2/03/2017

雑談日誌

体調がイマイチと云った具合で、巧く服装の準備が出来ていない。
毎朝ドンの起床時に今日の天候の様子を先に伺う。
「今日も良いお天気で暖かだよ」という。摂氏24度の朝。
窓を開け放し、空気の入れ替えをする。

そうか、日本では節分で豆撒きだったのだね。
その様子を報道で見て、何か癒された。 私は宗教家でも迷信家でもないが、こういう伝統的な風習習慣文化が好きだ。
「鬼は外、福は内」だものね。
前年にも話したと思うが、私の在日時代の北海道では豆撒きをして、年の分だけ豆を拾って食べるという事はやっていたが、この地方では其の頃は恵方巻というものを食べる習慣というのはまるでなかった。
今は色々な恵方巻があるのですってね。 どんな巻き寿司も好きな私なので、日本のこの習慣が羨ましい。
それでも、こちらのスーパ―や雑貨店にも並べられる事がある巻き寿司は一般に味が変だ。日本でのお寿司とは程遠いものに感じられる。お米が不味いし、ます寿司酢が使われていないし、クタクタ海苔に中身は不思議な具材だもの。 

鬼といえば、昨夜リチャード・ギア主演作品2002年映画「プロフェシー」(「蛾人間プロフェシー」を見るともなしに眺めた。
1966年代に多くウェストヴァージニア州周辺に出没したと云われるモンスターUMAの話なんだけれど、日本の鬼とは感覚的に違うので、節分とは関係ないか。
 若い頃には興味津々だったのに、今ではUMAだとか、超常現象だとかの話は飽き飽きしているので、映画の内容にも身が入らなかった。
その当時は話題の話だったというが、ドンもそんなUMAが話題になったのは覚えがないというので、こういうオタク趣味の問題でもあったのだろう。
今現在はUMAより恐ろしいものが進行中だもの。トランプ政権というモンスター現象が。

👽👾👽👾