sで、それほど不都合があったわけではないけれど、せっかくそれよりアップグレードになるのならと代えてもらった。
アップグレードしたからといって、たいした違いは無い。そもそもそれほどスマホをスイスイ、サクサクと使い切っている私では無いので、ただ、形的に持ちやすい(5Sは立てにスマートなので)という事かなあ、、。
今の所どんな機種でも私には”猫に小判”、”豚に真珠”ってとこだね。

1/21/2015

雑種一家(再記)

可愛い猫の画像が載っているサイトを見ていると、うちのニャントリオにそっくりなニャンが載せられていて、猫の種類がメインクーンと記されている。
そこでメインクーン・キャットと検索イメージで画像を調べると、そこには何匹ものキオニとイカイカのそっくりさんが画面一面に表れた。(写真左がウチのキオニで、右はどちらかのキオニそっくりニャンちゃんです。)うちのニャントリオがグレイ・アメリカン・タビーだとばかり思っていたのが、何と実はあの大猫の血筋のメイン・クーンだと解かった。
どうりでタヌキに似ていたのだね、メインクーンMaincoonは体格が15キロにもなるメイン州に見られるタヌキの意味だもの。
右の画像はイカイカのそっくりさん。ライオンのようなタテガミがあります。
それにしても♀アシュリーはアメリカン・ショートヘア・タビーの血なので、キオニとイカイカが純粋なメインクーンではないのかもしれないが、(猫の両親の種類が確かでないので、一応ニャントリオは雑種猫ということだが)Kristinaの説に寄ると、母親猫が異父猫を同時に出産する事は稀ではないとの事らしいのでウチの♀と♂は異父兄弟なのかしらね。
我が家は人間も動物も雑種の集まりでゴザイ。笑

Davidの誕生日ケーキを買う時に見かけたスウィーツがあまりにも好ましかったので、後先を考えずに買って返ってしまった。
冷蔵庫の中にいれておけば、誰彼か食べるかと思ったのだが、この手のスウィーツが好きなのは私だけらしくて、いつまでも棚の上に残っている。
仕方無い、本当は食べちゃいけないのだろうけれど、買ってきてしまった以上は食べなくてはもったいない、、と言い訳をしきりにしてこの口の中に納められたのでアリマシタ。
Davidのお祝いケーキも食べなくてはならないし、、こうなるとダイエットもへったくれもありませんねェ。
賢人は食べ物をコントロールして'細く永く生きる’でしょうね、コントロール出来ない私は'太く丸く生きる’ことになりそうだ。アァ、、、。

Oh, 大失敗ざます。
今、棚からちょこっと何かを出そうとして、Kristinaがお友達からXmasプレゼントに頂いたワイン絵グラスを2個を1000にしてしまいました。
2個が1000個のガラスの欠片と化したわけでアリマス。
これは早速彼女に誤りのメッセージを送るようにしなくっちゃです。
あんなに喜んで大事にしていたのですから、さぞかし怒り悲しむにちがいない、、、。あァ、これもまた、あァ、、以外の言葉が無い。
某芸人のネタのように「ご免ね、ゴメンネ~」とふざけている場合じゃァない。許してもらえないかも。困った!!

1/20/2015

イライラは体に悪い

いやはや、、、。ブログ更新しようにも何も書く事が無いと云った私を哀れに思ったか、はたまた、それならば書く種を上げましょうぞと神様が思っての事かは何とも云えないけれど、この手の種はこうもタイミングを見計らって私に下る物なのだろうかと呆れましたデスョ。

