2/04/2017

雑談日誌 運気弱

運気が下がっている時期なのかもしれない。
体調がイマイチなところに、今の安穏生活を脅かすかの動きが見れて採れる気がする。
昨夜の就寝前に末孫デイヴィッドからドンの携帯に連絡があり、高速道路上で追突事故に会い、車が大破損したという。
幸い怪我人も無く、なんとか帰宅したらしい。
彼にとっては人生で初めての相棒車が破損解体の状態になったのは、かなり応えている事かと察しられる。これからの毎日の通勤、通学の交通手段も考えねばならない。
それで、今飛行機でこちらに向かっており、ドンが迎えに出ている。
また私のポンコツ車の活躍時が来たらしい。
電話連絡を受けた時はかなり驚き、ショックではあったのだが、20才のデイヴィッドには初めての体験なのであるり、これを機に色々考え学ぶに違いないと私達夫婦も気を取り直してきている。
人生色々あるのが当たり前と、現在の自堕落的安穏生活を引き締めにかかる時でもあるのだろうか。(弱気になってばかりでは何も良い事は起こらないものね)

私自身は今までの生涯で、数回の自動車事故にあっていて、ある時にはピックアップ・トラックでカリフォルニア州の高速道路101号線で、派手に横転してしまったのだが、その時さえ私は無傷で車から引き出された事があった。(笑い事では無いのだが、その時は私の運気は高かったのだろうね)

ともかく、いつもどんな状況でも、その時その時をしっかりと判断出来る人生を送ってもらいたいものである。頑張れ、若者よ!
🚙🚙🚙

この処、お掃除ロボットの動きが面白い。オートスタートで毎日2時間程、気ままに回っている。ちっとも床が綺麗にならないのが少しイラッとしてしまうのだが、ま、ご愛敬でウロウロさせているのだが、ある日など、あちらも、こちらもガサガサに塵がおちているのに、そこを避けてさっさと本体機に戻ってしまったり、その掃除具合に一貫性がなくて、こりゃぁ、不良品だねと思いつつも、まだロボット掃除より人間の方が確かであると認めてほくそ笑む私である。
ウチのもののようにデスカウントの安価な品質のものではなく、精巧高級なロボットだともっとしっかりお掃除してくれるのだろうが、今の時点で高価なものを購入する気持ちは無く、この駄目ロボットをせめてニャントリオと同じにペットとして可愛がっているわけ。
毎日大した成果の無い事をやり続けるのが、何か不憫というか、、、。
でも、機械は人間や動物のように「バカな者のほうが、選り可愛い」とはいかないけれど。
🌼🌼🌼

日本ではインフルエンザが物凄い勢いで流行っていて大変であると報道が毎日のように流されている。
A型、B型と300種類以上もの菌原があり、この近代に於いてさえ、完全防止は不可なのだらしい。
こちらでは、あの蚊の媒体のジカ熱の流行以来はあまりインフルエンザの話題は聞かない。といっても多分単に慢性化されての話であって、巷では年中インフルエンザが流行っているようだ。
こちらではマスクをするという習慣が無いので、菌の散らばりも広いのだろうが、何故か人々はマスク姿を怪しむ傾向にあって、マスク掛けは見かけられない。
そこはこちらの人間が無頓着というか、無関心というか、無神経というか、何とも言えないのが、事実でもある。
という私も、関心はあるのだが、その無頓着、無神経の一人であり、マスク掛けを出来ないでいる。
💊💊💊