先日オバマ大統領がキューバとの復興を再開する事を発表されて昨日からキューバへ親族訪問、ビジネス運営、教育関連事業団視察に関しては(観光旅行目的はまだ認められていないが)自由に渡航許可がされて多くの米国在住の人々が沢山の私物・商品を抱えてキューバ渡航便に押し寄せているとの様子がテレビニュースで流れていたのですが、今日のスーパーは大勢の家族・親族を訪れるキューバ渡航されるらしい人々が、洗剤や化粧品や食品やらを沢山購入して土産に持ち帰るのでしょうか、あちらこちらがごった返している様子が伺えました。
スーパー側はそのような人々へのサービス対処は何らかもなされておらず、8箇所のレジもたった2箇所だけが開いていて、(しかもその一つは10品少数買い用)商品をダース買いしている沢山の英語を解さない客に対して、週末勤務新人レジが独りで対処していては、買い物嫌いの私を更に怒らせるほどのスローテンポでレジの列が少しも前に進まない状態で、もうッ、私のイライラがマックスになりそうでした。
殆どの人々はそのようなレジの状態もそこはお国柄と云いますか、誰一人イラ付いている人は無く、私独りが心の中で毒付いている状態なのでした。
(どうせ、私は北国産まれのせっかち人間ですよ、こんな状態にも鼻歌を歌って時間を楽しむ程の心の余地など持ち合わせていませんとも。)
やだ、やだ。心に余裕がなくなった私は以前にも増して意地悪御婆の心境になったのでアリマシタ。
キューバはフロリダ半島南に直ぐそこだ。
いつか私も観光で行って見たいかも。


月曜日の今日はマーチンルッターJr.の誕生日(1月15日)の代休で、夫もDavidも休校です。
忙しい明日の誕生日に代えて、今晩DonがステーキとトウモロコシをBBQすキオニが『それ、なーにィ?青い匂いがするねェ、それに黄色と茶のフサフサが出ていて、それは頭なの?尾っぽなの?』と興味深々で、側から離れません。ニャンというのは何でも初めて見るものに興味があって、恐る恐るながら様子を探検するのが好きなんだなァ。

BBQ機を掃除するのに蓋を開けると、どういうわけかアヒルの羽が3本入っていた。???
ニャントリオに見せると目を真ん丸にして、トウモロコシの皮よりもっと興味を見せる。
ニャンはやはりワイルドだにゃ~~。
暫くはアヒル達とは網戸越に接見するしかできないね。お友達になるのは無理か。
私はニャンも他の動物達とも仲良くやってもらいたいけれど、野生動物と家畜では生きるすべも違うだろうから。

1/19/2015

直ったよ!

万歳!直ったよ、私のToshiba-Satelite パソコン。
3台の古いPCを横目に一台ずつあれこれ操作してみたけれど、ちっとも拉致が開かないので、半ば諦めて就寝した。
丁度Johnnieが帰省していて、夜中に私のPCを何やらやってみてくれたのだとか、今朝起きて階下に下りると「PC直しておいたよ、使ってみて。」と彼が言うので早速PC on.
するとあれほどガンとウンもスンも云わなかったのが、まるで何事も無かったかのように『おはようさん』と元気な面が輝いている。

一応、こうすればこうなる的簡単な処理操作は知っていたつもりの私も、思わず「ナンデヤネン」ってな思いで、Johnnieに何をどうしたのか聞いてみると、なんちゅうことも無いではないカイ。
普通モードのウィンドウではなくて、セーフモードでウィンドウを開けて、そこからバックアップポイントに行って始動日時に戻して再生しただけなんですって。
ガーガーガリッと音まで出たのは何度も私が普通モードで入れ込んだのが『辞めてケレ。何度やったって、ここからは前に進めないんだってばサ。やだ、ホントにうっぜェー』とPCが根を上げた音だったようだ。
昨日はこちら販売の機種は”安物買いの銭失い”的発言をしたのを反省しています。(それはそれで全面訂正をしようとは思いませんけれどね。)
自分の知識不足を機械のせいにしたことは私が悪うござんした。

さて、それでは今日からまたバリバリとブログ更新せねば、、と思っても日常に話題の少ない私のこってす、こりゃ駄目だねェ、しょうもない、、。

まず、パテォ越しに何羽かのアヒル達が朝御飯にありつきたい様子をみせていて、ニャントリオが『ね、来てるよォ、小さいのが』と指注している(漫画じゃないんだからニャンは指をささないよ。でも確かにヤツラの体がそう私に訴えている)ので、一応パン屑やってきましょうっと。
今朝はスーパーに行ってあれこれ買わなくてはなりません。
どういうわなのか、我が家の冷蔵庫が小さいからなのか、買い物に行った日だけは満杯の様子なのだが、その後はいつ開けても、なーんにも食べ物が見当たらないのはどうして?
ニャントリオはそれぞれが、手をコチョコチョ入れてはパントリーやクローゼットの戸を開けるのは覚えたようだが、幸い冷蔵庫の開け方はイマイチ解からないらしくて、私が冷蔵庫に向かうと必ずその様子を見学に来るのだ。
きっと『3匹で力を合わせたら、この戸も開けられるのじゃないの?』ってな事を目で確かめ合っているのかもしれないが、駄目だジョーッ。
我が家の家事で猫の手も借りたくなるほどの事は一度もなかったよ。

さて、スーパーに行ってきます。
そうそう、明日はDavidの誕生日なのだけれど、一日中部活で帰宅が真夜中らしいから、今晩にバースデーケーキを皆で頂くようにしなくっちゃです。

1/18/2015

ひぇっ、またァ?

暫く調子良く使っていた私の4代めToshibaのPCが突如壊れてしまった。
一体、何なのさ。別にアビューズしていたわけでも無く、普通毎日機嫌良く使っていたのに、昨日突然《もう、動きたくないもン、ネー》とばかりに、ガンとして画面がフリーズ仕出した。
今Johnnieのヴァ―ゲンで購入した前の古いPCを使って書いているのだが、タッチパネルのプログラムのせいなのか、タッチパネルをキータイピングロックしても、かなりセンシティブで、思わぬところに何かをタッチしたものか、画面がパッと消えたり、飛んで行ってしまったりで、ここまで書くにも、四苦八苦している次第だ。
なんちゅうこっちゃ。今ある家族が持つ4台のToshibaと3台のGateway、2台のAcer、1台のSonyの計10台のPCのうちの半数以上が使用不可なんて!
家族全員が普通に使用しているだけなので、こちらで販売されているPC自体が最良品とは言い難いに違いない。
部品なんかもしっかり出来ていないんだろうなァ、苦やしながら諦めた。
今あるこれらが全部壊れてしまうまでは新しいPCの購入は不可だし、、、。
タブレットの調子も最近、ちっとばかり怪しい。
これはニャンが暴れて度かみから落とされたのに原因がありそう。
最後の手段はスマホで動画を見ることが出来るし、、ちょっとは不便になるだろうけれど、、と考えるだけで、何か憂鬱。
機械も人間も古くなると色々融通が利きませんね。
ニャン達よ、これ以上私のPCやタブレットの側で暴れるのは禁止だど!!
(って云っても3匹は涼しい顔で『ニャンか云ったかィ?』ってな様子ですぞ。)





1/13/2015

ニャンとの生活会話

やっぱりねェ。私の夢だったのかしらン。
ニャントリオが最近ちょっこっと大人になって前ほどヤンチャをしなくなったと思ったのは。
今朝は思いっきり3匹で階段をドタバタと騒々しく上ったり下りたりの追いかけっこを興じているし、明け方の4時頃にはボールの玩具をチャランチャランとニャン・サッカーに夢中になっているかと思えば、床に置いてあった段ボール箱をガサガサと引っ張りまわして大騒ぎしているようだった。
Kristinaがクリスマスプレゼントで貰ったヘッドフォンのコードが(ニャンの誰か、多分イカイカかな)かじられて破損したのを修理に出したら戻ったきた新品をまたカジカジしている現場を押さえられたり、花瓶の花をカジカジしたりの悪行三昧のニャントリオであります。
「こら~ッ、今度は何やってるのォ?」と大声を出されるとそれで更に興奮して『見て~ッ、見て~っ。これ引っ掻いてるの、どうョ?』ってな感じで目をクリクリ真ん丸でひっくり返られると、「しゃー無いヤツだなァ、していい事と悪い事の区別がつかないんだからなァ」と溜息が出る。
そこはぐっと我慢のしどころで「好きにしたらいい。何とも思ってないよ」ってな無関心を装わなければ更にニャン達は興奮が高まって、叱ると瞬時に事を察してシュンとしてしまうワンとは大違いで、ニャンの場合は自分善がりの解釈を持って『ねッ、楽しいよね、アンタは可愛いニャンだねェと云ってちょうだい!』と更に目を輝かせてしまう事に成りかねないのである。
そこで、全面無視を決め手に知らない振りを続けていると、そろそろと様子を見に来て『ひょっとして、何か怒ってるかなァ?どうちテ?』ってな感じになる。『やぱりィ、怒ってるんだ。何だかよく解からないけど、これからはそんなに無視するのは止めてよォ』ってな上目使いに近寄ってくるノダ。
人間との対話が少なく、こうして毎日ニャンとばかり会話?自問自答していたら段々孤独な老女になってしまう私、まァ、ニャン達とも英語、日本語、ニャン語のミックス言語なので、人との対話が益々怪しいものになっていっているのかもしれないね。

ともかく、これといって何事も無い日常でニャントリオとの生活は毎日忙しいほどの会話がなされている事は確かだ。
これがあるのがせめてもの私の生活の慰めだとしたら、ちっとばかり寂しい事かもね。
30年前に友人の一人が私の将来を見越して「猫を膝に乗っけて、ウトウトと居眠りしている老女になる」と云った事がある。
確かにその通りになったようだが、今の暴れニャントリオでは大人しく膝に乗っけて居眠りとはならないのがちょっとハズレだね。
30年前の友人にはこのニャン達のドタバタ姿は見えなかったんだろうな。

1/07/2015

静かだ

皆がそれぞれに勤務やら学校やらに戻った今の日中の家の中は妙に静かさがあって時間が過ぎるのを引き延ばして行く様な気配さえ感じてしまいます。
ニャントリオも子猫の時代を超えて育ちつつあるものか、以前ほどにドタバタと走り回るのが少なくなってきて、やれ、何か食べたいだの、やれ遊び構って欲しいだのとの小言をあまり発さなくなった分には楽チンなのだが、ちょっとは物足りない思いがしないでもない。
今朝は久しぶりにイカイカが私に甘えに来たので、頬ひげというか、顔の毛が長くなって、雄ライオンの様な毛がエリマキトカゲ状になっているのをちょこっとリボンの結んでやったら、不二家ミルキーのペコちゃんみたいに可愛かったので写真を撮ろうとしのに、当のイカイカは「ニャにしてくれてるのッ。」と少々立腹ぎみに、さっとリボンを外して行ってしまった。
孫達もニャンも幼い頃は何をどうしても可愛くって、面白かったのにねェ、少し大人に近くなってきたら、プイッとそっぽを向いたかと思うと、気まぐれで、可愛げが無く不機嫌になるのはどうしてなのサ?ネェ、どうして?

Shaunが先月クリスマスで20才になり、今月20日がDavidの18才の誕生日です。
それで Davidも今年から選挙権を修得できるわけで、大人に一歩近くなった感じになる。 成人になる証の権利である選挙権は若者にとっては自動車運転免許証修得に次ぐ大事な修得権利なのであり、来年度は大統領選挙の年でもあるので、彼自身も投票に出かけるのが待ち遠しいに違いない。
クリスマスに誕生日が近いとプレゼントの二重手間に貰う側はホクホクしているのだろうけれど、上げる側となると本当に面倒なんだよね、これが。

それにしても静かだ。
ニャントリオはそれぞれ、あちらこちらで昼寝中なんだろう。
家の中には私独り。何だか眠くなってきちゃったヮ。

1/03/2015

変動の予想

特別にお正月料理をしたわけではないのですが、のほほんと暮らすうちに冷蔵庫の中も空っぽになってしまったところで、Shaunを従えて最寄のスーパーに出かけてきました。
お会計レジで店員が云うには、私の購入金額が贈答品キャンペーンに各当しているとかで、電化製品を頂く事になりました。
高価な商品ではなくて、どれも今私が特に必要と思う品ではなかったのですが、せっかくのオファーです。ありがたく頂く事に、、、。
ミスターコーヒーのコーヒー入れポット、オスカー社のホットプレートとワッフルメーカーを無料で頂きました。
先日日本のブログお仲間が商店街の籤引きで蜜柑と飲料水を当てたとのお話で、私もそのようなラッキーな出来事にあえるか知らんと考えていた矢先の事で、何か因果のようなものさえ感じてしまいましたョ。
さて、貰ったは良いけれど、どうしようかなァ。使ってくれる貰い手もなければ、置き場所もない。
Shaunに寮で使いなさいと云うと、「こんなの、いらないよオ~」と一声で断られた。そりゃそうだ。若者には無縁の電化製品だものね。
お皿やカップのキャンペーンだったら良かったのになァ、なんて考えてしまった我儘勝手な当選者は誰だッ! 私でした。

*********************

この週末を過ぎたら、各学校やらビジネスやらが平常生活に戻りますので、家の中がニャントリオと私だけになって静かな状況に。
Donがこの2月いっぱいでBroward Collegeを退職する予定でその書類も受理されたところで、春にはDavidが高校を卒業し夏にはオーランド市の大学寮で新しい生活がはじまり、Johnnieのマイアミ空港への勤務移動も現実化しつつあるようで、2015年は私達家族にとって、何らかの決意と変動が起こる事が容易に予想されます。
お話変って、昨夜手違いで、キオニが一晩パテオに閉め出しをくってしまい、窓越しに私の姿を見るや否や「ニャオ~u, ニャ~ン、ニャオニャオ~~」と何やら訴える事しきり。多分『酷いじゃないの~~、忘れられるなんて、この可愛いニャンを閉め出して寝てしまうなんて、考えられないッ!!ン、モウ~ッ、ニャンニャのさァ~~!!』と文句タラタラだったのだと思いますね。
ははは、でもポーカーフェイスだねェ。
嬉しくてゴロニャン云ってる時とこうして怒っている時の顔つきァは同じだよー。笑っちゃう。

*******************

1/01/2015

Happy New Year 謹賀新年

謹賀新年
明けましておめでとうございます。
この新年が皆様にとって実の或る向上の年となりますよう、心よりのご健康とご多幸をお祈りいたしております。

日本での三が日休日というお正月とは違い、こちらのお正月は政府関連企業以外では通常にビジネスはオープンしており、各商店でも新年のセールなどが開催されていて平日と同じ感じで新年が始まっています。
我が家ではKristinaは友人達と一緒にマイアミ市街での恒例オレンジフットボール(全米大学対抗アメフトチャンピオンシップ)の前夜祭とカウントダウンパーテーに出かけ、Davidはフロリダ州西海岸タンパ市でのスポーツフェスカウントダウンに出かけていきました。
Shaunは友人達が休日出勤となってどこへも出かけられないとの事で、家で私たちとテレビを見ながらニューヨークのタイムスクエアのカウントダウンで新年を迎える事となりました。
新年にカウントダウンと共に近所では花火やら楽器やらの大きな音が鳴り響き、初めての正月を迎えるニャントリオはそれらの聞きなれない物音に何事かとアタフタ、オロオロしていました。ふふっ。
外ではアヒル始め多くの野生動物たちも驚き慌てふためいていた事かとおもわれます。
今、テレビではカリフォルニア州で行われているローズボールパレードが放映されています。
今年は例年になく寒いのですって。
年末のニューヨークで行われるメイシィ感謝祭、クリスマスパレードと年明けのこのカリフォルニアでのローズボールパレードがこの国での典型的年末年始の行事なわけで、我が家でもKristinaが子供の頃の12年間は毎年のパレード参加とテレビ出演が必須行事として課されていましたので、付き添いの私達夫婦もその送り迎えや準備にとても忙しい思いをしたものでした。
今は静かにテレビ参観のみですので、何だかあの忙しさが夢であったかの思いです。笑
あっという間に過ぎていった一年、今年もやはり同じ、いえそれ以上に早足で駆けていくにちがいありません。それも、悪くは無い。

今年も宜しくお付き合いの程、皆々様にお願い申し上げます。